« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014.11.19

鳥獣人物戯画見て来ました

鳥獣人物戯画見てく来ました
鳥獣人物戯画見てく来ました
80分並んで(しかも、中で甲巻見るにも更に30分並ぶのよ〜)、京都国立博物館で開催中の鳥獣人物戯画展へ行ってきました!
現在、京都と東京に分かれて所蔵されている、甲乙丙丁全巻揃いを見れるのは初だとか!

全面修復後の公開で、新たに分かったことも有り、高山寺の寺宝も公開され、楽しい展示になっていました。
因みに、イヤホンガイドナビゲーターは、佐々木蔵之介さん。
良いお声〜。

常設館も新しくなり、見応えありでした。
高山寺展に因んでか、こちらには明恵上人の「夢記(ゆめのき)」も展示されているので、是非ともご一緒に鑑賞をお忘れなく!

鳥獣人物戯画展限定品ラベルのコーヒー缶(マイセン)もございます。
缶だけ貰って、中身は父にお願いしようっと(笑)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014.11.15

着物の日でした

Dsc04593


今日は着物の日でした。
お天気も良かったので、着物でお出かけしてみました。
着物は小紋、菊柄でこちらは叔母の着物です。
羽織も菊で、今回の装いは菊尽くし。
帯は母の名古屋帯。


Dsc04590

足袋には紅葉を連れて歩くことに致しました。


写真:来迎院にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.14

父は働き者

父は働き者
母が所用で一月ほどいませんので。
実家に帰ったりしています。

しかし、父は働き者。
ほとんど私はのんびりしに帰ってるだけです。
贅沢だわ〜。

まず、基本的に帰るよーと連絡すると、父は「何食べたい〜」というので、肉系かなーとか、お魚食べたいなと言うと、それにあわせて晩御飯を作って待っててくれます。
今回は、おでんが食べたかったので、おでんをリクエスト。
実家に着いたら、前の日から煮て、クツクツ味の染みたおでんで晩御飯が待ってます。
二人で晩酌しつつ、晩御飯。
後片付けや食洗機も父任せ。
お風呂も入れてあり、私のお布団には電気毛布が設置完了。ぬくぬくです。おやすみなさい。

翌日は、父は早朝に猫に起こされました(笑)。
私はのんびり朝寝。

その間に、父は猫の世話。
9時過ぎに祖母をデイケアに送り出し、二階の掃除機。
それで私が起床。
父に「身支度しておいで」で、ぼちぼちしてる間に、父は二階の掃除機かけ終わり、私の朝ごはん作成。
朝ごはん食べてる時、洗濯機の終了音が鳴ります。

父は一階の掃除して、晩御飯の買い物。
おやつに甘いものとお茶を準備してから、祖母と遊んでる私を呼ぶ。
実家では、私、上げ膳据え膳で基本的にだらっとしてます(笑)。

夜は、以下同文(笑)。

写真は、チャイを抱く父。
甘甘ですわよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.12

紅葉速報!

紅葉速報!
紅葉速報!
紅葉速報!
紅葉速報!
ちょっと実家のパソコンが故障してますので、しばらく滞在中画像が速報にアップできないので、取り敢えず、スマホの画像をアップします!

南禅寺塔頭天授庵、枯山水側見頃開始。池泉側はあと一息ですが、雰囲気があります。見頃開始としてもいいなと。

今熊野観音、あと一息!

泉涌寺は、雪見灯籠の早手紅葉が深紅に染まり、見頃旬。本当に綺麗。見事です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.11.07

京都紅葉便り2014 はじめに

Dsc04394


冬木成 春去来者 不喧有之 鳥毛来鳴奴 不開有之 花毛佐家礼杼 
山乎茂 入而毛不取 草深 執手母不見 
秋山乃 木葉乎見而者 黄葉乎婆 取而曾思努布 
青乎者 置而曾歎久 曾許之恨之 
秋山吾者

冬ごもり 春さり来れば 鳴かざりし 鳥も来鳴きぬ 咲かざりし 花も咲けれど
山をしみ 入りても取らず 草深み 取りても見ず
秋山の 木の葉を見ては 黄葉をば 取りてぞしのぶ 
青きをば 置きてぞ嘆く そこし恨めし 
秋山ぞ吾は

『万葉集』 巻第1 第16歌 額田王


京都の綾錦をお届けします。


参考

写真:2014年11月7日 岡崎疎水

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014.11.01

久しぶりに京都水族館

久しぶりに京都水族館
久しぶりに京都水族館
昨日から、義両親が岡山から。
久しぶりに、京都水族館へ行ってきました。
水族館の広場では、手作り市や京都物産展、グルメフェスタなど目白押し。
梅小路公園からは、蒸気機関車の汽笛も聞こえてきます。

イルカショーの向こう側は、欅の紅葉に浮かぶ、東寺の五重塔に新幹線特急券も見えます。
9月に産まれたオットセイの赤ちゃんは甘えたさんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »