« 京都紅葉便り2013 その3 白龍園 その1小春日和 | トップページ | 京都紅葉便り2013 その5 泉涌寺 »

2013.11.19

京都紅葉便り2013 その4 白龍園 その2秋朝の薄曇り

Img_9186

Dsc03475

秋野点、主菓子のきんとんは綾の庭。

Dsc03500


Img_9193

Img_9218


朝露おりる、色とりどりの絵筆を従えて。


Dsc03497


Dsc03507


Img_9196


Img_9233

東屋に巡る錦の帯は、日替わりの絵画。


Img_9198


朱の橋を渡り、彩の世界へ。

Img_9208

苔の褥、露の雲母。

Img_9247


隙間にのぞく、紅の招き手。

Img_9248


魔滅の小豆、こちらも赤く染まって掌染める。


参考

写真:2013年11月16日 白龍園

※白龍園:12月1日(日)まで公開。
叡山電車「二ノ瀬」駅徒歩5分くらい。一日限定100人まで。
拝観券は叡山電車「出町柳」駅にて、朝9時から販売。
叡山電車一日乗車券とのセットもあります。
一脚・三脚の使用禁止。前売り券無し、雨天休園。


|

« 京都紅葉便り2013 その3 白龍園 その1小春日和 | トップページ | 京都紅葉便り2013 その5 泉涌寺 »

コメント

こんにちは。

日替わりの絵画ということばに惹かれてしまいました。
ステキな言い回しですね!
私には思いつかない…(笑)
それにしても京都の紅葉は本当にいろいろなところで楽しめるのですね。
こちらも初めて知りました(有名なところ?)
一日100人限定とのこと、混み合わずにゆっくり散策できるのでしょうか?
来年は行ってみたいです!
ぜんざいのお味はいかがでしたか?
とっても美味しそうに見えます。

お江戸も少しずつ紅葉が始まってきています。
やはり大名庭園や都の公園が主で、お寺の庭園での紅葉はゼロではないのですが『ステキな』のがないの。
でも大名庭園もなかなかのものなのですよ〜。
大きな回遊庭園が多いのでいろいろな角度からの景色を楽しめます♪
それでもお江戸に紅葉の観光客が来ないのはなぜなのかしらね。

投稿: まろぷう | 2013.11.21 10:22

こんばんは、まろぷう様

こちらの白龍園は、去年から公開された庭園でございまして。
子供服の企業さんのお庭で、なんと先々代の社長さんが造作されたそうな。
(三代にわたって庭守されている方に聞きました)
春と秋に公開予定だそうです。
来春、公開期間にご一緒しませんか~?
おぜんざいは甘さ控えめで、たっぷり。
美味でございましたわ~。

お江戸の紅葉も訪ねてみたいです!
いつか行ってみたいのは、浜離宮庭園なんです!
あと、雪つりされている六義園も。
お江戸は、銀杏とか御苑の紅葉が素敵なイメージです。


投稿: いけこ | 2013.11.22 17:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/58585878

この記事へのトラックバック一覧です: 京都紅葉便り2013 その4 白龍園 その2秋朝の薄曇り:

« 京都紅葉便り2013 その3 白龍園 その1小春日和 | トップページ | 京都紅葉便り2013 その5 泉涌寺 »