« 勝鬨をあげるよ! | トップページ | 有難うございます! »

2013.09.17

野分のまたの日こそ・・・

「野分(のわき)のまたの日こそ、いみじうあはれにをかしけれ。立蔀(たてじとみ)・透垣(すいがい)などのみだれたるに、前栽(せんざい)どもいと心くるしげなり。おほきなる木どもも倒(たふ)れ、枝など吹き折られたるが、萩・女郎花(をみなへし)などのうへによころばひふせる、いと思はずなり。格子(かうし)の壺などに、木の葉をことさらにしたらんやうに、こまごまと吹き入れたるこそ、荒かりつる風のしわざとはおぼえね。」

『枕草子 第200段』 清少納言

今朝は台風一過、秋晴れの爽やかな一日で。
今日は病院に行きますので、鴨川を渡らねばなりませせぬ。

Img_3406

いやいやいや!清少納言!えらいこっちゃでございますがな(笑)。


Img_3407


台風から一夜あけても、水位がそれほど下がっておりません。
デルタは辛うじて出て来たけれど。


Img_3424


出町柳駅付近、普段はもっと水位が低く、亀や千鳥の飛び石が渡してあるのですが、今日は濁流の底。


Img_3426


鵜や白鷺や、五位鷺、アオサギが中州で途方にくれています。


Img_3430

岡崎疎水との合流地点も、轟々と水が。


Img_3432


三条河原では、禊川に渡してある橋も欄干が壊れて。
でも、おお!と思ったのは、床はどこも大丈夫でした。流石!
白河法皇を悩ませた「天下三不如意」、〝鴨川の水、双六のさい、山法師〟まさにその通り。
※現在御池~三条までは、鴨川の遊歩道は立ち入り禁止です。


↓に大体同じような角度から撮った写真があったので、対比に。


Img_8147

数日前の出町橋からの眺めは・・・。


Img_3401


中州や両岸に生い茂っていた川草が、ごっそり根こそぎ流されてしまっています。


Dscf4898

夷川発電所(これは去年ですが)も、普段は青々としていますが。


Img_3434

濁った水がいっぱいですから。

野分のまたの日は大変な京都でございます。

|

« 勝鬨をあげるよ! | トップページ | 有難うございます! »

コメント

いけこさん、通院お疲れ様でした。

京都は大変なことになりましたね~
あの雨と風!!
物干し竿がぶっ飛んでいくかと思いました(笑)

うちの周辺は何事もなかったですが
嵐山周辺の様子は映像で見てショックでしたね。
一日も早い復興を願いたいです。

投稿: shino | 2013.09.17 18:41

こんにちは、shino様

台風凄かったですね~。
shino様のご自宅、大丈夫でしたか?
私、あんなに水がきりきりいっぱいになった鴨川なんて見たの初めてです!
未だ、地下鉄も京阪の一部も復旧中ですし、京都復旧はまだまだこれから。
一日も早い復興が待たれますね。
観光客の皆様、是非とも秋の京都にいらっしゃいませ~。

投稿: いけこ | 2013.09.18 17:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/58164847

この記事へのトラックバック一覧です: 野分のまたの日こそ・・・:

« 勝鬨をあげるよ! | トップページ | 有難うございます! »