« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013.08.29

お茶のお稽古 六回目・七回目・八回目

ちょっとお稽古備忘録が空いてしまいましたね・・・。

このお稽古から、お稽古場には風炉が入りました。
しかし、お部屋に二つも火が入ると暑いよー!!
皆、ひざ裏が痒い、太ももの後ろが引っ付く・・・、足袋・靴下が暑い!ともじもじ。
先生は、「今度、心頭滅却!て御軸を掛けようか?」と笑っておられます。
そんな先生は、汗一つかかず、単衣→夏の着物で涼しげ~。

そして、このお稽古から、お点前中に問答が始まりました。
覚えやすい言葉に飛びつくせいで、塗りは「宗哲」ばっかり、茶杓の作は「淡淡斎」ばっかり。
茶杓の銘(※名前をその季節に合ったのをつけてよい)では、必ず固まる。
とうとう先生に、「宗哲と淡淡斎、禁止!」令が(笑)。

また、普段使わないような、言い回しや言葉で、お教室内いたるところで武士誕生。
「~でございます」→「~ござる」
「おしまいに致します」→「おしまいに致す」など。
先生に「ほら、また!武士がいるわよ~!武将が出たわよ~(笑)!」と言われる。
7畳一間で、戦国武将が乱立したのでした。

《今日のお稽古の内容》
風炉手前
※風炉とは、夏を中心に5月初めごろから10月末ごろまで用いる炉のこと。
問答練習


1、水屋で準備
棗:中心が山になるように、抹茶を盛る。※しかし、これが出来ないの・・・
お茶碗:茶巾・茶筅を仕組み、茶杓を乗せる
建水:中に蓋置(風炉なので、竹)、柄杓を伏せ掛けておく
水差し:八分目くらいまで、お水を入れる

※お菓子は先にお正客前へ運んでおくこと

2、風炉点前
水指を建付けに置き、襖を開けて主客総礼

指を揃えて、両手で水差しの下の方を持ち、心持大木を抱くように抱えて、右足から入る

水差しを風炉の右横に置く。蓋の取っ手が、風炉の環付と平行になる位置へ

棗を右手、茶碗を左手に持ち、帯前に双方が来るように持って、右足から入る

水差し正面へ、棗と茶碗を置き合わせる

建水を左手に持ち、親指を建水の下の方に入れて手なりに持って、右足から入る

畳み中央まで進み、建水を左膝横に置く

置いたその手で柄杓の節の下を持ち、右手を添えて持ち直し、かまえる。※鏡柄杓

右手で建水の中の蓋置を取り、柄杓の内側(袖の下)を通り、蓋置を取り出し、
敷板(風炉の下に引いているの)の左角に置く

柄杓を上から右手で持ち直し、蓋置きの上に合をのせる。※この時、左ひざ前に柄がくるように

左手で建水を膝前の線まで進め、居ずまいを正す

右手で茶碗の右手前を取り、左手で茶碗を扱い左横を持ち、右手で右横を持ち替え、膝前中央前に置く

棗を取り(半月に持つ)、茶碗と膝の間に置く

腰より帛紗を取って、捌き、棗を清める※清め方は前回参照

棗を水指の前左寄り茶碗のあった処へ置く

帛紗を捌き直して、茶杓を清め、櫂先を上にして棗の上に置く。※この時、茶杓は風炉に少し近づけぎみ。

茶筅を茶碗から出して、棗の右側に置き合わせる

茶碗を少し手前に寄せる※茶杓を清めた帛紗は左手に握っておく

帛紗を左手の人差し指と中指の間にはさみ、柄杓を構える

帛紗で釜の蓋を取り、蓋置きの上に置き、 帛紗を建水のうしろに置く

茶巾を茶碗から取り出し、蓋の上に手なりに置く※柄杓は構えたまま

柄杓を持ち直し、湯を汲み、茶碗に入れ、置き柄杓

右手で茶筅を取り、茶筅通しをして、茶筅を棗の横の元の位置に置き、茶碗の右手→左手へ湯を建水にあける

蓋の上から茶巾を取り、茶碗に入れて、茶巾で茶碗を清める

茶碗を置いてから、茶巾を取り出し釜の蓋の上に置く

右手で茶杓を取り左手を畳に軽くおき、お菓子をすすめる

左手で棗を取り、茶杓を握りこんで右手で蓋を取って、蓋を右膝頭に置き、茶杓を持ち替えて茶を二杓ほどすくい、茶碗に入れ、茶杓を茶碗の縁で軽く打って払う。蓋をし棗と茶杓を元の位置へ戻す
※茶を入れるとき、棗をお茶碗の左側にかかるように。

右手で水指の蓋の摘みを取り、左手で横に持ち、右手で左手の上を持ち替え(30度位の位置)、摘みが右横になるようにして、水指の左横に置く※三手で扱う

指を揃えて柄を滑らせ柄杓を持ち、湯を汲んで、お茶碗に適量注ぐ。残りを釜に返し、切り柄杓。

お茶を点てる

茶碗を右手で取り左掌にのせ、茶碗の正面を客のほうへ回して畳の縁外へ出す

「お点前頂戴致します」の挨拶をうける

客が一口飲んだ時点で、帛紗を右手で取り、左手に打ちかえして腰につける

戻ってきた茶碗を右手で取り、左手で扱って、右手で膝前に置き、湯を汲み、茶碗に入れ、置き柄杓

湯を建水に捨て、客から「どうぞ、おしまい下さい」の挨拶をうける

両手をついて「おしまいにさせて頂きます」の礼をする

取り柄杓をして水を汲み茶碗に入れ、柄杓を釜にあずけ、引き柄杓

終いの茶筅通しをし建水に水を捨て、茶碗を持ったまま、右手で茶巾を取って、茶碗に入れる

茶碗を置き、茶筅を取り、茶碗にとじ目を上にして戻し、右手で茶杓を取り、左手で建水を引く

茶杓を持ったまま帛紗を捌き、茶杓を清めて、茶碗の上にふせる

帛紗を左手でにぎりこんだまま、右手で茶碗の右横に持ち、少し左のほうに寄せ、棗を茶碗の右横に置き合わせる※中じまい

帛紗の茶粉を建水の上で二度払い、腰につける

取り柄杓をし、水差しから水を汲み、釜にいれる

鏡柄杓をして、向こうを切って釜の蓋をし、柄杓を蓋置に置く

水指の蓋を右手で取り、左手で蓋の左横を持ち、蓋のつまみを右手で持って閉める※三手で扱う

「お棗、お茶杓拝見を」の挨拶を受ける

蓋置を右手で取り左手で持ち替え、建水にたたみ、蓋置を右手で取り左手で持ち替え、建水のうしろに置く

右一手で茶碗を勝手付きに割り付ける

棗を取り左手にのせ、客付きに回り、棗を膝前に置き、帛紗を捌いて清め、蓋裏をしらべ、蓋を膝前に置き、棗の口を向こう、手前と帛紗で清める。

帛紗を握りこみ蓋を閉め、帛紗を膝前に置き棗の正面に回して右手で拝見に出す

帛紗を腰につけ、点前座正面に戻り、茶碗の上の茶杓を右手で取り、左手に持たせ、客付きに回り、右手でまわしこんで棗の右に縦に置き合わせて、拝見に出す

点前座正面に戻り、柄杓を左手で取り右手で節あたり横一文字に持ち、柄杓を握りこんだまま、左手で蓋置を取り右手の親指、人差指、中指の三本で持たせる

下座に一膝切って、建水を左手で持ち、左足から立って左回りに左足から水屋へ下がる

茶碗を右手で取り、左掌にのせ、左足から立って右回りに左足から水屋に下がる

水指正面に坐り、水指を引き、左足から立って右回りに左足から水屋に下がる

拝見物が返ってきたら、「棗のお形は?」「お塗りは?」「茶杓のお作は?」「ご名は?」などの問いに答える

右手は棗を取り左掌にのせて、右手で茶杓を取り下がる。棗を身体側、茶杓を建付側に置き、主客総礼

《お菓子・お花・その他》
6回目
主菓子:青紅葉
干菓子:無し

7回目
主菓子:無し
干菓子:すはまだんご

8回目
主菓子:鉄線
干菓子:チョコレート(先生のお土産)

お花
6回目:山紫陽花

7回目:令法(りょうぶ)

8回目:紫蘭

《反省点・宿題》
1、お点前の手順を追うのに必死!問答の余裕がございませぬ・・・。

2、柄杓の練習をしなくては。しかし、どこで買えるのか?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.08.26

祇園祭2013 おまけ

雨続きのおかしな天気でございますね。
皆様、どうぞご自愛下さいませ。

祇園祭の記事、おまけでございます。

祇園祭をお手伝い始めて、ここ数年、私にお供してくれている品々がございます。


Dsc02693


Dscf4447


2008年に始めてシスターズで集まった時に、@くみ様、@まけ様に頂いたみうみう団扇。
各山鉾の場所や、巡行ルート時間を乗せてございますので、宵山の間や巡行に大変お役立ち。

Dsc03127


そして、同じくシスターズの二人静様が、乙女缶(お茶缶)をお作り下さった時に、
余った千代紙で和綴じの折本にして下さいました。
夏に頂きましたので、こちらを祇園さんの御朱印帳と致しました。
数年かかりまして、各山鉾の朱印スタンプを全部集めることが出来ました。
始めた当時はございませんでしたが、今は、色々なところで地図付き御朱印帳が売っております。
気になった方、来年は集めて回られては?

Dsc03128

四条傘鉾・綾傘鉾・太子山・油天神山

Dsc03129

木賊山・芦刈山


Dsc03130


放下鉾・橋弁慶山・郭巨山

Dsc03131

鯉山・八幡山・鷹山(休み山)
ちょっと鷹山の朱印がうまく押せず。
印は三体の人形と「鷹山」、行平が芹川行幸に際して狩衣に書き付けたという
「翁さび 人なとがめそ狩衣 けふばかりとぞ鶴も鳴くなる」
が書かれております。

Dsc03132

南観音山・保昌山・伯牙山・北観音山

Dsc03133


白楽天山・鶏鉾・鈴鹿山・菊水鉾・山伏山・役行者山・黒主山


Dsc03134


霰天神山・大舩鉾・船鉾・浄妙山


Dsc03135

長刀鉾・蟷螂山・月鉾

Dsc03136


岩戸山・函谷鉾・孟宗山・占出山

Dsc03137


布袋山


Dsc03138


そして、祇園祭の間のみ授与されます、八坂神社の祇園会特別御朱印。


よい節目となりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013.08.18

祇園祭2013 その4 山鉾巡行

夏の間に、祇園祭の記事を上げてしまわねばね。

Dsc02764


さて、本番の本巡行。
動く美術館とも言われる巡行は、圧巻です。
特に優良観覧席が設けられている御池通りなどは、山鉾が連なってまるで屏風絵や絵巻の如く。

Dsc02767

鉾はハンドルが無いため、前後ろの直線方向しか動きません。
そのため、辻回しでは、車輪のしたに竹を敷き、水をまき(摩擦緩和)、えいやーと力技で廻します。
そのための竹など備品も鉾の下に積んで、巡行します。


Dsc02750

大迫力の山鉾を見るには、優良観覧席などよりも、私は新町通を押したいです!
四条通新町などは、くじ順通り出発する時の山鉾達(くじ順に巡行するため、どれだけ四条通に近くとも、北の山鉾に道を譲らないといけない)が見られますし、
私が今年いた御池側の新町は、戻り囃子(巡行の行きと帰りでお囃子が違う)が聞けます。


山鉾にはさまざまなお役がございます。
屋根方、音頭取り、車方、囃子方など様々です。

そして、巡行ルートの広い四条通や河原町、御池通りでは見られなかったお仕事が新町通ではございます。


Dsc02748

鉾が通りいっぱいぎりっぎりなので、電柱を押したり。

Dsc02753

屋根に電線が引っかからないようにしたり。


こういった裏の祇園祭巡行が見られるのも、醍醐味ではないでしょうか。


そうそう、来年はもしかしたら後祭の復活の動きがあるそうです。
今のように全部の山鉾が一緒に7月17日に巡行するようになったのは、昭和42年から。
現在再建中の大舩鉾が来年巡行復活するということで、同時に後祭を復活させる方針を決めたそうです。

先祭(7月17日)の23基と後祭(7月24日)の10基に分かれて巡行となりますと、
「橋弁慶山、北観音山、鈴鹿山、浄妙山、黒主山、南観音山、鯉山、八幡山、役行者山、大舩鉾」が後祭り。
船鉾と橋弁慶山がつながる現在の巡行の様子は、今年で見納めだったのかもしれませんね。
さて、どうなりますのでしょうか?

辻回し


新町通戻り囃子


参考

写真:2013年7月17日 御池通り、新町通

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.17

お盆の行事、六道参りと五条坂の陶器市、大文字送り火2013

京都に住まいしてから、実家のお盆行事は私が担当(笑)。

まずは、お墓の掃除に五条東大路を越えて蓮の咲いた橋を渡って大谷本廟(西大谷)へ。
午前中とは言え、日差しの鋭い日中でしたので、お墓に向かう途中は誰もいなくて肝が冷えます(笑)。
でも、やはりお迎えの時期、お墓に立ち入ると、皆様お迎えのご準備されておられました。

Img_3328


お墓の掃除が終わったら、お精霊さん(おしょらいさん)をお迎えに、「六道珍皇寺」へ六道まいりに参ります。
有難いことに、こちらは宗派問わず、そして、ご供養の水塔婆には戒名でも俗名でもお願いできます。
まずは門前にて高野槙等を買いまして。

Img_3329


水塔婆を持ちながら、こちらのお迎え鐘を引きます。
京都では、お迎え鐘を突くのではなく、どっこいしょーと二回引きます。
鐘は鐘楼の下にあって、ごいーんという音が下腹あたりから響くのです。
引くのは、結構力が要りますよ。
御線香で水塔婆を清めたら、本堂へお参り。
私は、こちらでおろうそくをお願いします。
水塔婆を納め、高野槇で水をかけます。


Img_3331


この日、六道の辻のみなとやさんでは、幽霊子育て飴が売られます。
麦芽糖琥珀の優しい甘さですよ。

Img_3333

そして、この時期(8月7~10日)、五条坂では陶器市が開催されます。
京都の清水焼だけでなく、有田、備前、常滑など全国から集まります。
これも京都の夏の風物詩。

Img_3336

大正9年、「六道珍皇寺」にお精霊さん(おしょらいさん)を迎えに行く人、
また大谷本廟(西大谷)へお盆の墓参りに行く人が五条坂を賑わせていた時に、
五条坂に店を構える陶器屋が登り窯で出た大下(おおげ)を売り出したのが始まりです。
朝9時から夜11時くらいまで、お店は開いています。


Img_3335

大下(おおげ)とは、商品として納められないものらしいのですが・・・。
ぱっと見では、素人にはこれが色ムラ??なんてものが売られて、交渉次第ではかなりお安く。
中には、ご店主自ら看板に(笑)。

こうして、お盆のお迎えが整います。


Img_8094

「いとあつし、大かたきのふけふのあつさは、あまり覚へぬあつさにて、いとしのきかたしや。こよひ暮れかたに、如意か獄に大文字の火をともし侍る、奇観なり。北山に妙法の字、船のかたちなとともし侍るか、中にもいと大きなるは大文字也。所もいと高けれはよく見ゆる也。」

『在京日記』本居宣長 宝暦六年七月十六日条


Img_8101

16日のお盆の最終日は、六道さんの迎え鐘にてお迎えしたお精霊(おしょらい)さんをお送りします。
8時より順に点火。
大文字→妙法→舟形→左大文字→鳥居形と点ります。
人(大文字)が経を聞き(妙法)、彼岸への船に乗り(舟形)、
お精霊となり、全ての方を乗せ(左大文字)、彼岸の入り口(鳥居形)に向うそうです。


Img_8108

Img_8110


我が家からは、大文字、妙法の法のサンズイ編の一番上、舟形、左大文字が見えます。

Img_8100

今年も皆でわいわいお送りしました。
シスターズはまけねぇ、まめちゃん、千夜ちゃん、暑い中、忙しい中、来てくれて有難う~。
そして、おねだりして、Milkさんにも来てもらいました!めっちゃ嬉しかったです!
暑い中、大阪からわざわざ本当に有難うございました~!

毎年、お精霊さんは、ご一緒に京都の夏も連れて行って下さいますそうな。
が、まだ連日猛暑日の京都、しばらく夏は居座りそうな京都でございます。


参考

写真:2013年8月8日 五条あたり
    2013年8月16日 自宅にて


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013.08.15

祇園祭2013 その3 宵山 八坂神社奉納石見神楽「塩祓」 

今年は怠惰をしまして・・・。
7月に祇園祭の記事を全部upしそびれました(笑)。
遅ればせながら、7月16日祇園さんの宵山の記事でございます~。

毎年宵山に楽しみにしている奉納に、八坂神社の能舞台にての“石見神楽”がございます。

石見神楽は、活発な八調子と呼ばれるテンポの早いもので、大太鼓、小太鼓、手拍子、笛を用いての囃子に合わせ、豪華な衣裳に、回転の多い躍動感のある舞、舞台演出の華やかさ(火ふいたりする笑)で、国の無形文化財に指定されています。

2009年に初めて見て以来、今まで、見たことのあるお神楽と違い、激しい舞にすっかり魅了されてしまいました。
いつか島根に行って、石見神楽にどっぷりつかってみたいですわ~。
今年は通して全演目みられるはずでしたが、急きょ呼び出され、結局見られたのは「塩祓」のみ。しょぼん。

演じ手は絢爛豪華な衣裳を身に纏い、とにかく雄壮で、動きも力強く豪快。
神楽面も大きく、面の中には顎の部分が動いたりと仕掛けが。
演目の中には、最初は付けていますが、後半は外して素面で行われたり、最初から素面であったりと様々。
演じ手も、普段は別にお仕事を持っておられ、生活に神楽が浸透している様子が伺えます。
久佐西組神楽社中のご奉納でした。

「どんちっち」と表現されるお囃子は、私には「どんがっしゃ!」と聞こえるほど、勇ましく軽快です。
調べてみると、お囃子には楽譜がないとのこと(吃驚)!!
掛け声や歌詠みも奏者の阿吽の呼吸で演奏されるそうです。

「塩祓」

Dsc02738_2


神を招く為に神楽殿を清め祓う舞だそうです。
演者は大抵その団体で一番上手な者が選ばれ、2人で舞われます。
選ばれた団体のみ演じることが許される、大変名誉のある舞だそうですよ。



参考

写真:2013年7月16日 八坂神社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.12

筆頭ネイル~

相方がストックホルムに行っている間、のんびり実家でおります。
しかし、友人たちに「今年はお盆実家にいるよ~」と言ったら、お誘いがたくさん。
あれ?なんか、私、連日遊んでないか(笑)??
のんびりではなく、結構忙しくなってきた。嬉しい悲鳴ですが。
みんな大好きー!ありがとー!

お願いして、ネイルしてもらっちゃいました~。

Dsc02688


奥州筆頭、伊達政宗~。
水玉模様陣羽織ベースに弦月の前立てモチーフのお月様。
名付けて「筆頭ネイル」(笑)!
BASARA4ゲーム楽しみだー!!
早く発売しないかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.10

残暑お見舞い申し上げます

残暑お見舞い申し上げます
毎日暑いですね〜。
皆様、どうぞご自愛下さいましね。
うちのチャイも、暑い暑いです。
なんとか涼しい玄関で、肉球をタイルに張り付け納涼中!

スマホの写真縮小アプリを試行錯誤中。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013.08.06

桃とモッツアレラチーズのサラダ

Dsc03025


京都の私にとって、岡山の白桃は贅沢品。
相方と結婚してから、その贅沢の御相伴にあずかっております。
白妙にうっすらピンクがほんのりの桃は、見目麗しく、つつぃと手で皮をむいて食べるのが惜しいほど。
相方に切った後、行儀悪く芯がほぼなくなるくらい台所で噛り付く私。
ふふふ、見~た~なぁ~。

で、いつか食べてみたいと思っていた、料理研究家の内田真美さんの「洋風料理 私のルール」レシピ。


「桃とモッツアレラのサラダ」
1)桃と、手でちぎったモッツアレラを皿に盛る
2)オリーブオイル、白ワインビネガー、レモンの皮、塩、こしょうをふる。
以上、終わり!!
これがもう、きりっと冷えた白ワインに合う合う!!

素晴らしい桃に出会いましたら、皆様も是非!

今朝は黙祷。父方祖母は曾祖父の転勤で呉にいました。
『ガラスのうさぎ』再読。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »