« 葵祭と上賀茂神社走馬(そうま)の儀 | トップページ | 春雨の新緑散歩 »

2013.05.16

お茶のお稽古 三回目・四回目

ゴールデンウィークを挟んで、3回目と4回目は盆略手前でした。
3回目で手順を習い、4回目でいったん通しでやってみる。

そして、3回目のお稽古が終了したその週末の去る4月25日に、
外付け胃袋様とN子さんとで御所の出水の小川でお花見。
また、しぇる様に大変光栄なことに、茶箱をお譲り頂きましたので、
早速お茶碗とお棗、お茶杓、自前の茶筅をそっと持参し、初野点してみる。
外付け胃袋様とN子さんお二人のお母様はお茶をなされます。
そんな舌の肥えた2人に、「だま、残ってませんか!!」という超初心者レベルの私の練習台になってもらいました・・・。
酷い・・・。ごめんなさいです・・・。

そして、偶々京都に来ていたナオヤも無理やり御所に呼びつけ、合流。
自転車でのどが渇いているはずの相手に、ポカリではなく、お薄を飲ませる・・・。
ご、ごめんね・・・。

とにかく数をこなして、お薄を立てる練習。
しかし、私はカフェイン摂取量限界が人より少なく、お薄は2回までなの・・・。
相方はもちろん胃の問題で、NG。

しばらくいろんな人に飲んでもらって、腕を上げねばならぬ!

というわけで、家族・友人達みんな、練習台、お願い申し上げます。
そして、絶対確実に、家族の次に飲む回数が多くなるであろうナオヤ・・・。
実家から、ナオヤの店近いからさ~。
店に抹茶茶わんもって行くか、ナオヤが家に出退勤ごとに寄ってくれ(笑)!
美味しい生菓子や干菓子用意するから!ごめん!よろしく!!

《今日のお稽古の内容》
盆略手前

1、お点前準備
お茶碗に福だめが手前にくるように茶巾を入れ、
結び目を上にした茶筅をのせ、茶杓を茶碗の右側に橋かけて置く。
その時、茶杓の面を伏せておく。
お盆の上に仕組んだ茶碗を置き、茶碗のすぐ上に棗を置く。お盆は継ぎ目が腹側に。
※今回、鉄瓶やお菓子は既に茶室にセット。


2、盆略手前開始
盆を建てつけに置き、襖を開け真のお辞儀(主客総礼)をする。

盆を鉄瓶の正面に運び、いったん退室。

建水(お湯を捨てる瀬戸物)を運ぶ。運ぶ時は左手で指かけ持ち、手を下げて膝上あたりで持ち入る。
建水を畳目数えて座った位置より、ちょっと後ろ側へ置く。

正面に置いた盆を両手で持ち、体ごと斜め45度の方向に向いて盆を置く(お客さんがわ)。

建水を膝頭まで進め(引きずらない!)、居ずまいを正す。

帛紗を捌いて棗を拭き清め、拭き終わったら棗を茶碗の左上に置く。
※帛紗捌き・棗の清め方参照。

帛紗を捌き直して、茶杓を拭き、拭き終わったら盆の右下の縁にかけておく
※茶杓の清め方参照。

右手で茶筅を取り、茶碗の右上に置く。この時、棗と茶筅の間は指4本分の間隔。

茶巾を右手で取り出して、お茶碗の右側に置く。この時、茶杓に濡れた茶巾が当たらないように!!

左手に握りこんでいた帛紗を右手に持ち直し、左手で鉄瓶の弦(つる)を取り、
右手で帛紗を返し、鉄瓶の蓋を押さえて茶碗に湯を注ぐ。

右手で、帛紗を盆の左縁にかけておく。

茶筅通しして、茶筅を右上の位置に戻す。
※茶筅通し参照

右手で茶碗を持ち、左手に持たせ、建水に湯を捨てる。
茶碗は建水の上のまま、右手で茶巾を取り、体の正面で茶巾を茶碗の正面から入れる。

茶碗を清める。
※茶碗を清める参照

拭き終わったら茶巾を入れたまま茶碗を元の位置に置き、それから右手で茶巾を取り出し右側へ。

茶杓を右手でとり、左手で「お菓子をどうぞ」の草のお辞儀をする。

左手で棗を取り、右手で茶杓を握りこんで指三本で棗の蓋を開け、
蓋は盆の右下の縁に掛ける。
茶杓を持ち直し、茶碗に2杯、抹茶を入れ、茶碗の縁で静かに茶杓を打ち茶を払う。

茶杓を握りこんで棗に蓋をし、棗、茶杓を元の位置に置く。

右手で帛紗をとり右膝へ、左手は鉄瓶を取り、帛紗で蓋を押さえ、
茶碗に湯を注ぎ、帛紗をお盆右側に置く。

右手で茶筅を取り、左手は茶碗を上から押さえるようにしてお茶をたてる。

最後に『の』の字を書き、左手を揃えて茶筅を抜き元の位置へ戻す。

茶碗を右手で取り、左手で受け2回まわし、右方向に正面を向けて縁外へだす。

主客の「お手前頂戴致します」の挨拶を受ける。

(客の所作)

茶碗が戻ったら右手に取り、左手の上に乗せ、
一旦正面を確認するようにして(ちょっと中もみる)右手で盆の上に置く。

右手で帛紗をとり、左手は鉄瓶のつるを取り、帛紗で蓋を押さえ、茶碗に湯を注ぐ。
※このお湯はすぐ捨てる。

湯を捨てるタイミング(建水にお茶碗をすてた瞬間)で、正客が「どうぞおしまいに」と言ったら、
一旦茶碗を体の左横に持ってきてから右手をちょっとつき、
茶碗を右横に取り、正面に置いてから「おしまい致します」と行?の礼。

右手で帛紗をとり、左手は鉄瓶のつるを取り、帛紗で蓋を押さえ、茶碗に湯を注ぐ。

右手で茶筅をとり、左手を茶碗に添え、茶筅通し(終わりの茶筅とおし、一回こつんが減る)をする。

右で茶碗を取り、左手に持ち替え、建水に湯を捨てる。

茶巾を右手で取り、福だめ正面で茶碗の中に入れ、茶碗を盆の上に置き、
穂先を茶巾の上に乗せるようにして茶筅を茶碗に入れる。

茶杓を右手で取り、建水を引き、帛紗を茶杓を持った右手で取り、
茶杓を持ったまま袱紗捌きして、茶杓を拭く。

茶杓をひっくり返して茶碗に置き渡し、右手で棗を元の位置に戻す。

帛紗を建水の上で二回はたき、帛紗についたお茶をはらう。

帛紗を左腰につけて、盆を両手で持ち、下座に切って体ごと正面に向け、盆を正面に置く。

建水を左で持って左立ちし、裏周りで水屋に戻る。
※汚いものを見せない。この回り方は建水下げるときだけ。

盆を持って下げ、建つけを背にして回り、盆を建てつけ側に置いて、真の礼をして襖を閉める。

《お菓子・お花・その他》
3回目
主菓子:無し
干菓子:黒糖かりんとう

4回目
主菓子:てふてふ
干菓子:無し


お花
3回目:ハナイカダ

4回目:都忘れ


《反省点・宿題》
1、薄茶のだまが何とかなくなってきた感じ。次はクリーミーさを目指して!

2、なんでか帛紗捌きがうまくいかない。どーしてー??
清めるための帛紗の上面がちっちゃくなるのよ・・・。
ぎゅっと引っ張るのが悪いのか・・・。

3、茶巾の福だめを作る時、なかなか親指が抜けず、ちょっーと不細工。
これは、どうやったら改善されるのか・・・。

|

« 葵祭と上賀茂神社走馬(そうま)の儀 | トップページ | 春雨の新緑散歩 »

コメント

途中まで読みましたが、長くってわからない言葉もあって(建てつけとかね)断念しました。
時間がある時に(いつだ?)じっくり読みます。
ので、消さないで下さいね。
可能でしたら、手順それぞれに画像をお願いしまーす。
と、無茶を言ってみたりして。
>これは、どうやったら改善されるのか
練習あるのみです!

あ、その節は美味しいお茶をごちそうさまでしたー。
ダマ、無かったですよ。

投稿: 外付け胃袋 | 2013.05.16 23:10

おはようございます。

お茶のお稽古、がんばっていらっしゃいますね。
いけこさんのお稽古メモ、私にとってもすごく頼もしく、
参考にさせていただいております!
それに、一緒にお稽古しているようで、励みになります(^^)

それにしても、お友達との野点なんて、すてき過ぎます!!
私も参加したかったです~。
(自転車でご参加なさった幼馴染さまへの下りには、思わずクスリと笑ってしまいました。ノドの渇きはちゃんと潤ったのかひそかに気になります)

先日、濃茶の平点前のお稽古をしていただきましたが、
お濃茶が久しぶり過ぎて、すっかり基本的なところが抜けてしまっていて、凹んでおります(><)
復習をちゃんとしておかないと。。。
でも風炉になって涼しげでした♪♪

投稿: まろぷう | 2013.05.17 10:26

ども、今朝もいけこ様のご自宅でお茶を戴いたナオヤです。
朝夕かぁ・・・寄れなくも無いよ(笑)
ご遠慮なさらず、誘ってくださいね。

まろぷう様、はじめまして。
自転車で京都に出かけるときはボトルを欠かしません。
それどころか、飲みすぎてお腹がタプタプです。汗

投稿: 写真屋ナオヤ | 2013.05.17 12:26

おはようございます、外付け胃袋様

建付けは、襖(建具)と柱の接触面?のことです。
そっち側が下座にあたるので。
お茶室って、上座や下座が大事ですね~。
常に頭で考えてないといけないので、難しいです。
お稽古の覚書といいますか、書くことによって思い出したり、手順を暗記したりとのつもりなので、記事は消しませんよ~。
お時間ございます時にでも。
画像だと、一度通してお稽古を、ナオヤに撮ってもらおうかしら(笑)。
まだまだ精進します!
また、機会がございましたら、練習台に、お願いいたしまする~。

投稿: いけこ | 2013.05.20 10:22

おはようございます、まろぷう様

いやいや!まろぷう先輩!
間違ってるところがたくさんございますから、どうぞ、ご指導下さいまし。
同じくお茶の大大先輩でございます、しぇる様(茶名をお持ちなのです!素敵!)から、光栄なことにお茶箱をお譲り頂いたので、ウキウキしながら、野点しちゃいました。
ただ、気持ちに技術がついていかないのです・・・。
練習あるのみでございます!
盆略手前だとお家で練習できるので嬉しいです。
次回は風炉のお点前だそうで、ひしゃくの扱いを学ぶ予定でございます~。

投稿: いけこ | 2013.05.20 10:34

おはようございます、ナオヤ様

朝っぱらからありがと~。
我が家の庭は今花盛りだから、良いかと思って(笑)。
この日は二日間で、6回練習出来たので、ちょっとはマシ?
次はお干菓子買っていきます~。
あ、抹茶ももう無くなったから、買い足さないと!

投稿: いけこ | 2013.05.20 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/57350546

この記事へのトラックバック一覧です: お茶のお稽古 三回目・四回目:

« 葵祭と上賀茂神社走馬(そうま)の儀 | トップページ | 春雨の新緑散歩 »