« 新緑礼賛 | トップページ | 石垣島! »

2013.04.27

GWの京都

GWは気候も良く、昼間は暖かく、新緑も花も見事でございます。
例年なれば、最遅手の里ザクラが楽しめるはずですが、今年はもう散ってしまいましたねぇ。
何とか、比叡山まで上がれば、桜の名残を楽しめるかもしれません。


Img_1699


高野川や加茂川には、からし菜が咲き乱れ。


Img_1307


Img_1310


藤も紫匂い、


Img_1358


Img_1376


山吹も滴ります。
しかし、今年はもう終わっているかも・・・。


また、この期間は、さまざまな京都は色々な行事が目白押し。
特に、古来より”祭”と称された、葵祭の前儀行事が。
そして、非公開寺社の公開も始まります。


Img_1451


Img_1623

5月1日には、上賀茂神社にて行われた賀茂競馬足汰式(かもくらべうまあしぞろえしき)


Img_1857


5月3日に下鴨神社糺の森の馬場にて流鏑馬神事も行われます。


千本えんま堂境内では。


Img_1958


Img_1973

ゑんま堂狂言がございます。

Img_1962


この日はご本尊の閻魔様も公開。


Img_1992


Img_1996

ゑんま堂狂言は「えんま庁」で始まり「千人切り」で終わります。
「千人切り」とは、カラス役を除く出演者全員が、面をつけずに演じ、、鬼や盗賊が守護役人・為朝に退治されて、善心を取り戻すという筋書きです。

Img_2001


「為朝」役は、毎年、出演者の中から順番に一名づつ選ばれるため、為朝役は何十年に一度にしかできない大役だそうです。
演目の後半は舞台を本堂に移し、念仏を唱えながら内陣を回ります。
演者皆様のご祈祷が終わると、参拝者もご相伴に。
為朝の金剛仗を体にあててもらい加持祈祷をうける(切って貰う)と、無病息災でいられると言われています。

Img_2006

そして、この狂言で使用された矢が振舞われます(有料、一本500円)。


昼間は暖かくとも、まだまだ夜の京都はかなり冷えます。
狂言へご観覧の際は、どうぞ暖かくしてお出かけ下さい。
(フリース+ウインドブレーカー+ウォームリストで冷え対策。ウールのひざ掛けも持って行きましたが、それでも寒かったです)

参考

写真:2011年のGW

|

« 新緑礼賛 | トップページ | 石垣島! »

コメント

昨日から京都に来ていますが、
こういうGWの京都の案内記事は、
私のようなヨソモノには、
本当にありがたいですね !
参考にさせていただきます。

投稿: 京都・表参道・往来記 | 2013.04.28 01:05

こんばんは、京都・表参道・往来記様

新緑の京都へお越しですね!
今年は桜がずいぶん駆け足でございまして。
例年ならばまだ、里ザクラの最遅手が楽しめるころですのに、もう山吹やボタンも終わりそうで・・・。
GWは色々な行事が目白押し、こちらでご紹介しきれないこともございますの。
ご参考になりますれば、幸いです。

投稿: いけこ | 2013.04.29 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/57211638

この記事へのトラックバック一覧です: GWの京都:

« 新緑礼賛 | トップページ | 石垣島! »