« 狩野山楽・山雪 | トップページ | 京都桜便り2013 その1 京都御所 近衛邸跡糸桜 »

2013.04.06

お茶のお稽古 初回

Img_2762

4月第一週から、お茶のお稽古を始めました。
備忘録代わりに、記事をつけていこうと思います。

両親にお茶始めるわ~というと、「花嫁修業をするのかぁ、今更やけど(笑)。」といわれる。
3月中に、一回目の授業の概要が送られてきましたが、「襖の開け閉て、立居振舞、お辞儀の仕方・・・」などあって、あれ??お茶の文字がない・・・。
「お、お茶の体験は!?」と驚くと、一緒にみていた祖母は「行儀作法やからな」と笑ってる。

さて、当日~。
20代~30代の女性8人に、2人の先生がついて下さいます。
みっちり3時間、週一で半年、全部で22回です。
お天気が悪かったのと雰囲気もわからなかったので、着物で行くのをやめて、白ソックス持参。

襖の右手であけて、左手に、そして、部屋に入るときは右足からと頭で考えながら、手足がぎっちょんになる・・・。
みんな超初心者なので、まるでロボットのようにぎこちない(笑)。
足に集中したら、「握りしめないように!」とはっと気が付くと、扇子をぎゅーっと握ってます私。
でも、考えてみると、自然に流れるような所作になれば、動きに無駄がないのだなぁと得心しました。

二時間くらいで、先生が「せっかくやし、お茶しましょうか」との嬉しいお声が!
「じゃ、(お茶)立ててみて」と言われて、皆で必死に立てるも泡が立たない・・・。
先生はあっという間に立てはるのに・・。
意外に茶筅は力を入れても大丈夫だと学びました。
「茶杓もって、棗もって、蓋とって」と言われて、固まる。手は2つ・・・。
「茶杓を持ち替えて~」と教わり、はっとする。
で、飲む頃には必死で立てたお茶は冷めているのでした・・。美味しくない・・。そして、ちょっと薄かった・・。

《今日のお稽古の内容》

1、懐中するものの過不足チェック

2、お辞儀の仕方(真:ぺったり手のひらを全面つけたお辞儀・行:指の第二関節くらい・草:指先)
しかし、どのシーンで使い分けたらよいのかは次回。

3、座り方(正座)・立ち方・扇子の扱い
正座の際は、足の親指を重ねる。拳一つ分くらい膝を開ける。
手は膝の上に右手が上。
立つときは、つま先に一度体を乗せてから。

4、畳の歩き方
すり足で。へりを踏まない。

5、襖の開け閉て・部屋の入り方
入るとき:右手で引手を少し開け、下から24センチくらいに右手をかけ、そのまま体の真ん中くらいまで開ける。
今度は左手で、最後まで開ける。しまいまで閉めずに手がかりをちょっと残す。
立つときは、右足を先にし、そうすると、左足が後方にあるので、その足でまず一歩。部屋には右足で入る。

出るとき:左手で引手を少し開け、下から24センチくらいに左手をかけ、そのまま体の真ん中まで開ける。
今度は右手で最後まで開け、手がかりを残す。
立つときは、左足を先にし、そうすると、右足が後方にあるので、その足でまず一歩。部屋からは左足で出る。
左手で下から24センチのところで、手がかりを引っ張り出して、真ん中まで。
右手に持ち替えて、最後に引手に右手をかけて閉めきる。

6、袱紗のたたみ方
輪を右にして、外に外にたたんでいく。
袱紗から指を離さず、たたんだふちを滑らせる。
帯に挟む時は、まっすぐ平行に。

7、お茶体験
御軸、お花、花入れ鑑賞。
お茶のたて方、運び方。
菓子鉢の持ち方、お菓子の取り方、頂き方。
お茶の頂き方。
※これは、まだダメダメ。

《お菓子・お花・その他》
お菓子
銘:桜(七条甘春堂)

お花
椿(蕾で活けるそう)、くろもじ


《反省点・宿題》

1、袱紗にアイロンをかけていなくて、配送癖ががっつりついていて、袱紗捌きがうまくいかず。

2、数寄屋袋を買わねば。

3、「はい、古袱紗もって!」と言われて、どれだったかおたおた。名称を覚えて行けばよかった・・・。

4、できるだけ着物で行く

|

« 狩野山楽・山雪 | トップページ | 京都桜便り2013 その1 京都御所 近衛邸跡糸桜 »

コメント

うっそー!!
Give Up!!!

....と、思いましたが、
読むよりやっぱり、動きで覚えるのでしょうね。すごく細かいけど、動きの美しさが目に浮かびます。

とても興味深く、私も機会あればトライしたいなぁ。でも、いけこ姉さんに習います☆
しばらくお稽古後はすごくお疲れのはず、お家に帰られたら、ぜひお茶をたてて一息ついて下さいね(笑)

投稿: あき | 2013.04.07 02:34

こんばんは、あき様

もー!全然出来なくて、ほんと情けないですー。
でも、きっといつかは流れるように所作ができるはず!
と信じないと無理(笑)・・・。
ていうか、私が教えることなど出来ようはずもなさそうです・・・。
お茶をたてるにも茶筅も茶杓も無いので、まずはそちらから集めて、あとは、見立てで家の食器類をお道具にしようかしらね。
その時は、また、御所で野点なんぞいかがかしら??
それまでには、うまく立てられるように頑張ります!!

投稿: いけこ | 2013.04.08 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/57097541

この記事へのトラックバック一覧です: お茶のお稽古 初回:

« 狩野山楽・山雪 | トップページ | 京都桜便り2013 その1 京都御所 近衛邸跡糸桜 »