« あちゃー | トップページ | 岡山にいます! »

2013.01.29

京の雪景2013 哲学の道

睦月の京都は、ここ数日、雪にて始まりました。
大寒を控え、ぐっと寒さが極まったような京都。
“京の底冷え”に恥じぬような一日でした。

相方を大学まで送った後は、京の雪風情を追いかけてみました。
北から下がってくるバスは、ガラガラとチェーンの音を響かせて行き過ぎます。
キンと冷えた街中の空気は清浄で、呼吸をするごとに体まで清々しく感じます。

Img_4892


金閣寺へ行こうかとも考えていたのですが、雪大文字に抱え込まれるように東へ。
晴れてめざましき金襴よりも、幽寂の白墨の世界が慕わしく。

Img_4869

雪招き、関雪櫻花ならぬ天華彩る。


Img_4896

春待たん、風花舞うは春心地。

Img_4881


陽だまりがつと凝ってか、山茶花点描。

参考

写真:2013年1月18日 哲学の道

|

« あちゃー | トップページ | 岡山にいます! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/56645735

この記事へのトラックバック一覧です: 京の雪景2013 哲学の道:

« あちゃー | トップページ | 岡山にいます! »