« 京都紅葉便り2012 その9 清水寺夜間拝観 | トップページ | 冬の福 »

2012.12.16

京都紅葉便り2012 おわりに 東福寺・光明院

Img_4263


白壁に映す紅影は、紅葉幻燈。

Img_4117


Img_4308


紅葉の雲海押し寄せる、徒名草は微塵もあらず。


Img_4273


錦の帯は福しるし。


東福寺

Img_4283

虹の苔寺、色に紅葉の赤と橙を加えてん。

Img_4306

Img_4139

Img_4281


Img_4300


Img_4328


霜の縱 露の貫こそ 弱からし 山錦の 織れば且つ散る

『古今和歌集』 巻第5 秋歌下 291番歌 藤原關雄 

東福寺塔頭、光明院


Img_4318

一華とは、花と見まごうもみじ葉か、今年の紅葉見、名残惜し。


東福寺塔頭、一華院


参考

写真:2012年11月20日、29日 東福寺界隈

|

« 京都紅葉便り2012 その9 清水寺夜間拝観 | トップページ | 冬の福 »

コメント

いけこさん、こんばんは。

先日は温かいコメントを頂きありがとうございました。

今年も数々の紅葉のお写真、とてもキレイですね♪
今秋は、あまり外出も出来ない日々が続きましたが
いけこさんのお写真で癒されました。

ご家族様のその後のご回復はいかがでしょうか。
大変遅くなりましたが、改めてお見舞い申し上げます。
手術も大変ですが、術後の治療というのは、
時間や精神力を要するものですね。

私も今年は予想もしていなかった事態になりましたが
しっかり治していきたいと思っております。

いけこさんも、ご自身のお体もどうぞお大事になさってくださいませ。

投稿: shino | 2012.12.16 18:52

今年もとうとう紅葉の東福寺、いけませんでした。
写真を拝見する限り、やはり圧倒的にすごそう。
来年は人混みにまけずにがんばろうかな。
最後の後ろ姿の麗人はいけこ様ですね。
すてき!

投稿: しぇる | 2012.12.17 23:13

こんにちは
東福寺の喧騒に光明院の静寂
圧巻の紅葉と物静かに語る紅葉どちらも素敵です
この冬も京都は冷え込みそうですね
どうぞお体を大切にお過ごし下さい
我が家の庭は黄色から茶~落ち葉と残念な結果に
冷え込みが続かなかったのでしょうか
でも近くの庭園では先週末まで真っ赤なもみじが見れました
種類、日当たり具合、手入れ等色々とあるのでしょう

投稿: kame | 2012.12.20 14:32

こんにちは、shino様

御目の具合はいかがですか?
そろそろ抜糸は済みまして?
どうぞお大事になさって下さいましね。
来年こそ!!二人とも健康で参りましょう(笑)!!
相方も完治を目指して!!

どうしても術後が中々大変ですよねぇ。
療養しつつ、QOLを維持しつつ。
お医者さんの言うことをききつつ・・・。
ぼちぼち、生きてるだけで丸儲け~な気持ちで、頑張っていきたいですね!

shino様も、どうぞお大事になさって下さいましね。
しっかり治して、またコンサートにお出かけにと楽しんで下さい!

投稿: いけこ | 2012.12.21 16:47

こんにちは、しぇる様

東福寺はやはり人がすごかったですわ~。
紅葉を見に参ったのか、人様の後頭部を身に参ったのか。
通天橋が落ちてしまわないか、毎年心配になります(笑)。
ですが、紅葉の量や豪華さには圧倒的でございますよ。
色々ありまして、今年は夏以来の着物でございました。
お褒め下さいまして、うれしゅうございますわ~。

投稿: いけこ | 2012.12.21 16:58

こんにちは、kame様

今週末の連休は更に冷え込みますようで。
もしかしたら、ホワイトクリスマスかしら??
今朝も比叡山の天辺あたりはまだ白く、愛宕さんもちらり白。
このまま晦日まで雪面かしら。

京都よりはいくらかは温かい御地とはいえ、どうぞkame様もご家族様も皆様お健やかにお過ごし下さいませね。
今日は冬至ですから、柚子湯であったまって下さい!

投稿: いけこ | 2012.12.21 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/56159340

この記事へのトラックバック一覧です: 京都紅葉便り2012 おわりに 東福寺・光明院:

« 京都紅葉便り2012 その9 清水寺夜間拝観 | トップページ | 冬の福 »