« 京都紅葉便り2012 その7 京都御所 | トップページ | 母と子の森 »

2012.12.01

冬はつとめて2012 霜月から師走へ

この霜月から師走へ暦がめくられるほんの一週間、朝夕の姿が好ましい。

“朝まだき”

Img_4209

昇りかけの朝の陽が山の端を真珠色に染め、

Img_4258


伏せた猫が伸び上がるように徐々に町に光が満たされゆく。


Img_4238

屋根に消え残る霜、夜の名残を振り落としながら、山肌に紅葉の錦よりあでやかな洗朱を溜め、

Img_4252_3


藍から東雲色に空を大胆に塗り替え、愛宕は着せ綿を街にかぶせようと、霧の被きを広げゆく。


“暮れ方”

Img_2821


雲は桜を含んでにじみ、天蓋に黄味と茜色が織り成す頃、東は藍染の帷をおろそうとしている。

Img_2826


西の空を焦がした太陽は瞳を閉じんとし、薄く透きとおった紺碧の夜が目を覚まさんとしている。


Img_4029

あれほど高かった空は、かすかに冬の気配を纏い、低く薄い青をし始め、これも本格的な冬がやってくれば、白灰っぽい空気に覆われて薄水へと変わる。

紅葉を追いかけ、去りゆく秋を止めようとするけれど、忍びやかに側に蹲りだした冬も、また、悪くないとこの刹那だけ思うのだ。

|

« 京都紅葉便り2012 その7 京都御所 | トップページ | 母と子の森 »

コメント

きれいな写真をありがとう
日が射すその瞬間、お日様ありがとうと
その光の偉大さに言いたくなります

土日とかなり冷え込んだのでは?

メタセコイヤが林立する公園に行ってきました
薄曇りで赤というより茶に近く見えてしまいました
去年より1週間早く訪れたので
葉がくしゅくしゅしていなくてよかったです

投稿: きくみ | 2012.12.02 16:41

いけこ様、こんにちは

冬来たりなば・・・ですね

朝晩の、冷え込みが

容赦ない京都ですが^^;

どうしても

残り秋の景を、探してしまいます><

投稿: 高兄 | 2012.12.04 07:58

おはようございます、きくみ様

お風邪のお具合、いかが?今日もまたまた冷え込んだので、暖かくしてね。
メタセコイアの並木!いいなぁ。軽井沢にも素敵な並木があると聞いたことが。京都も植物園に大きな木がありますの。
夕日に映えて、煌めく様に散る姿も素敵ですよ。

投稿: いけこ | 2012.12.09 10:03

おはようございます、高兄様

哲学の道も桜は裸木、名残の紅葉も少し、ドウダンツツジの赤名残と。
しかし、沈丁花のつぼみは膨らみ爪染め、みつまたのぼんぼりは大きくなっていました。
仰るとおり、春遠からじですわね。

しかし、今朝からまた冷え込みましたね〜。
どうぞ、暖かくなされて、お出かけ下さいましね。

投稿: いけこ | 2012.12.09 10:09

2週間前には紅葉を追いかけていたのが
嘘のように寒くなりましたねA^^;

本日は金閣寺がもう白くなったとか!

忙しいでしょうけど身体に気をつけてね(*^_^*)

投稿: Milk | 2012.12.10 13:41

おはようございます、Milk様

昨日は京都、5日も早い初雪。寒うございますわ〜。紅葉の後は、急に雪支度となりましたね。
Milk様もどうぞ暖かくして、師走を走り抜けて下さい!

投稿: いけこ | 2012.12.12 10:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/56228731

この記事へのトラックバック一覧です: 冬はつとめて2012 霜月から師走へ:

« 京都紅葉便り2012 その7 京都御所 | トップページ | 母と子の森 »