« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012.11.26

京都紅葉便り2012 その7 京都御所

Img_3855

御所の周りは金の絨毯、秋の楽しみは足元にも。


Dsc01609


会津ゆかりの大銀杏、床机の座布は金色に。

Img_4044

空蝉かかるのみ、夏の名残か青銀杏。


Img_3958

桜紅葉額縁に、収める秋の目録はいかに。

Img_3965


銀杏と紅葉と決めかねる。


Img_3995


一条邸跡の大銀杏、角に敷かれる秋の薄縁(うすべり)。


Img_4102


銀杏の几帳を透かして見るは。

Img_4104


桜松にも秋来る。


Img_3977


Img_3971

吹く風の 色のちぐさに 見えつるは 秋の木の葉の 散ればなりけり

『古今和歌集』 巻第5 秋歌下 290番歌 よみびとしらず

参考

写真:2012年11月19日・20日 京都御所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.24

京都紅葉便り2012 その6 金福寺

Dsc01601


蹲は秋は紅壷とならん。


Img_3911


Dsc01592

Img_3925


Img_3930

秋の装いめかしこみ、古色は艶めき、賑々し。


参考

写真:2012年11月18日 金福寺

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.11.23

苦難よ去れ!!

ぴんぽーんとM農園からのお届けもの~。

Dsc01667

「裏の畑でポチが鳴く 正直爺さん掘ったれば~

Dsc01668

大判小判が ザ~ック ザ~ック ザックザク  ザ~ック ザ~ック ザックザク・・・」

歌いながら掘っていたら、後ろで相方が笑ってました・・・。

Img_4195

岡山に帰りました時、C叔母がこんなかわいいさるぼぼさんを作ってくれました。

Img_4196

みーんなおべべが違って、お顔はなんと風船かずらの実!!


9匹のさるぼぼさんで苦難が去る、皆が乗っているのは難を転じるの南天の木。


我が家に百人力、そんな相方、術後一ヶ月検診でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.11.21

京都紅葉便り2012 その5 圓光寺

Img_3858


謹厳な比叡の御山も、秋化粧。

Img_3861

虹の架け橋、錦を越えて煌けども。


Dsc01575

庭の錦屏風に勝るは無しか。

Img_3873

水面に錦懐石すり流しがよろしかろ。

Img_3876


いや、一面の錦絨毯が秋の御業よ。

Img_3877


ふかり、苔に錦布団、寂々たる眠り。冬はきっと寂しからずや。


Img_3888


勤行の心慰め、錦掛け軸。

Dsc01585


明らけく、空にもまろく照り映う紅葉。


参考

写真:2012年11月18日  圓光寺

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.11.20

京都紅葉便り2012 その4 天授庵

Img_3806


前栽の常盤に綾紅葉、有為の一幅。

Img_3807

緩流白波に、金赤の立浪は押し寄せて流れて。

Img_3830


狐の嫁入り、花嫁のれんをめぐらせて。


Img_3848


紅葉傘にて、友と宿らん。

Img_3836


にわたずみに秋が溶け、さらに黄昏の雫、日々凝りて紅葉を染めるか。


Img_3837


空浅葱の表地に、緑・橙・朱・紅をすり流し、陽光の金糸を縫い止めた友禅を纏い。

Img_3814


龍田の姫が、麗しの御姿を写さん。


Img_3845


未だ緑のもみじ葉は、名に負う錦鯉が染めに参らす。

参考

写真:2012年11月15日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

光明院

光明院
もう一息という感じです。こちらは人がおりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東福寺

東福寺
平日ですが、すごい人!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.19

病院後の腹ごしらえ

病院後の腹ごしらえ
御所の後は、病院へ。
今日は、私の検査日。
良くなってますように。
病院後の腹ごしらえに、ふたばさんへ。
豆餅と亥の子餅を、お火焚きまんじゅうは相方に。
術後、お餅はあかんしね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の御所

秋の御所
今年は特に見事。
銀杏が盛り、桜も朱赤に残り、椋も金、紅葉は紅。
蒼穹は澄みし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.17

京都紅葉便り2012 その3 泉涌寺・来迎寺・今熊野観音

Img_3734

秋の御寺の御守りは、日々堅く。

Img_3736

Img_3746


緑、黄、橙、紅と衣を重ねゆき、日々移ろいの秋襲。


Img_3762

Img_3758

浅葱の空も、袍(ほう)の一色。


Img_3740

Img_3770


御守りの筆頭は、殿上の緋色の袍を身に纏い、雪見灯籠守人紅葉、すくりと立ち居典雅なり。

泉涌寺


Img_3785


黒き直衣にて、秋の司召の準備はいかに。


Img_3790


秋の任官はいましばし。


来迎寺


Img_3800

濃緋の雲が蒼穹に張り出したら。


Img_3797

晴れ秋雨に、浮かぶ塔も清清し。


今熊野観音

参考


写真:2012年11月15日 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.11.16

京都紅葉便り2012 その2 高雄神護寺

Img_3388

御門の迎え花も鮮やかに。

Img_3392

境内はそれぞれ、彩り豊かに。

Img_3408


Img_3413


仰いでも。

Img_3420

振り返りても、紅葉の美しさ。


Img_3426


丹の満ち、薬師にもあやかり、厄除けを。


Img_3431

Img_3436


下りの道もぼちぼちと、一休みの紅葉傘、ゆるりゆるりと参りましょ。


参考

写真:2012年11月8日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都紅葉便り2012 その1 哲学の道・真如堂

Img_3181_2

Img_3189

Img_3209


見上げても。


Img_3187


Img_3185


足元にもござるもみじ葉は。

哲学の道

Img_3240

秋にも紅の花を咲かす、ハナノキになりぬ。


Img_3242


秋街の唐絹、仕付け糸には弥陀のご縁糸。

真如堂

参考

写真:2012年11月6日 哲学の道・真如堂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.15

今年も

今年も
今年も
泉涌寺、天授庵共に見事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.14

豪雨の松江市

豪雨の松江市
豪雨の松江市
豪雨の松江市
豪雨の為、宍道湖遊覧船は運休、堀川遊覧船は半周コースへ変更。
松江の皆様、ごめんなさい。
遊覧船はおこた船になってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉造温泉

玉造温泉
玉造温泉
勾玉の温泉街
健康・長寿の勾玉を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.13

出雲大社

出雲大社
出雲大社
出雲大社
出雲大社に着いてから、襲雨→霰→突風とえらいお天気。
そして、今から出雲大社を出ようかしらと言う頃に、晴天…。風はめっちゃ強いままですが。

禊ぎ?祓え?それとも、私が払われる(笑)?

平成の大遷宮で、御仮殿です。23日には写真の稲佐浜から神々が来られるそうですよ。出雲は只今、神在月。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧大社駅

旧大社駅
旧大社駅
旧大社駅
出雲大社に着いたら、雨から霰が!!
スゲー、ミズチパワー炸裂です!
ヤバイ、退治される!?
旧大社駅はレトロで素敵。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一畑電車

一畑電車
一畑電車
一畑電車
ばたでんに乗って。
宍道湖横目に出雲大社へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.12

宍道湖

宍道湖
夕陽をギリギリ拝めましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足立美術館

足立美術館
足立美術館
大観の屏風の紅葉も、お庭も紅葉中。
流石、縁結びの県、苔庭にはハート型。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.11

ハレノミーノのメニュー

ハレノミーノのメニュー
ハレノミーノのメニュー
ヴィア・パーチェでは、ワンプレートに豚のテリーヌや秋らしい茸のマリネなど美味仕様ですよ!
ワインに合います。
義両親とM叔父C叔母と合流して、みんなで飲み歩き中〜。
相方も散歩がてら、皆とちょいつまみで楽しそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西川周辺

西川周辺
西川周辺
飲み歩きイベント、ハレノミーノ!開催中!
相方従弟のお店でもやってます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.10

奥津温泉

奥津温泉
湯治に連れて行ってもらいました。美作三湯の一つ。
奥津渓は紅葉がピーク!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.09

岡山にしばらく帰っています。

岡山にしばらく帰っています。
岡山にしばらく帰って、のんびりしてます。
写真は岡山駅前にある桃太郎の銅像。
鳩がとまりすぎて、どれがお供の雉かわかりません(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.08

京都紅葉便り2012 はじめに

Img_3189


冬木成 春去来者 不喧有之 鳥毛来鳴奴 不開有之 花毛佐家礼杼 
山乎茂 入而毛不取 草深 執手母不見 
秋山乃 木葉乎見而者 黄葉乎婆 取而曾思努布 
青乎者 置而曾歎久 曾許之恨之 
秋山吾者

冬ごもり 春さり来れば 鳴かざりし 鳥も来鳴きぬ 咲かざりし 花も咲けれど
山をしみ 入りても取らず 草深み 取りても見ず
秋山の 木の葉を見ては 黄葉をば 取りてぞしのぶ 
青きをば 置きてぞ嘆く そこし恨めし 
秋山ぞ吾は

『万葉集』 巻第1 第16歌 額田王


錦秋の京都の始まり。


参考

写真:2011年11月6日 哲学の道にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.06

更新再開致します!

皆様、こんばんは。
更新再開+コメントバックを再開いたします。
ご心配をおかけいたしして、申し訳ございませんでした。

実は、9月に相方に癌が見つかりまして、大きな手術をせねばならなくなってしまったのです。
10月中旬ごろに入院し、6時間にわたる手術+リハビリ。

Img_3197

お陰さまで、今では無事に相方も退院し、お散歩にもお出かけできるようになりました。


Img_3207

今後、本当に色々と制約の多いことになりましたが、生きてるだけでまるもうけ!です!!
結婚4年目を無事に二人で過ごせたことに感謝です。
悩みや不安もいっぱいですが、これからゆっくり完治を目指していこうと思っています。

家族をはじめ、本当にたくさんの方に支えていただきました。
本当に有難うございました。
私達は幸せ者です。

いけこ 拝

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »