« 松島や | トップページ | 京都水族館 »

2012.10.09

秋来ぬと

Dscf7960


秋きぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる 

『古今和歌集』 巻第4 秋歌上 169番 藤原敏行


一足お先に仙台では、金木犀の薫りがそこかしこに満ち。
京都も帰ってきたらば、追いかけるように薫りの便りが。

古の人は秋を風によって。
後の世の人である私は、金木犀の薫りに。
芳醇な薫りは秋ならでは。
澄み空も、無窮。

また、10月になると、必ず思い出すこちらを。

空のすみゆき
鳥のとび
山の柿の実
野のたり穂
それにもまして
あさあさの
つめたき霧に
肌ふれよ
頬 胸 せなか
わきまでも

『中野重治詩集』 十月


Img_2076

夏の間はへそ天で寝ていた我が家の王子も。


Img_2078


秋は素敵仕様。
しかし、最近太って白タイツ王子がだんだん白股引のおっさんに(笑)。


Img_2077

フフフ、花よりステキな僕・・・。


Img_2085

やめて!私の草履に鼻突っ込んで寝ないで!!

|

« 松島や | トップページ | 京都水族館 »

コメント

いけこさんお帰りなさい。仙台楽しかったようですね。
私は3連休息子を連れて京都へ行って来ました
みやこめっせの石のイベントです。
(久しぶりに沢山の人見ました)
金木犀の香りは東寺でかすかにかぎました。
猫ちゃんいい季節になって気持ちよさそうに寝てますね(笑)
我が家の十姉妹もぽかぽか日の当たる場所を狙って眠りこけてますよ。(^.^)

投稿: ちょるちょる | 2012.10.10 10:14

お帰り~♪
暑い暑いと思ってても確実に季節は進んでますね。
こちらでもそこここで金木犀の香りがするようになって来ました(*^_^*)
明日、雨が降らなかったらあーみぃさんと梵燈の灯りに親しむ会へいくつもりです^m^

投稿: Milk | 2012.10.10 10:49

いつ見ても綺麗な白タイツですねぇ・・・

投稿: 写真屋ナオヤ | 2012.10.14 11:41

こんばんは、ちょるちょる様

ま〜、京都に来ておられましたんですね!
秋の気配がそこここに潜んだ京都はいかがでした?
石のイベントが開催されていたんですね!!
私の父も鉱物が好きで、子供の頃に、小さな石の裏側にびっしり小さな小さな水晶の結晶があるのを貰い、今でも時々取り出しては眺めています。
石の世界は神秘的ですよねぇ。

ぽかぽか日だまりのペットたちは、見ているこちらも和みますね。

投稿: いけこ | 2012.10.17 22:17

おはようございます、Milk様

毎日いい香りだった金木犀も、昨日今日の雨が心配ですわ〜。
お寺さんや御所にも、京都は大きな木がありますね。
東林院さんはいかがでした?
あーみぃさんとお二人でデート!羨ましい〜。

投稿: いけこ | 2012.10.18 09:56

おはようございます、ナオヤ様

白タイツ→白股引→白すててこかもね(笑)。
むっちりどぇんよ。

投稿: いけこ | 2012.10.18 09:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/55853224

この記事へのトラックバック一覧です: 秋来ぬと:

« 松島や | トップページ | 京都水族館 »