« なんと! | トップページ | 祇園祭2012 総まとめ »

2012.07.28

下鴨神社 御手洗祭2012

とーてーも暑い日が続いています・・・。
病院の検査結果を聞くので、禊を兼ねて(笑)、昨日足つけ神事に行ってきました。


Img_1809

御所も暑くて人っ子一人いません。

Img_1810


加茂川も人がほとんど見当たらず。


Img_1818

御手洗祭り(足つけ神事)は、土用の丑の日に神池に足を浸し、穢れを祓い、無病息災を願う行事です。
普段の水量はさほどでもないのですが、この行事の間、水量を増やし(深いところでは大人の膝まで)、
入口でろうろく(200円)を持ち、ご神火を頂いて、ジャブジャブと御手洗池を渡ります。
ろうそくを供え、ご神水を頂きます。
キンと冷えた水は最初は冷たく、歩くうちには何となく優しく、あがった後は清々しいです。
また、飲めば舌にまろい京の水は、油照りの京都に涼とご加護を運んでくださいます。


Img_1820


入り口でろうそくを頂いて、橋をくぐります。


Img_1821

Img_1822


ご神火を頂いて、そおっと消さないように歩き、

Img_1823

御手洗社に、献灯します。


Img_1825


風そよぐ 楢の小川の 夕暮れは 禊ぞ夏の しるしなりける
 (「新勅撰和歌集夏・小倉百人一首 98番」 従二位 藤原家隆)


Img_1826

献灯して、川から上がった後は、ご神水を頂きます。


Img_1828


加茂のくぼて、こちらのお椀は新旧バージョン。

Img_1830


Img_1831

みたらし社には、このような足型の祈願が水に浮いています。
足の祈願には、このような足型の裏に年齢と名前を書いて奉納します。
毎年、父方・母方の祖母のお願いをします。

そして、この時期のみの授与、水守りを頂きます。

Dscf7756


Dscf7757

そして、厄払い菓子、「加茂みたらし茶屋」のみたらし団子を頂きます。
後醍醐天皇以来のお菓子、みたらし団子は五体を現すそうですよ。
だから、頭にあたる一つが少し離れているそうです。
また、みたらし社の御手洗池い浮かぶ水玉を現したとも。
お皿は今年の祇園祭宵山、菊水鉾のお茶席にて頂いたもの。

参考

写真:2012年7月27日 下鴨神社にて

|

« なんと! | トップページ | 祇園祭2012 総まとめ »

コメント

朝の足つけ神事もよいですよ、と聞いたのですが早起きが苦手ゆえ、夜のしまいかけに行きました。
人がやや少なくてよかったんですが、みたらし団子はもう閉店、買えませんでしたweep
明るいうちのみたらし祭もよいですねえ、、、

投稿: しぇる | 2012.07.28 21:06

いけこさん。こんにちは。

その日前日から休日で京都にいたのに、人が多く思われたので、避けてしまいました・・・これくらいなら行けばよかった!

しかも、奥さんのお願いで平女のそばにあるお香屋さんの聞香体験をしてから出町のそばを通って吉田山の東まで行ったのに・・・

前の日は八坂さんで狂言の奉納を見ました。

投稿: きさとぱぱ | 2012.07.30 15:28

おはようございます、しぇる様

朝の足つけは清清しいですよ~。
ですが、早すぎると御手洗団子も売ってませんし、参道の出店もよしずでぐーるぐる(笑)。
お社の皆様も、子供のラジオ体操があって遅れてしもて~なんて、声も聞けます。うふふ。
ですが、幻想的の雰囲気は夜に軍配があがりますねぇ。
私もしまいかけに参りましたが、参道ではセミの羽化が!!
子供さんにはとっておきかも!?

投稿: いけこ | 2012.08.06 09:34

おはようございます、きさとぱぱ様

あら!残念でしたねぇ。
午前中はやはり暑いせいか、人出もそれほどでは。
しかし、お水がつめたーい!!
ぼんやり寝ぼけ眼がぱっちりです(笑)。
来年は是非、奥様とご一緒に。
京都の暑気払いですねぇ。
うなぎは食べられました??

投稿: いけこ | 2012.08.06 09:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/55298429

この記事へのトラックバック一覧です: 下鴨神社 御手洗祭2012:

« なんと! | トップページ | 祇園祭2012 総まとめ »