« 猫の日2012 | トップページ | 雪大文字 »

2012.02.23

雪の銀閣寺2012

新 年乃婆自米尓 豊乃登之 思流須登奈良思 雪能敷礼流波

新しき 年の初めに 豊の年 しるすとならし 雪の降れるは

葛井連諸会 『万葉集 巻17 3925番』

Img_6819


義政好みの古歌を詠いて、いざや、雪の庭へ。

Img_6829


Img_6831


清閑なり、白練、墨染め、他に色はいらずというか。


Img_6834


やはり、常磐の松も無窮の澄み空も欲してん。


Img_6838


いやいや、春花名を頂くウメモドキもござれば、紅白揃いも捨てがたき。

Img_6844


世の憂さを雪の下へと、埋めてんげり。


Img_6862


青女(せいじょ)にて、望みの銀箔を押そうぞ。


Img_6851


Img_6858


空澄み、凍て水面、寂然の極致、乱すのはただただ風のみ。


参考

写真:2012年2月18日 銀閣寺

|

« 猫の日2012 | トップページ | 雪大文字 »

コメント

ああ。
良いな銀閣。
これを見に茨城から行くっての、アリですよね。
良いなぁ。

3枚目はカラーなのにモノクロな世界ですね。
こういうの好きです。
色、いりません。
でも、青空バックの良いですなぁ。
渋いです。

最後の2枚にはどんな意味が?

投稿: 外付け胃袋 | 2012.02.23 22:38

こんにちは
雪が本当に似合いますね
静寂と寒さが伝わってきます
わが町は殆んど雪は降りませんが今年は三回も積もりました
温暖化と言われておりますが、冬は寒くなったような・・
出張以外コートは着ることありませんでしたが
昨年からは夜のお出かけには離せません
歳のせいとも言われてますが

投稿: kame | 2012.02.24 10:47

こんにちは、外付け胃袋様

是非是非いらしてくださいまし!!
心より、お待ち申し上げます。
ただ、これから果たしてこれほど市内に雪がつもるかどうかは・・・。
あ、うちの職場は積もってますが(笑)。


下の二枚は、ちょいと実験でして。
露出+と-でどれほど違うか撮影してみましたの。
空の色と雪が飛びますが、明るい感じのプラス補正か、空の色が綺麗にでますが、全体的に暗めのアンダーか・・・。
(個人的には、アンダー気味が好き)
コントラストをもうちょっとした方がいいのか、絞りを変えるべきなのか・・・。
試行錯誤中です(笑)。

投稿: いけこ | 2012.02.24 13:53

こんにちは、kame様

京都も市内にこれほど積りましたのは久しぶりです。
市バス循環系が珍しくチェーンをまいて、ガラガラっと通り過ぎます(笑)。
ですが、花津月、お日様が顔を出すと、あっという間に溶け出し始めました。
やはり、立春過ぎ、春めいてきたということでしょうか。
いやいや、kame様、お年ではなく、ファッションですよぅ!
男性のコート姿は肩がしっかりして、個人的にかっこいいと思いますのよ。

投稿: いけこ | 2012.02.24 13:59

銀閣寺の雪景色、良いですね。
前に見たのは何年前だったか。
いけこさんの写真を見て、
次の機会には行ってみようかなという気になりました。

投稿: なおくん | 2012.02.24 19:59

おはようございます、なおくん様

雪がふると銀閣寺へ参りたくなりますの。
でも、私もなおくん様のお写真拝見して、滅多に見られない東山界隈も足を伸ばせば良かったとちょっと後悔しております(笑)。
銀閣寺は後ろに山があるせいか、日が出ましてもしばらくは影でございますから、雪が溶けるのは少々遅めに感じます。
ご参考に。

投稿: いけこ | 2012.02.27 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/54033638

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の銀閣寺2012:

« 猫の日2012 | トップページ | 雪大文字 »