« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012.02.24

雪大文字

2月17日に降った雪は、人の通る道や日向は解けてしまいましたが、日陰には翌日までひっそりと消え残っておりました。

自宅ベランダから見ると、嬉しいことにまだ大文字は雪大文字のまま。
雪大文字とは、斜面を雪が覆い、大文字送り火の火床が抜かれるように“大”をかたどること。
見ると良い事があるそうですよ。
三脚デビューをかねて、御所へと参りました。

Img_6928


Img_6921

Img_6947


Img_6932


冬の衛士、白瑩(みがき)の直垂纏い、手を広げ通せんぼ。

参考

写真:2012年2月18日 京都御所にて

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012.02.23

雪の銀閣寺2012

新 年乃婆自米尓 豊乃登之 思流須登奈良思 雪能敷礼流波

新しき 年の初めに 豊の年 しるすとならし 雪の降れるは

葛井連諸会 『万葉集 巻17 3925番』

Img_6819


義政好みの古歌を詠いて、いざや、雪の庭へ。

Img_6829


Img_6831


清閑なり、白練、墨染め、他に色はいらずというか。


Img_6834


やはり、常磐の松も無窮の澄み空も欲してん。


Img_6838


いやいや、春花名を頂くウメモドキもござれば、紅白揃いも捨てがたき。

Img_6844


世の憂さを雪の下へと、埋めてんげり。


Img_6862


青女(せいじょ)にて、望みの銀箔を押そうぞ。


Img_6851


Img_6858


空澄み、凍て水面、寂然の極致、乱すのはただただ風のみ。


参考

写真:2012年2月18日 銀閣寺

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012.02.22

猫の日2012

本日は、にゃんにゃんにゃんで猫の日~。
親ばかアップでございます。

Dscf6754


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012.02.20

雪の哲学の道

節分を迎えて、立春大吉。
しかし、如月は“衣更着”とも。
まさにその通り、17日から18日の京都は、市内でも6センチの積雪。

雪が降ると、どうしても銀閣寺に参りたくなります。
金閣寺の晴れてめざましき金襴も捨てがたいのですが、幽寂の白墨の世界が慕わしく。

Img_6791


名より雪を招きてか、関雪櫻花ならぬ天華を盛りと。


Img_6816


真綿の如き姿なれど、水のぬくみが、より際立つ。

Img_6805


雪禊ぎをされた御方、大きく手を広げ、それほどまでに待ち居つるか。


Img_6814

ならば、ただまっすぐひたすらに、雪守人に抱かれに参らん。

参考

写真:2012年2月17日 哲学の道・銀閣寺

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012.02.19

三脚デビュー!

三脚デビュー!
本日、三脚デビューです!!
三脚は父より譲り受けたもの。
"テツ"の父と、愛機のカメラと共に、何度も撮り鉄した戦友さんです(笑)。

がっしり、どっしり、私の望遠レンズ搭載デジイチもがっつり固定。
しかし、結構重い…。
確か、私より年上なはず。まさに「不器用ですから」て感じ。
現在、勝手に『ケンさん』と呼んでます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.02.15

「東山雑記」7周年!

遅れてしまいましたが・・・。
昨日の2月14日で「東山雑記」は7周年を迎えました。

皆様のご厚情を頂きまして、ここまで続けることが出来ました。
ブログを通じて、沢山のご縁を頂き、日々幸せを感じております。

特に、今年は厄を迎え、休職もし、健康の有難味を痛感した一年でございました。
こうして無事に7周年を迎えられたのも、ブログを一時休止しておりましたにも関わらず、見守って下さいました皆様のお陰と存じます。
本当に有難うございます。

今後とも「東山雑記」を、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

いけこ 拝


参考

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2012.02.05

北びわ湖号!

北びわ湖号!
お腹に響く程の、汽笛を聞いてびっくりしました!
こちらも雪が凄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.04

節分詣2012 出世稲荷神社

毎年恒例の節分詣をご案内します。
節分は春迎えの行事ですが、京都は大寒波の翌日、とても寒い一日でした。
二月の異名、如月は着更着とも。
その名のとおり、職場では雪かきを致しました(笑)。


疫神・厄神を、目に見える鬼に例え、能動的に追い払う追難式。
難を追うとは、よく言ったもの。鬼やらいとは、よく言ったもの。


Img_6511

ご近所の出世稲荷さんへ


Img_6518


普段は公開されていない本殿がこの節分会の時のみ公開されます。


Img_6519

少し見えにくいですが、竜の天井絵もこの日のみ公開です。


Img_6521


古いものをお返しして、新しいひいらぎを頂きます。

Img_6525


舞殿にて、巫女さんたちにお払い舞をして頂きます。
ひいらぎと共に、私達も頭をたれてお祓いを受けます。

Img_6527

家に帰って玄関にガムテでべったり!
今年の恵方は北北西、恵方を向いて関西の風習では恵方巻を無言でほうばります。

無事に厄を祓い、季節の分かれ目。
今日は、立春大吉です。


参考

写真:2012年2月3日 出世稲荷神社にて

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.02.03

雪かき

雪かき
今朝の出勤最初のお仕事は、雪かき。
数年ぶりです。
手がだるい…。
雪国の方々は、これを毎日するのね。大変だわ。
雪かきシャベルを持って、しばし思いを馳せる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.02.02

わー!

わー!
大雪で退勤命令でた!!
電車大丈夫かなー?
只今もうすぐ膝くらいになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »