« びっくり | トップページ | 京都紅葉便り2011 その3 南禅寺天授庵 »

2012.01.06

吉備津彦神社で厄払い

新年初出勤は雪で出迎えられ、昨日は大雪で電車も止まる・・・。
寒いホームで代替バスがくるまで一時間以上待つ。どんだけ雪国なんだ・・・。
そして、今日は一人っきりで残業。
19:00まで開けとっても、冬休みやから、だれもこねーよ!
9日は、今日、突然教務に言われて出勤。
遅くとも年内には決まってただろ!休日講義!
だーかーらー!ホウレンソウはどこいった!!
相変わらずの職場でございます。
もう、辞めたい・・。


岡山帰省中に、ちょっとでも厄払いと吉備津彦神社へ、みんなで初詣。
「ちっちゃい神社よ!」とお義母さんは言わはりましたが、いや、デカイって、お義母さん!?

境内ではちょうど獅子舞がふるまわれておりました。

Dscf6742


一番上の甥っ子もガブっ!


Dscf6743


二番目もガブっ!!


Dscf6744

私もガブっ!!!


Dscf6740

お正月には、こんな珍しい焼酎も頂きました。
お義兄さんが、古希のお祝いに贈られたもの。
見せて頂いた途端、「鉄腕○ッシュで見た!幻の!!」と叫んだ私は只のTOKIOさんファンと酒飲み・・・。
青ヶ島は八丈島からさらに遠い島。
青酎は、古来種「純生麦」に青ヶ島来の麹菌を使って麹を造り仕込み、これまた青ヶ島特産の「かんも芋」を使って蒸留されます。

もり


実は、青酎を頂く前に、叔父のMさんのとこで叔母のCさん特製のおでんと共に、こちらも幻の「森伊蔵」を頂いた私。
すごいなー、何でそんなに注文のお電話がかかるのか・・・。
(「森伊蔵」はあまりの人気ぶりに、抽選なのですよ・・・)
Mさん、秘訣を私に!
うふふ、のんべぇにはたまらないお正月でございましたー。

|

« びっくり | トップページ | 京都紅葉便り2011 その3 南禅寺天授庵 »

コメント

おめでとう
山沿いは雪ですねぇ。暖冬という予想はどこに
いったのやら。
川崎大師に厄除けに行ってきました。
本堂ぎゅうぎゅうでしっかりお祓いしてもらいました。
関東三大厄除けも2つめ制覇です(笑)
くずもちと飴のお店が何軒もありました。
飴を切る包丁のトントンにリズムがあるようです。

投稿: きくみ | 2012.01.07 17:10

おはようございます、きくみ様

雪はもうとけたかなーと思いつつ出勤しましたが、案の定、残ってましたよ・・・。
さむーい!

厄除け、私も7日に妹と行ってきました。
宝塚の清荒神さんへ。
父も私も妹も厄、何だかわが家は厄まみれ(笑)。
くず餅も飴ちゃんもあるんやねぇ。
門前菓子かしら??
ちなみに、川崎ってどこ?というレベルでございます。

投稿: いけこ | 2012.01.09 09:50

お獅子に噛んで貰って厄払いできたかなぁ?(*^_^*)

投稿: Milk | 2012.01.09 16:54

こんばんは、Milk様

厄払い出来たと思いたいんですがー。
今日も残業ですー。

投稿: いけこ | 2012.01.11 17:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/53664196

この記事へのトラックバック一覧です: 吉備津彦神社で厄払い:

« びっくり | トップページ | 京都紅葉便り2011 その3 南禅寺天授庵 »