« 秋めいて来ましたね。 | トップページ | 豆名月 »

2011.10.01

秋来ぬと

Img_4382

秋きぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる 

『古今和歌集』 巻第4 秋歌上 169番 藤原敏行


古の人は秋を風によって。
後の世の人である私は、金木犀の香りに。
蕾でさえも、芳醇な薫りは秋ならでは。

また、10月になると、必ず思い出すこちらを。

空のすみゆき
鳥のとび
山の柿の実
野のたり穂
それにもまして
あさあさの
つめたき霧に
肌ふれよ
頬 胸 せなか
わきまでも


『中野重治詩集』 十月

Img_4260

入道殿しか寄せ付けなかった白藍の夏空も、昼に名残を残しつつも南へ下がり、
未だ、秋は夜の薄衣を重ねたばかりとはいえ、そっと木の下影や、夕間暮れ、虫々の忍び音、金木犀の薫りに佇む。

Img_4265


これよりしばらくは、雨・霧・霜などの水の眷属を従え、日数の衣を重ねゆき、果ては錦秋の唐衣を着せ掛ける為、夜長は傅人として徹し、而して朝が来るのを待つ。

Dscf6464

そして、シスターズmi-tun乙女さんより頂きました、大分の秋の使者かぼす。


Dscf6468

ご近所のお豆腐やさんのひろうすには、ぎんなんが入り、今日は小芋と炊き合わせに。
柚子皮のかわりに、今宵はかぼす皮を香味に。
名残の万願寺はおじゃこと炊いて、こちらも名残のいんげんはかしわと炊く。
秋は煮炊き物が楽しい。
最寄の佐々木酒造さんでは、秋のお酒ひやおろしが出揃った。


Dscf6470

杯は秋口の石榴、箸置きは秋津を眺める猫を。

|

« 秋めいて来ましたね。 | トップページ | 豆名月 »

コメント

木曜の暑さとは一転、
今日は秋らしくなりましたね(*^_^*)

ちょっと肌寒さを感じたら
煮物が恋しくなります♪

店の前の公園からも金木犀の香りがするようになりました(^o^)丿

投稿: Milk | 2011.10.01 22:06

無粋な男なので金木犀の香りがよくわかりません。
なので、それで秋を感じる事もまた無く。
私は空で秋を感じます。
2枚目の画像の空が青いですねー。
ここのところ関東でも空がとても高くなりました。
秋ですねぇ。
美味しいですねぇ。
好きな物をたくさん食べちゃいましょう!
でないと、さむーい冬が厳しいですよー。

ところで。
ひろうすって何です?
魚河岸揚げみたいなものですか?

投稿: 外付け胃袋 | 2011.10.02 00:14

秋尽くし、良いですね。
我が家の近所でもキンモクセイが香り始めました。
ほのかな秋を感じる今日この頃です。

投稿: なおくん | 2011.10.02 08:55

こんにちは。金木犀の香りが漂う時期になりましたね。うちの近くにも金木犀の木があるみたいで、窓を開けると香りのお客様が部屋に入ってきます。
空も高く澄んできたので清々しい気分になりますね。深呼吸すると冷たい空気が体に入ってきて、それもまた気持ちいいです。今回の流れるようなブログの文章も心にすぅーっと入ってきました。
でも急に寒くなる季節なのでお風邪など召されぬよう。

投稿: まろぷう | 2011.10.03 20:32

こんにちは、Milk様

秋の夜長はくつくつ煮炊きものを。
そろそろおでんの季節かしら。
今日は、相方実家より栗を頂きましたので、栗ご飯にしまーす!
秋刀魚も買ってこないと。うふふ。

投稿: いけこ | 2011.10.04 13:10

こんにちは、外付け胃袋様

この時期、マンション裏のお宅に大きな金木犀の木があるので、部屋の薫りが豊かになるのです。
ちょっと涼しいのですが、ついつい窓を開けて夜長を過ごしてしまいます。
ひんやりした夜気に、金木犀の薫りはなんとも言えませず。

あぁ、すみません!
ひろうすは、がんもどきのことですー。
関西の呼び方でした。ひりょうずとも呼びます。
それより、魚河岸揚げって何でしょう??
今度は私が質問(笑)。

投稿: いけこ | 2011.10.04 13:14

がんもどきですかー。
画像で見た感じだと、人参とかお豆とかひじきとか入ってなさそうだったので魚河岸揚げかと思っちゃいました。

で、魚河岸揚げ。
検索したら紀文に説明がありました。
http://www.kibun.co.jp/product/vol18/index.html
私のよりわかりやすそうでしたのでURLをそのままコピーしちゃいまーす。
ふわふわなんだけどちょっと歯ごたえもある不思議な食感ですよ。
で、紀文ってキブンを変換すると出てくるのね。
すげぇ。

投稿: 外付け胃袋 | 2011.10.04 23:22

こんにちは、なおくん様

なおくん様もお仕事でしょうか、大変お忙しいご様子、どうぞ、ご無理なさいませんよう。
近頃は風も随分と涼しく、金木犀も盛りと咲き、窓からの薫風に寝ていても秋を感じられます。
来月はいよいよ紅葉月、早く元気になって色々巡りたいと思っております。

投稿: いけこ | 2011.10.07 15:16

こんにちは、まろぷう様

紅葉と違い、金木犀は咲き始めるまではほとんど気にしませんのに、香り始めて、あ、ここにも木が!と気づかされるのです。
思いもかけず、辻を曲がったところで薫りがしたり。
この時期は夜のお散歩をしたくなります。
わんこみたいにくんくんして、香りを探しながら(笑)。

しかし、夜は随分と涼しくなりましたね。
まろぷう様も新しいお仕事環境や夏のお疲れが出だすころでは。
どうぞ、ご自愛下さいませね。

投稿: いけこ | 2011.10.07 15:22

こんにちは、外付け胃袋様

中身はきくらげとこちらも秋の味覚、ゆりねが入っていました。
魚河岸揚げって、関西に売っているのかしら??
今度、探してみまーす。
はんぺんみたいなものでしょうか?
しかし、はんぺんもあんまりないのですがー。
多分、人生で3回くらいしか食べたこと無いです。
ちなみに、ちくわぶは見たことも食べたこともありません!

投稿: いけこ | 2011.10.07 15:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/52871894

この記事へのトラックバック一覧です: 秋来ぬと:

« 秋めいて来ましたね。 | トップページ | 豆名月 »