« 百日紅のある景色、御所九条池拾翠亭ほか | トップページ | お江戸にいます。 »

2011.08.31

六道参りと五条坂の陶器市・大文字送り火2011

お盆も終わり、八月も終わろうとしています。
そろそろ単衣の着物をと長襦袢の半襟を付け替えていたら、爪の間にぶっすりと針を刺してしまい、あまりの衝撃に悶絶した粗忽ものの私。何の拷問なの・・・。痛い!!
悶えているうちに、お豆腐やさんが通り過ぎ、絹ごし買いそびれて、二重のダメージ・・・。とほほ。
耳が悪いので、姿を見失うと音では追えないのよ・・・。


さて、ちょっと前の記事になりますが、京都での毎年恒例のお盆行事を。


Img_3512


お精霊さん(おしょらいさん)をお迎えに、「六道珍皇寺」へ六道まいりに参ります。
有難いことに、こちらは宗派問わず、そして、ご供養の水塔婆には戒名でも俗名でもお願いできます。

Img_3514


まずは門前にて高野槙等を買いまして。

Img_3513

こちらのお迎え鐘をごーんと引きます。

Img_3515


六道の辻のみなとやさんでは、幽霊子育て飴も売られます。

Dscf6388


六道さんでは、この六道まいりの際のみ授与されますご朱印がございます。
紺紙金泥の御朱印です(右側)。今年初に頂いたのは、「日光菩薩」のご朱印。
他に「本尊薬師如来」「閻魔大王」「小野篁卿」「月光菩薩」(日光・月光は一年交替)のご朱印がございます。


今年は相方のところは初盆でしたので、宗派真言宗の六波羅蜜寺へも。

Img_3518

こちらでもえいやっと引いて参りました。


Img_3508


お迎え鐘を引いた後は、五条東大路を越えて蓮の咲いた橋を渡って大谷本廟(西大谷)へ。
今年はバタバタしてたので、恒例の祖母との春のお彼岸へ行けませんでしたので、お墓の掃除に。
私、今、プータローですから(笑)。


Img_3509

あっつい最中でしたので、お墓に向かう途中は誰もいなくて肝が冷えます(笑)。
でも、やはりお迎えの時期、お墓に立ち入ると、皆様お迎えのご準備されておられました。
偶々祖父のお墓の3軒お隣の方とご一緒になり、お話ししながら掃除していると、なんとお孫さんの通っておられる大学と私の出身学科まで一緒なのが発覚。
これも仏縁かしらねぇ。そういえば、祖父のお墓からは、私の学部校舎が見えるのでした。


Img_3505


そして、この時期(8月7~10日)、五条坂では陶器市が開催されます。
京都の清水焼だけでなく、有田、備前、常滑など全国から集まります。
これも京都の夏の風物詩。
大正9年、「六道珍皇寺」にお精霊さん(おしょらいさん)を迎えに行く人、
また大谷本廟(西大谷)へお盆の墓参りに行く人が五条坂を賑わせていた時に、
五条坂に店を構える陶器屋が登り窯で出た大下(おおげ)を売り出したのが始まりです。
夜11時くらいまで、お店は開いています。

今年はひやかしただけで帰ってきてしまいました。


そして、16日のお盆の最終日は、六道さんの迎え鐘にてお迎えしたお精霊(おしょらい)さんをお送りします。

Img_3577

望遠めいっぱい左大文字、てんてんと火床が組まれているのが見えるでしょうか?

Img_3583

Img_3592

まずは、東側の大文字。

Img_3596


そして北側、一昨年からマンションに隠れてしまった(泣)、妙法の法。


Img_3602

同じく北側、舟形。

Img_3604

舟形よりちょい西側の左大文字。今年もちょいとフライング点火気味。

Img_3605


カメラのモードを変えて、こんな感じ。二つを入れようとするとどうしても小さくなりますね。

8時より順に点火。
大文字→妙法→舟形→左大文字→鳥居形と点ります。
今年は大文字点火の前に、黙祷を致しました。

人(大文字)が経を聞き(妙法)、彼岸への船に乗り(舟形)、
お精霊となり、全ての方を乗せ(左大文字)、彼岸の入り口(鳥居形)に向うそうです。


Dscf6376


今年は、あき様が遊びに来てくれました。
浴衣をくるくる着付けて、ご一緒に。
帯結びはかわいく!とのご所望でしたので、大きな蝶々が止まったようにしてみましたー。
藍染の浴衣はお母様のものだそうです、私の帯がまるであつらえたようにお似合いでした。
かわいいなぁ。うふふ。


Dscf6381

うちの相方と夢中になって撮影中(笑)

わずかに秋の気配、風の涼し、焔送り。
左大文字の焔を映して、三人で無病息災と乾杯。
お精霊さんは、ご一緒に京都の夏も連れて行って下さいます。
お陰様で大文字の後、数日は随分と涼しい京都でございました。

参考

写真:六道まいり(2011年8月8日)・送り火(2011年8月16日)

|

« 百日紅のある景色、御所九条池拾翠亭ほか | トップページ | お江戸にいます。 »

コメント

耳の方は相変わらずですか?
あせらず、無理せず、ぼちぼちとね(*^_^*)

今年は残念ながら木曜日は重ならなかったので六道詣りにはいけませんでした。

それでもぎりぎりまで画策してたんですけどね、失敗に終わりました^^;ヾ(^^;

投稿: Milk | 2011.09.01 01:16

夏の風物詩ってやつですかね。
京都は季節感があって良いですなぁ。
我が家は盆踊りがうるさいくらいです。
花火も見に行ってないなぁ。
なんだかなぁ。

おっと、陰になっちゃいましたね。

浴衣がお似合いでうむうむって思っていたら、その次の画像が衝撃的で。
大いに笑かして頂きました。
ありがとうございます!
おちゃめですなぁ。

あ、針。
ここは敢えておっちょこちょいーと笑わせて頂きます。
化膿してませんよね?
ならなめておけば治りますよん。

投稿: 外付け胃袋 | 2011.09.01 23:40

いけこ様は耳ですね。ひいらぎは目です。
目も大変で 片目なら見えるのですが 片目がぐにゃぐにゃになるのです。
本が好きな私としてはつらい話です。
お互いに大事にしましょうね。

投稿: ひいらぎ | 2011.09.03 14:10

大文字nightご一緒させていただけて、素敵な時間の流れに浸れました。ほんとにありがとうございました☆
でも!なんと隠しショットが!くわぁっ!(◎_◎;)

投稿: あき | 2011.09.04 12:10

こんにちは、Milk様

残念ながら、耳は良くなりませんねぇ。
ぼちぼち参りますわ。
でもね、人間ってすごいなって(笑)。
耳が聞こえなくなると、余計に鼻がきくようになりましたー!
ふふふ、いいにおいに敏感に。

投稿: いけこ | 2011.09.15 15:31

こんにちは、外付け胃袋様

京都でも大阪でも盆踊りはあるのですよー。
ただ、地蔵盆の後にするところもあり、八月の最終週にしたりして。
ちなみに、お江戸では地蔵盆って無いのでしたっけ??
花火は私も見に行ってません!
お江戸でたまやー!かぎやー!って言ってみたい!

針、痛かったです(泣)。
爪の色が変わってしまって!!ぎゃー!
なので、お会いする際は爪塗って誤魔化してました。たはは(笑)。

投稿: いけこ | 2011.09.15 15:35

こんにちは、ひいらぎ様

お目目のお具合はいかがですか?
私も本が好きなので、読めなくなったら!?と慄きます。
他人事ではございませんよぅ。心配です。
おつらいですよね。
どうぞ、少しでも早く良くなりますように。
丁度、今日病院帰りに、四条祇園に参りましたので、仲源寺のめやみ地蔵さんへひいらぎ様のお目をお願いして参りました。

めまいは耳や脳からくる場合も多いそうです。
眼科に加えて、脳外科や耳鼻科もあわせて治療なさるとよいのかもしれません。

投稿: いけこ | 2011.09.15 15:41

こんにちは、あき様

いやいや、お付き合い下さいまして、こちらこそ有難うございました!!
めっちゃ楽しかったです~。
そして、浴衣姿の可愛らしいこと!
またまた、お出かけしましょうねぇ。
付き合って~。

投稿: いけこ | 2011.09.15 15:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/52540548

この記事へのトラックバック一覧です: 六道参りと五条坂の陶器市・大文字送り火2011:

« 百日紅のある景色、御所九条池拾翠亭ほか | トップページ | お江戸にいます。 »