« 端午の節句 | トップページ | 松尾大社の山吹、賀茂川の芥子菜 »

2011.05.06

京都桜便り2011 おまけ 名残の桜(雨宝院)御衣黄色変遷

今年の桜は随分と息が長うございました。
例年では、GW辺りには遅手の里桜系で残っておりますのでも、散り盛ん~葉桜であったりするのですが。
あ、比叡山の桜や京都北部の桜はは別ですよ。あくまでも、市内のお話です。

京都には様々な桜がございますが、こちらの御衣黄(ぎょいこう)はかなり変わった部類だと思います。
江戸時代に仁和寺にて栽培されたのが始まりとのことですから、殊更、京都に縁有る珍しい桜かと。
こちらのお花は、花心に日数の紅筆が降りてゆくのが特徴ですよ。

Img_1224

まずは、咲き染め(4月23日)。


Img_1338

中盤の紅が乗り出した頃(4月29日)。


Img_2165


散り初めの緑がもっと薄くなった頃(5月1日)。

散るときは、花びらではなく、花房ごとほとほとと散り落ちます。


kame様、いかがでしょうか?
ちょっと撮影した枝が同じでなく、正確さに若干かけますが、こんな感じで色変遷します~。

Img_1353


この日(4月29日)の雨宝院では、歓喜・観音桜はすっかり葉桜。
松月桜が名残の花吹雪、御衣黄桜も紅装いをしきりと始めておりました。


参考

写真:2011年5月1日 雨宝院

|

« 端午の節句 | トップページ | 松尾大社の山吹、賀茂川の芥子菜 »

コメント

おはようございます
御衣黄約一週間の花の移り変りがよく解ります
比較的近いとはいえ、何回ものご訪問お疲れさまでした
しかし毎回色んな雰囲気が味わえるのも雨宝院ですね(と言い訳)
相変わらずいけこさまはGW楽しまれてますね
私は前述のごとく30日~6日はイベントと設営に追われます
他に趣味の方で29日に岡山3日~5日は近くで大きな催しが
何回か抜け出して行ったり来たりしますが一旦イベント会場
抜け出すと後は駐車場は段々遠くになります
ある程度でビールが欲しくなると車は使えませんが
と言うわけで年に三回程ある体力勝負の一週間でした
今年は久し振りに来場者が多く活気がありました
震災関連イベント、ガンバロウ日本の1300人、人文字
空撮して、裏にメッセージを書いて被災地の学校へ
夜は1000本のローソクに慰霊を込め点灯「祈」3.11
小高い場所から見るとうるうるしそうに綺麗でした
10時間に及ぶジャズコンサート等久し振りに楽しめましたが

投稿: kame | 2011.05.07 09:11

こんばんは、kame様

同じ枝で撮影できれば、なお正確でよかったのでしょうけれど。
なかなか、もう終わってしまっていたり、タイミングが難しくて。
大体の雰囲気がおわかりになるかなという具合で、ご勘弁を。すみません~。
kame様のお陰で、雨宝院の桜絵巻を楽しむことができましたわ!
歓喜・観音桜の満開と散りを見れましたし、御衣黄の色進み具合をはっきりとや落ち椿に牡丹に降りかかる花吹雪、まるでぼたん雪に咲いているかのようなクリスマスローズも見ることができました。
有難うございました~。

kame様のGWも行事やお仕事が目白押しだったのですね。
どうぞ、お疲れのでませんよう。

投稿: いけこ | 2011.05.09 18:49

三枚ともレンズが違うのですね
三枚目は縦横比が以前のと同じなのでコンデジかなと
考えたりしましたが上手く撮ってるのでよく解りません
花等のアップが増えそうですね
それにしても色々と機能があるので使いこなすのがね
いけこさまに負けないように腕を磨きます
と言ってもパナソは1年が来ますが買った解説本
開いた事ありません、あ~あ~

投稿: kame | 2011.05.12 18:07

おはようございます、kame様

まだ上手に素早くレンズを換えることができませんでして、三枚とも違うカメラやレンズで撮影することになってしまいました。
そして、デジイチは動画を撮影するとバッテリーを本当によく食います・・・。
まだ、搭載機能の10分の1くらいしか使えてないと思います(焦)。

お花とあとは和菓子もアップで撮影したいなぁと思ってます!

投稿: いけこ | 2011.05.13 09:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/51532087

この記事へのトラックバック一覧です: 京都桜便り2011 おまけ 名残の桜(雨宝院)御衣黄色変遷:

« 端午の節句 | トップページ | 松尾大社の山吹、賀茂川の芥子菜 »