« 京都桜便り2011 その5 永観堂 | トップページ | 京都桜便り2011 その7 雨宝院 »

2011.04.25

京都桜便り2011 その6 宮川町歌舞練場付近川端・醍醐寺

Img_0792

ちょっと日付が前後してしまって申し訳ないのですが、10日の満開ソメイヨシノをお届致します。
この日は、こちらにも度々コメントを下さいます、友人のあき様とご一緒にお出かけでした。
あき様のご厚意で、なんと!宮川町の「京おどり」を堪能して参りましたの!
それも、一等席茶券付き!
まずは、立礼のお茶を頂き、春らしい鶴屋さんの薯蕷饅頭と共に。(宮川町は写真禁止です)
入口では舞妓さん芸妓さんが募金箱を持って立ってらっしゃいました。

大学時代、「鴨川をどり」を鑑賞して以来の、久しぶりの花街のをどり。
宮川町の気風、気楽さを表してか、こちらのをどりはおどり。
満開のソメイヨシノに負けじと、芸舞妓さんたちは大変華やかで、特にフィナーレの総踊りは圧巻!
耳に残る「宮川音頭」と共に、春の京都を楽しんだのでございました~。

Img_0782


Img_0805

枝よりも あだに散りにし 花なれば 落ちても水の 泡とこそなれ
古今和歌集 巻第1 春歌下 81 菅野高世

「京おどり」を堪能した後は、醍醐の花見をも参ろうかと。
残念ながら、早手の霊宝館や三宝院の大枝垂れは散り終了でしたが、ソメイヨシノはまさに満開。

Img_0824


見上げれば、花波が滔々と寄せてくるようで。
しかし、この写真の下は、桜に負けじとものすごい人出!!
大河の「江」の影響でしょうねぇ。


Img_0868

Img_0858


五七の桐の幔幕廻らし、太閤醍醐の花見を彷彿と。


Img_0822

白壁に映す花影は、花幻燈。


Img_0853

この日は、花街にお出かけとはでかなり気おくれが致しましたが、ええぃっと着物にてお出かけしました。
花爛漫の日に相応しいよう、帯はチューリップ意匠、帯締め・根付はもちろん桜。
濃いめの藤色の江戸鮫小紋は、次の季節の先取りとして。

Dscf6191

Img_0704


半襟は桜流水の地紋に、手刺繍の姫小松・梅・竹・菊の縫い取り(相方にバレンタイン+お誕生日で買ってもらいました!喜)にてお出かけ致しました。
半襟の写真は、ちょっと別の日ですみません・・・。
そしてその日(2日)はめっちゃ寒かったので、私、鳥肌たってます(笑)


目にも、身にもの春桜花、いや、春謳歌でございました~。

参考

写真:2011年4月10日 宮川町歌舞練場付近、醍醐寺

|

« 京都桜便り2011 その5 永観堂 | トップページ | 京都桜便り2011 その7 雨宝院 »

コメント

げっ!
桜のピアスは私も見ているんですね?
気が付かなくてすみません。
と思いましたが、初対面の既婚女性のピアスまでチェックしているのも、男性としてどうかと……と、自分を納得させる事にしました。
この紫の御着物はなんか見た事ある気がしますが、二度目の時の御着物の様子も詳細に覚えている訳ではありません。
つっこまれる前に謝っちゃいまーす。
重ね重ねすみませぬ。

桜、満開ですね。
すごく良いタイミングで京おどりだったんですね。
桜の下で飲まないなんて関東ではちょっと考えられないイベントかもです。
典雅ですなぁ。
で、京おどりってのは舞妓さんが踊るんですか?

投稿: 外付け胃袋 | 2011.04.25 23:13

舞妓さんに負けないぐらいの別嬪ぶりだったのでは?♪(^◇^)

藤色の江戸鮫小紋にチューリップの帯
素敵です~(^_^)v

投稿: Milk | 2011.04.26 15:11

おはようございます、外付け胃袋様

あはは、そういえばそうですよねぇ~。
あ、でもでもっ!初対面のすーちゃん様にはかわいいねと言われましたわ。
やはり、男性と女性で目の付け所が違うのでしょう!

まさに、満開の桜にあわせたかのように、おどりの鑑賞が出来まして、素敵なひとときでした。
京都で「をどり」や「おどり」といわれるものは、各花街ごとに丁度3月~5月頃、各歌舞練場にて上演されます。
あ、他に秋にもありますね。
花街に籍を置いている芸舞妓さん達による、舞あり、謡あり、歌舞伎や狂言や能を題材にした演目ありと見所いっぱいでございます。
歌舞練場はそれほど大きくない為、間近にて芸舞妓さん達を拝めるのも、また嬉しいところでございます。

投稿: いけこ | 2011.04.27 10:27

おはようございます、Milk様

いやいやいや!十代の舞妓さんなんておこがましい!!
芸妓さんよりももっと年上ですから・・・(笑)。
しかし、皆様、あでやかでございましたわ~。

そろそろ藤の季節ですので、チューリップは交代。
次の帯は、博多正絹で出番でございますー。

投稿: いけこ | 2011.04.27 10:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/51459873

この記事へのトラックバック一覧です: 京都桜便り2011 その6 宮川町歌舞練場付近川端・醍醐寺:

« 京都桜便り2011 その5 永観堂 | トップページ | 京都桜便り2011 その7 雨宝院 »