« 「伏見銘酒協同組合 酒蔵開き」と「東山雑記」6周年 | トップページ | スイス雑記 その13 郵便バスでマイリンゲン~グローセシャイデック~グリンデルワルドへ アーレ峡谷とグリムゼル峠越え »

2011.02.16

スイス雑記 その12 氷河特急でツェルマット~アンデルマット 郵便バスでローヌ氷河のあるフルカ峠越え 

これ以上悪くなりようがないと思っておりました職場。
ぎりっぎりになってまた、上司がシステムがわからんとまるっと仕事を投げ出され、他部署も困り、私も困り、業者も困るということに。
ていうか、去年から何度も打ち合わせに行ってて、何で発注がかかってないの!?
私に投げ出され、一昨日になって初めて話が進みだしましたが、10分で済んだやん!今までかかっていったい何してたのー!?
そして、頼みの綱の館長がご家庭の事情で退職することがわかりました(泣)。
もう、どうしたらいいのよ・・・。
厄年って、本当に厳しい・・・・。


Dscf0396


というわけで、ストレス解消のアップ。※写真は朝焼けマッターホルン(@ツェルマット)。
ご訪問の皆様には、恐らく忘却の彼方でございましょう、2009年秋のスイス記事続きアップです(汗)。
前回の記事は、すみません・・・去年の6月・・・こちら(笑)。


2009年9月22日 10:13 

Dscf0417


ツェルマットより、『グレッシャー・エクスプレス(氷河特急)』にてアンデルマットヘ。


Dscf0418

『グレッシャー・エクスプレス(氷河特急)』は、ツェルマットとサンモリッツの間で運行しています。
“特急”と名前が付いていますが、路線は急勾配に急カーブもあり、一部山岳鉄道と同様のアプト式で、高速運転はできません。
そのため「世界一遅い急行(特急)」とも呼ばれているそうです。

Img_0429

全車両が空調完備のパノラマカーで、座席には日本語を含む6ヶ国語で説明が聞けるヘッドフォンなどが装備されています。
この日はお天気が大変よく、めっちゃ眩しく、そしてものすごく暑い。
車内にいるのにサングラス+帽子が必須、半そでで乗車しました(笑)。

Img_0431


Dscf0434


食堂車はありませんが、予約をしていると座席にてお料理がサーブされるようです。
かわりに、一両ラウンジの車両がございます。
私たちは、景色を楽しみながら、暑かったのでビールと冷えた白ワインを頂きました。

Dscf6110

今では列車の性能も上がり、まっすぐの普通のグラスですが、この氷河特急の名物、斜めグラスがございます。
列車の急勾配に対応するため、このようなくきっと曲ったグラスを使用していたそうです。
こちらは、今ではお土産になっております。


Dscf6107


乗客全員に、このような乗車記念証が発行されます。

「2010年7月23日にマッターホルン・ゴッタルド鉄道区間内のヴァリス州フィーシュ付近(ラクス駅 - フィーシュ・フェーリエンドルフ駅間)で氷河急行列車の一部車両が脱線し、転覆する事故が発生しました。たくさんの日本人観光客の方々が負傷し、亡くなられた方もいらっしゃいます。事故の原因究明・保障及び今後の安全対策を講じてもらえるよう願ってやみません」

13:00頃 

Dscf0444

アンデルマット着、石畳のある可愛らしい町です。


Dscf0440


お昼御飯は、ラクレット。
あつあつのチーズをゆでたジャガイモやピクルスと一緒に頂きます。
チーズフォンデュもいいですが、こちらも美味しいです~。


Dscf0447


レストランを出て振り返ると、次発の氷河特急がコトコト降りてきていました。

Dscf0449


Dscf0450

アンデルマットからは、郵便バスに乗ってフルカ峠へ

Img_0514

郵便バスとは、スイス山々に点在するの集落と集落を結ぶ郵便屋さんです。
黄色の車体でうねうねと曲がるヘアピンカーブを、独特のクラクション(アコーディオンの音をラッパのように大きくした感じ。普通車のクラクションと違い何だかユーモラスな音です)を鳴らし、見事なドライビングテクニックでもって、そして結構な早さ(笑)でトコトコ走っています。
郵便バスの仕事は山奥に行けば行くほど増えていき、郵便物の集配、新聞配達と販売、農産物や乳製品の出荷も行い、もちろん交通手段として人も乗っけて運びます。
隔絶された集落と集落を結ぶ、いわば、ライフラインのようなものですね。

Dscf0462


絶景のフルカ峠を越えます。

Dscf0454


Dscf0463

Img_0506


ローヌ氷河を見ながら、小休止です。
ローヌ氷河は、フルカ峠(2,431m)とグリムゼル峠(2,165m)に挟まれた谷に流れる氷河です。
溶けて流れた水は、ローヌ川となるのです。
昔はローヌ谷まで延びていたそうですが、現在ではフルカ峠を下ったグレッチェ3km程上流まで後退しているそうです。それも温暖化のせいで、年々どんどん後退してきているとか。
スイスの子ども達は、ここに遠足に来て地球環境のことを学ぶそうです。

Dscf0456

こちらの氷河は、トンネルのようになっており、中に入ることが出来ます。


Dscf0458


トンネルをくぐって氷河の中は、なんと神秘的で静謐な蒼。

参考

写真:2009年9月22日 ツェルマット~アンデルマットにて

|

« 「伏見銘酒協同組合 酒蔵開き」と「東山雑記」6周年 | トップページ | スイス雑記 その13 郵便バスでマイリンゲン~グローセシャイデック~グリンデルワルドへ アーレ峡谷とグリムゼル峠越え »

コメント

唐突ですが、海はなんで青いんでしたっけ?
氷の洞窟が青いのを見て思い出しました。

お仕事、厳しいですね。
世の中上には上がおり下には下があるもののようです。
とりあえず、新しい館長さん(きますよね?もしかして上司が昇格?)を味方につけましょう!
あと、あまり我慢をしませんように。
溜めて良い物はお金くらいです。

で、スイス。
暑い=ビールって公式は無いよなと思いつつ。
列車も走っているところも世界の車窓からに出てきそうですね。
ファンはたまらないんだろうなぁ。
私も憧れはありますが、実際に行ったら退屈しそうで。
食欲がつっぱしる俗な人間なのでございまする。
なので、ラクレットが美味しそう!
じゃがいも!
チーズ!
うひょう!
10皿くらい頂きたいでっす!

投稿: 外付け胃袋 | 2011.02.17 00:25

どんどん、追い込まれとりますね・・・涙

新しい館長さんも良い人だといいですね。

しかし、厄除けを跳ね除けて襲ってくる本厄(上司殿)・・・
おそるべし。

投稿: 写真屋ナオヤ | 2011.02.18 13:16

こんにちは、外付け胃袋様

光が関係しているのでは?と記憶してますが。
空が映ってる訳ではないですよね?
あ、あれ(汗)?

溜めて良いのは、お金くらいですよね!
あと、年代物の梅酒(笑)!
グリーン当たらないかな・・・。
というわけで、こちらではき出して、皆様から頂く慰めに癒されます。
ホント、ご厚意に甘えてばっかりですよぅ。すみません。

暑い=ビールは公式です!
夏のあっつい時に飲むビールは最高じゃないですかー!
ラクレットは美味しかったです!!
薄く切ってありますが、結構チーズが大きく付け合わせにおじゃがもありますので、ボリュームがありますよ。

投稿: いけこ | 2011.02.18 16:57

こんにちは、ナオヤ様

昨日更にもうひとつ厄が・・・。
明日、モンハンやる前に、愚痴を聞いておくれよ(泣)。
ジエンやりたいから、お供にバリスタのスキル覚えさせておくとよいよー。
うちは慶次に龍耐性とバリスタつけました。

投稿: いけこ | 2011.02.18 17:05

集会所のジエンできるかなぁ・・・
まだ下位だし、HR足りないかもしれません。

でも、愚痴も本厄もどーんと来い!!

村クエのジエンはオトモ2匹にバリスタを付けて
ボクは砲術師と高速採取で望みました。

今晩ですよね?メールお待ちしております。

投稿: 写真屋ナオヤ | 2011.02.19 12:34

こんばんは、ナオヤ様

土曜日は有難うございました!!
うまく上位に上がれてよかったですー。
毎度、愚痴にモンハンにビールにおつき合い下さいまして、有難う。
次は上位のジエンをよろしく。

投稿: いけこ | 2011.02.21 19:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/50881166

この記事へのトラックバック一覧です: スイス雑記 その12 氷河特急でツェルマット~アンデルマット 郵便バスでローヌ氷河のあるフルカ峠越え :

« 「伏見銘酒協同組合 酒蔵開き」と「東山雑記」6周年 | トップページ | スイス雑記 その13 郵便バスでマイリンゲン~グローセシャイデック~グリンデルワルドへ アーレ峡谷とグリムゼル峠越え »