« お陰様で | トップページ | 伏見酒蔵開き »

2011.02.12

京の雪景 大徳寺龍源院

暦では立春を迎えたとは言え、“着更着”の二月はまだまだ寒うございます。
昨日は案外京都市内の雪は積もらず、早朝はうっすらと雪残りでしたが、午前10時頃にはすっかり溶けていました。
なので、思ったよりも雪景色を拝めず。
ですから、1月7日の雪景色をお届け致します。
ちなみに、職場は今雪降ってます(笑)。


Dscf5985

阿吽の石庭、此度は阿雪吽砂の妙。
庫裡書院南軒先、滹沱底(こだてい)。

Dscf5988


Dscf5992

雪まろし、残雪幽趣、日煌めき、陽光有徳。
方丈前石庭、一枝坦(いっしたん)。

Dscf6000


調べは全て、雪に籠め、影の旋律、陽の楽章待ち。
方丈の裏北庭、竜吟庭。


Dscf6100

濡れ石の艶、雪の名残を留めてか。
東の壺石庭、東滴壺。

こちらのお庭、雪が降るとこんな様子になります。


122

(2008年2月12日撮影)

青女(せいじょ)が書きし、雪の一刷毛。
いつかもう一度見てみたいのです。


参考


写真:2011年1月7日 大徳寺龍源院にて 
    最後の一枚のみ、2008年2月12日 撮影

|

« お陰様で | トップページ | 伏見酒蔵開き »

コメント

休日出勤ご苦労様です!

まだまだ寒いのでまたぶり返さないよう気をつけてね♪(^o^)丿

投稿: Milk | 2011.02.12 22:34

こんにちは。
雪の大徳寺・・・大好きな風景ですよ。
高桐院の参道もいいし、こんな庭めぐり
もいいですよね。この小さな坪庭のシンプルな
雪景色は京都ならでは・・・。
なんやかんやあって1月中旬の雪以来上洛
果たせず・・・まあ1回銀閣周辺の雪景色
が見られたので今シーズンは良しとしときます。
いけこさんの方もシスターズともども患ったインフルエンザとか、なんやかんやら大変でしたね。楽しく冬を過ごしましょう^^;

投稿: 一休 | 2011.02.13 15:53

こんにちは、Milk様

中谷さんのチョコレートはいかがでした?
本当に今年は雪が多いですねぇ。
立春とは思えないほどですわ~。
Milk様もどうぞご自愛下さいね。

投稿: いけこ | 2011.02.15 13:27

こんにちは、一休様

そうなんですよ~。
普段の枯山水のお庭が、雪にて様変わりする姿は優美な印象を受けます。
特に、白砂の起伏があると余計に感じますねぇ。
高桐院はもう雪が無い様子でしたので、今回はこちらへお邪魔しましたの。

まだまだ3月の雪も可能性がありそうですよ。
一休様もお仕事お忙しいご様子ですが、ご無理なさらず、どうぞ息抜きに京都めぐりにいらしてくださいませね。

投稿: いけこ | 2011.02.15 13:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/50829283

この記事へのトラックバック一覧です: 京の雪景 大徳寺龍源院:

« お陰様で | トップページ | 伏見酒蔵開き »