« 冬はつとめて | トップページ | まねき上がりました! »

2010.12.02

京都紅葉便り2010 その5 大原 実光院・勝林院・寂光院

「春すぎ夏きたて北まつりも過ぎしかば、法皇夜をこめて大原の奥へぞ御幸なる」

『平家物語 灌頂巻』 大原御幸

流石に、夜をこめてとは参りませんが、11月20日に大原御幸と相成りました。
紅葉の名所、三千院はもの凄い人出。
ぐるりと巡り、早々に辞して、次はお気に入りの実光院へ。
こちらは、この時期に咲く珍しい不断桜があり、観桜と紅葉見が揃いで行えるという僥倖。


Img_1777


誰もおらず、ならば、緋毛氈にて寝転びて、紅葉と桜をば枕屏風に仕立てたき。

Dscf5339


紅葉満つ、律川より流るるは、丹朱の岩絵の具。

Img_1798


Img_1788


並び立たずの二季節、どちらが待ちて、どちらが追うて、焦がれたか。

Dscf5325


名に負いし絶えず心の桜花、秋を思うてか、ほんのりと紅装い。

Dscf5335

水に抱かれ、落花、朽ち葉の眠り、終は共に。

(実光院)


次ぎに、入口には人が溢れますが、意外と中へ参拝する人が少ない勝林院へ。
テープではございますが、天台声明が流れ、それが耳に心地よく、うっとりと紅葉を眺めました。


Img_1869

秋空高く、苔滲み、紅葉燃ゆ。


Dscf5353

見通せば、赤橙の一幅紅葉。

Dscf5349

おや、ここにも、紅葉がござれば。


Dscf5368

Img_1855

本堂を護る様にか、紅葉陣幕。


(勝林院)


三千院・勝林院辺りから少々離れ、寂光院へ。
残念ながら、本堂は平成12年に放火によって焼失し、平成17年に再建されたものです。
ですが、山里の侘びた佇まいは、往時を偲ぶよすがとなりますでしょう。

Dscf5411

Dscf5422

女院の隠れたまひし、紅葉をば、心慰め。

Img_1903

Dscf5427


「池水に みぎはのさくら 散りしきて なみの花こそ さかりなりけれ」 後白河法皇

今はただ、もみじ葉こそが盛りなれ。

(寂光院)



勝林院は天台声明の地。
目に彩な紅葉を眺めている間、端正な阿弥陀様を拝む間、滔々と流れる声明が何とも良き心地でございました。

参考

写真:2010年11月20日 大原(実光院・勝林院・寂光院)にて

|

« 冬はつとめて | トップページ | まねき上がりました! »

コメント

大原の紅葉、良いですねえ。
今年はタイミングを逃しちゃったからなあ。
来年は是非訪れてみたいです。

それにしても、声明と紅葉のコラボは素晴らしい。
良いものを見せていただきました。

投稿: なおくん | 2010.12.03 21:32

>ならば、緋毛氈にて寝転びて
まさか本当に寝転んで撮影したりしてませんよね?
眺め上げる紅葉はとても綺麗だと思いますが、そこまでの贅沢はできませんやねぇ。
1時間貸切みたいなのはあるんでしょうか?

桜と紅葉が並んで見られるとは思っていませんでした。
そんなところが日本にあるのですねぇ。
勉強になりました。
赤と並ぶと桜の白がまぁ可憐で。
どっちも綺麗だなぁと思いました。

今回のお気に入りは実光院の4枚目でーす。
影が大変グーです。
写真上手ですね!
指は大丈夫ですか?

投稿: 外付け胃袋 | 2010.12.04 00:24

最近は冬の寒い時しか行ってないんですよA^^;
今年も大原の紅葉、見損ねたなぁ。。。

投稿: Milk | 2010.12.04 10:27

おはようございます、なおくん様

大原は、私、意外と紅葉の時期に訪れることが多うございますの。
実光院が好きでして。
今年、初めて紅葉の時期にいつものぞくだけの、勝林院を拝観しまして。
声明につられての拝観でしたから、仏縁がございましょう(笑)?
本堂にて、声明を聞きつつ、随分とぼおっとさせて頂きました。
是非、紅葉の時期にお訊ね下さいましね。


投稿: いけこ | 2010.12.07 09:22

おはようございます、外付け胃袋様

お陰様で、痛みもだいぶ良くなり、関節の可動域も広がって参りました。
ただ、まだ握る動作に痛みがかなりあり、年内はしばらく、養生が必要なようです。

さすがに寝転んでの拝観はできませんねぇ。
でも、内心では寝ころびたいのです(笑)。
紅葉と桜が一緒に見られるとは贅沢でしょう?
お庭も、どの季節に参りましても、茶花があふれ、この時期は実物が豊富。
南天・赤・黄色の千両・万両・カラスウリなどが。

大原の新緑も素晴らしいのですよ。
是非、ご案内したいですわ~。

投稿: いけこ | 2010.12.07 09:26

おはようございます、Milk様

是非、来年の紅葉は大原をコースに!
もちろん、新緑の時期も素晴らしいので、5月頃もお勧めなんですよ~。
でも、やはり紅葉の大原はすごい人でして。
覚悟はしてましたが、早朝か平日が狙い目でしょうねぇ。

投稿: いけこ | 2010.12.07 09:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/50119490

この記事へのトラックバック一覧です: 京都紅葉便り2010 その5 大原 実光院・勝林院・寂光院:

« 冬はつとめて | トップページ | まねき上がりました! »