« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010.12.29

有難うございました!!

29日の本日より、相方の実家、岡山へ帰省しております。
皆様、コメント大変ありがとうございます。
お返事は、新年京都に戻りましてから、改めまして。
本当に有り難うございます。

6年目の年越しを迎えました。
今年も多くのブロガーさんと交流が出来、ネット上だけでなく、
賑やかにわいわい楽しく皆様と過ごさせて頂きました。
ご縁は丸く、和やかに、幸せでございました。
ここ数ヶ月は、仕事上でバタバタしており、ご迷惑やご心配をおかけし、申し訳ございませんでした。
皆様からのコメントを、どれほど心強く思ったかしれません。

皆様、有難うございました。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
新しき年が皆様にとってよい年でありますように

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010.12.26

顔見世、千秋楽!

顔見世、千秋楽!
満員御礼!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.12.24

まどろみのような、幸せ

まどろみのような、幸せ
まどろみのような、幸せ
昨日は、シスターズ、あにすさん・二人静さん・私でmaikyさん邸にのんびりお邪魔させてもらいました。
丁度お昼時。
二人静さんはル・プチメックのパンを持って来てくれ、私は相方実家から届いたコールマン(ブドウ)や常備菜をそれぞれ持ち寄り。
maikyさんは、野菜たっぷりシチューと美味なる自家製ワイン梅酒を振る舞ってくれ、みんなでクリスマスイブイブ〜!と乾杯!

お茶のインストラクター猛勉強中の二人静さんに、薫高いお茶の数々をお裾分けしてもらい、乙女缶発注したり、途中でまめさんがパン持って合流したり。

旅行皆で行かない?とか、手帳買った?とか、この前どこ行った?何が美味しかった?この本読んだ?など、ぬくぬくこたつにまるまって、ほろほろしゃべって笑って。
あぁ、皆、心配してくれて、呼んでくれたんやなぁ。
この前のシスターズ忘年会でも、まけ姐が愚痴言いなさい!なんでも聞くよ!美味しいもの食べに行こう!って。
乙女さんもまっちゃさんも近所だから、いつでもお茶で気分転換どう?って。

シスターズの声は、私にまどろみの様な幸せをもたらす。
本当に、有り難う。

先ほど、私のブログに久しぶりに寄ったら、仲良くして下さる皆様から励ましのコメントがいっぱいで感激。
直接メールやお電話下さった方も、本当に、有り難うございました。

もうちょっと頑張ってみようと思います。

写真は、maikyさん宅の女子会とシスターズ利き酒師千夜ちゃんが送ってくれたお酒。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2010.12.20

帰りてー!

今日も、終電だよ…。
帰りてー。
家に着いたら次の日だよ。
きっかり六時間後には、また出勤かよ。
しんどいー。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010.12.18

だるい・・

あ~、もう、今日も今日とて休日出勤・・。
明日も出勤しないとヤバいかもなぁ。
昨日は、毎年終りがなかなか来ない職場の忘年会で遅かったのに。

庶務のせいだよぅ(泣)。
そして、調査書類、この仕事は上司の仕事だろう・・・。また、まる投げ・・・。

9日に調査書類が回ってきて、17日に出せって、どう考えても無理だってば。
うちの部署だけならなんとかなるけど、他にも人事や経理にも依頼部分を回して集計しないとなんないのよ!
他部署になんで私が遅いって怒られに行かねばならんのだ!
各部署トップは年末なんだから、みんな出張ばっかりだっつーの!
私を不憫に思って、どの部署も無理して早く依頼部分をくれたのに、肝心の庶務の依頼部分が16日の最後ってどういう量見だよ!
17日に提出してって言ったの、あんたのとこだろ!!

11月には、書類は届いてたはず!←添付の案内書の到着日付は11月19日だった
すぐに回せ!このミス、何回目だ!書類はあっためても、何も孵らん!!


結局昨日まで、庶務の調査書類にかかりっきりで、全く図書館の仕事ができてない。
一人でほぼ600冊分の製本を送り出すんだぞ!それも、日常業務もしながらな!
どう考えても連日残業+休日出勤しないと、21日に間に合うわけないだろ!!
手当も何にも出ないのに、精神的にツライ職場で、なんでこんなに働かされるんだよぅ、わーん!!

Rちゃん、ごめん。今日頑張るから、残ったら月曜日手伝ってぇ・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.12.12

お知らせ

私事で大変恐縮ですが、職場関連でただいま色々ともめておりまして、
大変、申し訳ございませんが、紅葉速報は終了させて頂きます。
12月、京都の残り福と言われる糺の森や名残の御所をお届けできないことが、大変残念ですが。
日々の余裕や気力が無いのが現状です。
皆様の御ブログの訪問、このところ間遠ではございまして失礼を申し上げましたが、コメントバック並びにメールバック等遅れますこと、ご容赦下さいますよう、伏してお願い申し上げます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010.12.10

とほほ・・・。

こちらでも度々毒を吐いて参りましたけれど。
7月に上司が替わってから、ホント仕事が嫌です。
就職して2、3年は、職場で女子職員数人にイジメに遭ってましたが(全員寿退社したので、今は問題なし)、当時も辛かったけれど四六時中一緒ではなかったので、今の方が正直ツライ。


仕事は全部こっちに丸投げ、他部署との調整はしない、業務進行を考えずに自分の思いついた事を思いついた時にやる(利用者の為とかぬかすが、「もう学長にいっちゃったからさー」と自分の評価のためなのが丸わかり)。
お陰で、日常業務に加えて上司の仕事がかさみ+上司の尻ぬぐいで業務が遅れる。
そのくせ、私の仕事が遅いと怒られる。
特に内容の全く無いミーティングに週一回一時間ほど時間を取られ、結局の所、私に対する個人攻撃で終始する。
意見を言えと言われて、言ったら逆ギレ、言わなければ、意見が無いのかとまたキレる。
どないせーちゅうねん。


月・火・水は、まだ非常勤の友人が居てくれるので大丈夫だけど。
木曜日の朝から晩まで二人っきりの職場はキツイぜ・・。
その時だけ、他に目が無いし、閉鎖空間からか、明らかに態度が違う。
昨日は、意味のわからんことで一時間立ったまま説教だよ。
モラハラやろ、こりゃ。
今日から、相方より借りたICレコーダーを持参した。
ICレコーダー持ってくって、一体どういう職場だよ・・・。

他部署や、人事、事務局長に一応SOSを出して、指導を貰ったら、その翌日は結局私に八つ当たりをされるので、意味分からん。
このご時世、何が証拠になるかわからんので、備忘録の為、ちとこちらに記しておく。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010.12.09

京都紅葉便り2010 その7 妙心寺大法院・法金剛院・鹿王院

11月23日は、偶然にも“院”と名の付くお寺さんばかりを巡る日となりました。


大きな寺域を持つ妙心寺、沢山の塔頭はございますが、常時拝観のできる所は数えるほど。
ですが、折々に特別公開があり、寄せて貰うことができます。
大法院もその一つ、こちらのお寺さんは、新緑の時期と紅葉の時期に公開されます。

Dscf5483

Dscf5493


秋にては、絢庭と呼ぶべし、紅葉をば、綾木と呼びたし。


Dscf5494


霜月は、紅葉の木を後背に。


(大法院)

妙心寺からは、ご近所の法金剛院へ。
こちらは蓮の時期が有名なのですが、紅葉も沢山ございます。
意外とそれは知られていないようでして、こちらのお庭は独り占めが出来ました。
こちらのご本尊の仏様が好きですので、まずは仏様のまなざしに見つめられ、それからお庭へぐるりと。


Dscf5510


花の寺ならでは、この時期は嵯峨菊が咲きそろっていました。


Dscf5513


Dscf5522


Dscf5528


Dscf5545


水際彩る錦繍の帯、紅葉の紅は花にまごう。

(法金剛院)


鹿王院へは、JR山陰線から嵐電で。
こちらのお寺さんへは、紅葉の時期に訪れたことがございませんでした。
去年、最高の時期にお出かけされました、お馴染みのkame様より情報を頂きましてねぇ。
ちょっと早いとは思いましたが、待ちきれず、参ってしまいました(笑)。
今年はデータ蓄積に。


Dscf5550


Dscf5551


木の葉を見ては 黄葉をば 取りてぞしのぶ 


Dscf5589

Dscf5556

青きをば 置きてぞ嘆く そこし恨めし 


Dscf5567


Dscf5579


秋“庭”ぞ吾は


参考

写真:2010年11月23日 妙心寺大法院・法金剛院・鹿王院

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉速報※更新終了しました

※しばらく、紅葉速報をトップに置きます。
紅葉も桜同様、二、三日で紅葉の進行も変わることもございます。
また、ライトアップでは、実際昼間の紅葉より、二、三割増しに見えています。
あくまでも、私見ですので、
最終確認は個人でよろしくお願い致します。

12月5日 アップ忘れてました。すみません。

建仁寺:潮音庭の紅葉、見ごろ開始ですが、まだ青葉も混じり、紅葉ももう少し進みそうです。
おそらく今週よほど荒れた天気でなければ、11日~12日の週末まで楽しめるでしょう。
ただ、私の拝観時は、綴りプロジェクトのため、小書院へは入れず、風神雷神図屏風と紅葉のコラボは見られませんでした。

11月28日 アップ遅れてすみません!
※番外です。京都ではなく滋賀の湖東三山でございます。
湖東三山、28日が見頃まさに旬だったかと思いました。
今週中頃まで恐らく楽しめます。

百済寺:参道並びに、庭園、本堂付近見頃旬。こちらは黄色~橙色勝ちに染まっています。特に参道の紅葉が美しく、発色の良い紅色の紅葉が所々橙の木と混じり、何とも言えません。文句なしの染まり具合です。

金剛輪寺:庭園は、血染めの紅葉達が大変発色良く、鮮やかです。石蕗も満開。全体的に見頃旬。
杉木立の階段をずっと上った先にある本堂周辺や三重塔あたりにも、発色のよい紅葉有り、見応えありますが、塔付近は散り盛んで、かなりボリュームが無くなっています。

西明寺:時間切れのため、暗く、紅葉の具合が分かりにくいことに。すみません。

胡宮神社:ライトアップ拝観。正門からの参道は紅葉のトンネルが見事です。血染めの紅葉も真っ赤に染め上がり恐いくらい。見頃旬。白山茶花の大きな木が満開です。ほとんど人がおらず、超穴場です。多賀サービスエリアから徒歩で行けます。


11月27日 アップ遅れてすみません!

智積院:庭園(有料)築山後方紅葉、7分。見頃開始。一部まだ青混じり。12月頭に染まりそうです。
綺麗に染まりそうな予感がします。
境内、発色のよい紅葉も見られ、また、散りも始まっておりますが、ボリュームが少なくなりながらも、まだ鐘楼廻りは楽しめそうです。


11月23日

妙心寺大法院:まだ一部の木に緑が残っていますが、概ね見ごろになりました。色も綺麗で良い雰囲気です。
散りもあり、盛りもあり、これからの橙~朱色もありといい感じです。週末まで恐らく赤が進むでしょう。

法金剛院:一部散りが見られますが、池周り発色の良い木が数本あります。人は全くおらず、独り占めできます。嵯峨菊が咲いています。

鹿王院:門より参道まで、二本発色が良い木があり、しかし、参道はまだ緑勝ちで見ごろはもう少し先です。お庭は紅葉見ごろです。全体として、もう一声染まりそうな予感がします。(紅葉の時期に訪れたことが無いので、予測が立て)


11月21日

金閣寺:門より参道の紅葉、見ごろ旬。発色かなり良し、今年は朱~紅に染まっています。特に、鐘楼脇一本かなり綺麗に染まりました。池水際の紅葉も、ここ数年の中で一番鮮やかに染まっています。青空の下、青・金・紅のコントラストが楽しめます。
境内、全体的に9分、最高潮です。

平野神社:桜紅葉終盤、境内には紅葉はほとんどありません。不断桜咲いています。

北野天満宮:境内本殿北側地主神社後方の銀杏大木が真黄色に染まり、見事です。見ごろ旬。そのあたりに、紅葉も一本有り。また、梅紅葉も色づいています。
御土居跡紅葉は、友人と合流のため、時間切れで見られず。表の看板では、「8分見ごろ」となっていました。
   

11月20日

三千院:駐車場からお土産屋さんが並ぶ小道は、紅葉はまだ青葉交じり、時折染まりがありますが、発色はあまりよくないです。参道の紅葉も染まりました。三千院境内、宸殿・往生極楽院付近紅葉、橙勝ちに染まりました。見ごろです。しかし、いくつかの木が終わりを向かえ、特に、往生極楽院付近は一部さびしくなっております。金色不動付近は、黄色勝ちに染まりましたが、茶色く枯れた木もあります。午前中は、日が入り、紅葉照り映え綺麗ですが、全体的には散り~色いまいち染め~枯れと混在。


実光院:橙~朱に染まりました。全体として8分ほど。少し枯れ交じりですが、そこそこいい感じです。不断桜も盛り、紅葉とのコラボが楽しめます。個人的に好きなお寺です。お庭から借景の山も色とりどりに染まっています。

勝林院:境内の紅葉が見ごろを迎えています。全体的に8分ほど。一本散り盛んの紅葉あり。

寂光院:参道の階段紅葉、一番下の紅葉は黄色に。門すぐは発色よい木もあり、数本紅に染まってます。
本堂裏の池後背の紅葉は、緑~黄~橙~朱とグラデーションに染まり華やかな雰囲気です。
心字池前の紅葉は黄~赤に染まり、昼の光に輝き綺麗です。全体的に、8分の印象。l

堀川通り:中央分離帯の銀杏が染まっています。上立売~紫明通りまで綺麗に染まり、落葉もあり足元と見上げても楽しめます。見ごろ旬です。午後三時ごろが木に光が凝りとても綺麗です。

紫明通り:堀川~川端まで、ケヤキや銀杏が見ごろ旬です。こちらも、落葉と見上げても楽しめます。

※宝泉院は人出がすごく、入れませんでした。

11月18日

泉涌寺:雪見灯篭脇、早手紅葉見ごろ続く。しかし、風で散り始め、土曜日のお天気しだいでは、落葉盛んとなりそうです。石塔横紅葉見ごろ、蔵前黄葉の紅葉も見ごろ旬。遅手も色進みました。本坊紅葉は今週末まで楽しめそうです。

天授庵
枯山水側:早手見ごろ旬。門脇に発色よい紅葉有り。遅手の紅葉も橙~赤が進み、西日が当たると見事です。全体的に見ごろになりました。百日紅は終了。
池泉側:色進み、見ごろ初めとなりましたが、全体的にはまだ5分と見えました。雰囲気はでてきています。

南禅寺境内:銀杏見事、紅葉も色鮮やかに染まり、見ごろ開始。一部青紅葉交じり。銀杏は散り始めています。

永観堂:外から見ました。中へは拝観しておりません。紅葉、発色よし、入り口より見える境内は赤に埋もれ始めました。

岡崎疎水:桜並木が色づき、今年は赤め。近代美術館傍の桜紅葉は散り盛ん。蔦も真っ赤に染まり、ケヤキ、フウ、ニシキギ、桂共に、散り盛んながら、見ごろ続く。足元の落葉も楽しめます。動物園は一部工事中です。

無鄰菴:洋館側紅葉は橙色~朱色に染まり、見ごたえ有り。茶室側からみえる紅葉の木々も、一本除き紅葉が深まり、東山の紅葉した借景とともに見事に色づきました。全体的に見ごろ旬です。週末~祝日まで楽しめるでしょう。

11月18日

泉涌寺の夜間拝観:早手灯篭脇紅葉、登頂部枯れが見られ始めています。
後ろの遅手、黄色が進み始めました。


11月14日

今熊野観音:境内、銀杏色づき見ごろ旬、本堂前、紅葉深色紅葉は見ごろ開始。一部青交じりながら、境内の紅葉も色づき始め、全体的に見ごろ開始。

来迎院:青勝ちですが、色づく木が増え、雰囲気が出てきました。来週末がよいかも。

泉涌寺:本坊、雪見灯篭紅葉見ごろ旬。今年も発色がよく、見事に染まりました。鮮やかです!!


11月13日

南禅寺:三門前、一本紅葉見ごろ迎え、他の木も色づき出し雰囲気が出てきました。

天授庵:枯山水側:百日紅見ごろ、早手紅葉色づき5分見ごろあと少し。青紅葉目立つ
     池泉側:頭頂部色づき始め、まだ、緑多く、見ごろはまだ先。

西本願寺:大銀杏1分色づき。全体的には、まだ緑。


11月11日 

JR山陰線車窓より

嵯峨嵐山~保津峡:桜紅葉見頃~落葉始まり、欅等広葉樹、黄葉見頃開始。
トロッコ列車沿線紅葉、早手見頃開始ですが、まだ青い木もあり、混在。全体的に4分程度。
南丹~福知山:桜紅葉・欅等広葉樹・花水木など見頃最盛。紅葉色揃い、見頃開始。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.12.07

京都紅葉便り2010 その6 金閣寺・北野天満宮

師走になりましたが、霜月に撮った写真がアップしきれていませんので、順次京都の紅葉をお届けします。
どうぞ、お付き合いくださいませね。

11月21日、友人が訪ねてくる前に少し、近くの紅葉を尋ねに参りました。
この日は朝からとても良いお天気で、金閣寺~平野神社~天神さん~自宅まで、てくてくお散歩コースをすると汗ばむほど。

今年の金閣寺は、何とも見事に染まりました。

Dscf5444

蒼穹に金色鮮やかなれ、紅葉を額とし秋の絵画。


Dscf5455


錦雲より飛び立たん、尾を翻し、鳳凰仰ぐ。

(金閣寺)


この日の天神さんは、境内に七五三のご家族がたくさん。
お知恵を頂きにいらっしゃったのでしょうねぇ。
金閣寺では紅葉が盛りでございましたが、こちらは、銀杏や桜、梅、ユリノキ、楡の紅葉が楽しめました。


Dscf5471

Dscf5467


Dscf5474


秋も忘るな


(北野天満宮)

参考

写真:2010年11月21日 金閣寺・北野天満宮にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.05

まねき上がりました!

まねき上がりました!
南座にチケット引き取りに。
今年は、相方とあき様と千秋楽の午後の部へ参ります!!
楽しみ〜!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.12.02

京都紅葉便り2010 その5 大原 実光院・勝林院・寂光院

「春すぎ夏きたて北まつりも過ぎしかば、法皇夜をこめて大原の奥へぞ御幸なる」

『平家物語 灌頂巻』 大原御幸

流石に、夜をこめてとは参りませんが、11月20日に大原御幸と相成りました。
紅葉の名所、三千院はもの凄い人出。
ぐるりと巡り、早々に辞して、次はお気に入りの実光院へ。
こちらは、この時期に咲く珍しい不断桜があり、観桜と紅葉見が揃いで行えるという僥倖。


Img_1777


誰もおらず、ならば、緋毛氈にて寝転びて、紅葉と桜をば枕屏風に仕立てたき。

Dscf5339


紅葉満つ、律川より流るるは、丹朱の岩絵の具。

Img_1798


Img_1788


並び立たずの二季節、どちらが待ちて、どちらが追うて、焦がれたか。

Dscf5325


名に負いし絶えず心の桜花、秋を思うてか、ほんのりと紅装い。

Dscf5335

水に抱かれ、落花、朽ち葉の眠り、終は共に。

(実光院)


次ぎに、入口には人が溢れますが、意外と中へ参拝する人が少ない勝林院へ。
テープではございますが、天台声明が流れ、それが耳に心地よく、うっとりと紅葉を眺めました。


Img_1869

秋空高く、苔滲み、紅葉燃ゆ。


Dscf5353

見通せば、赤橙の一幅紅葉。

Dscf5349

おや、ここにも、紅葉がござれば。


Dscf5368

Img_1855

本堂を護る様にか、紅葉陣幕。


(勝林院)


三千院・勝林院辺りから少々離れ、寂光院へ。
残念ながら、本堂は平成12年に放火によって焼失し、平成17年に再建されたものです。
ですが、山里の侘びた佇まいは、往時を偲ぶよすがとなりますでしょう。

Dscf5411

Dscf5422

女院の隠れたまひし、紅葉をば、心慰め。

Img_1903

Dscf5427


「池水に みぎはのさくら 散りしきて なみの花こそ さかりなりけれ」 後白河法皇

今はただ、もみじ葉こそが盛りなれ。

(寂光院)



勝林院は天台声明の地。
目に彩な紅葉を眺めている間、端正な阿弥陀様を拝む間、滔々と流れる声明が何とも良き心地でございました。

参考

写真:2010年11月20日 大原(実光院・勝林院・寂光院)にて

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »