« 京都紅葉便り2010 仮上げ その4 | トップページ | 妙心寺大法院 »

2010.11.22

京都紅葉便り その3 南禅寺・天授庵

こちらのお寺は、毎年早手なのですが、今年は随分とゆっくりの紅葉進行でした。
お陰で、去年と同じく、ブログ友のMilk様と今年もお出かけすることが出来ました。


Dscf5166_2

Dscf5206


流るる緩流白波に、押し寄する金赤の立浪。

Dscf5201

黄昏の雫、日々凝って、紅葉を染めるか。

Dscf5188_2


水面へと緑・橙・朱・紅をすり流し、心地早手の紅葉友禅。


(天授庵)

Dscf5209_2


Dscf5211

小春日和の紅葉日傘、くぐるは友と。

Dscf5229

黄昏の褥は、如何なりや。

Dscf5231


それとも、茜の天蓋がよかろうか。

(南禅寺境内)


参考

写真:2010年11月18日 南禅寺・天授庵

|

« 京都紅葉便り2010 仮上げ その4 | トップページ | 妙心寺大法院 »

コメント

金閣寺もなかなか良いなと思いましたが、南禅寺と天授庵はさらに良いですねぇ。
南禅寺はお庭がグーですね。
このお庭を見ながら瞑想したら、修行の足りない私は煩悩まみれになりそうですが。
でも、朝から晩まで時間が過ぎるのをゆっくり見ていたいです。
天授庵は赤が綺麗ですね!
モミジってこんなに綺麗な赤になるんだっけ?と思ってしまいました。
写真の腕ですかね?
黄色の絨毯も素敵です!
良い季節になりましたね。

投稿: 外付け胃袋 | 2010.11.22 23:30

いけこさん、今年も紅葉巡り快調ですね。
南禅寺はやっぱり王道です。
私も21日に歩いてきましたよ。
今週末くらいからがピークのようですね。

投稿: 一休 | 2010.11.23 21:22

こんにちは、外付け胃袋様

南禅寺は、たくさんの紅葉がございますから、見ごたえがありますでしょう。
紅葉も銀杏も桜もあり、どこを撮影しようかと迷うほどです。
それに境内はタダですし(笑)。
ちょっと人出がございますのが、たまに傷。

天授庵は、同じ場所にあるのにも関わらず、何故かそれほど観光客がおりませず。
私、お気に入りのお寺さんです。
こちらは、午前中よりも黄昏時の方がとても美しいのです。
紅葉は日に親しい木だとか。
(日の当たるところから紅葉するそうです)
赤に染めているのは、太陽なのかもしれませんね。

投稿: いけこ | 2010.11.24 16:16

こんにちは、一休様

お~、一休様も巡って来られましたか!
仰るとおり、今週末が見ごろのようですねぇ。
桜の南禅寺もよろしいのですが、やはりこちらは秋に軍配を上げとうございますわ~。
今週末もこちらへお出かけですか?
私は、ちょいと遠征する予定でございます。ふふふ。

投稿: いけこ | 2010.11.24 16:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/50067793

この記事へのトラックバック一覧です: 京都紅葉便り その3 南禅寺・天授庵:

« 京都紅葉便り2010 仮上げ その4 | トップページ | 妙心寺大法院 »