« リンドウのリレー | トップページ | 奥州雑記 その3 片倉小十郎景綱と白石城 »

2010.10.20

栗名月

花間一壼酒
獨酌無相親
舉杯邀明月
對影成三人
月既不解飮
影徒隨我身
暫伴月將影
行樂須及春


我歌月徘徊
我舞影零亂
醒時同交歡
醉後各分散
永結無情遊
相期遥雲漢

花間 一壷の酒
独酌 相親しむ無し
杯を挙げて 明月を邀(むか)え
影に対して 三人を成す
月既に 飲を解せず
影徒に 我が身に随う
暫く月と影を伴うて
行楽 須(すべから)く春に及ぶべし
我歌えば 月 徘徊し
我舞えば 影 零乱
醒時 同じく交歓し
酔後 各 分散す
永く無情の遊を結び
相期して 雲漢はるかなり

「月下独酌」 李白

名月


職場に生えている薄をちょいと失敬しようと思っていたのに、熊が出たそうで、断念(笑)。
酒トックリを片手に散歩は難しいけれど、夜来、名残の薫風、花は金木犀にしましょうか。
残念ながら、今年の名月は両方とも雲居、かんばせを拝めず。
なので、せめて傾ける杯は蒼空の瑠璃を。
お酒は、先日宮城県で仕入れてきました、「浦霞」のひやおろし。

|

« リンドウのリレー | トップページ | 奥州雑記 その3 片倉小十郎景綱と白石城 »

コメント

残念ながらお月様は望めませんでしたね。

お~!職場にクマ!
今年は酷暑やナラ枯れなどで山に食物ないのかな?
気をつけてくださいませ^^;

投稿: Milk | 2010.10.21 00:44

我が家も雨で見れません
いけこさまのお陰で新発見(知らなかっただけで、笑ってください)
その一、豆名月も満月だと思ってました13夜なのですね、なぜ~
土曜の宴会で月見をしようと思ってましたよ
その二、浦霞、近くの居酒屋何軒かに置いてありよく飲んでます
なぜか(多分霞ヶ浦との??)関東の蔵と思い込んでました
李白と酒で懐かしく思い出されるのはマーラーに交響曲大地の歌
というのがあって李白、孟浩然等をドイツ語訳しそれらを歌曲風に綴ってます
若い頃、1人酒を飲みながら物思いに耽ってよく聴いたものです
この詩はなかったようですし、取っ付きにくいですが東洋風でいい曲です

投稿: kame | 2010.10.21 05:22

いけこ様、こんにちは

月に酒

秋恵に酒

秋香に酒・・・と

日本酒も深味の季節となりましたね^^

李白とは

いけこ様、お若いのに博学ですねぇ、ほんま^^

投稿: 高兄 | 2010.10.22 07:55

こんにちは、Milk様

このところ、秋雨が続きますね。
これによって、一雨ごとに紅葉が進むのでしょう。

熊にびっくりでした。
職場あたりに出たんですよー!
学生や職員に緊急連絡がまわり、サイレンが鳴り響きましたもの!

投稿: いけこ | 2010.10.25 13:12

こんにちは、kame様

豆名月は、十五夜なんですよ。
後の月の芋名月は、十三夜なんです。
なぜ、このようになったのかは、宇多天皇の無双をとるか醍醐天皇の宮中行事をとるかは、わからないそうなのですけれど。
浦霞、私も仙台に参りまして、こちらのお酒だとしりましたの。
この旅行中は、ひやおろしがそろい踏みでしてねぇ。
色々な蔵元さんを楽しめて、美味しかったですわ~。

李白やらの漢詩をのせた曲があるのですね~。
ドイツ語でとなると、どんな感じかしら?
機会がございましたら、聞いてみますわ~。


投稿: いけこ | 2010.10.25 14:31

こんにちは、高兄様

月とお酒を愛した李白。
なんとなく親しみがもてましてねぇ。
私の場合は、ただ単に呑み助なだけなんですけれどね(笑)。
何かにかこつけて、お酒をいただきます。あはは。
この時期は、月に合わせてか、各蔵元さんからひやおろしも出揃いますし。

投稿: いけこ | 2010.10.25 14:38

おはようございます
天気良くなるはずでしたが雨ですね
西本願寺の北隣に泊まってますが
朝の散歩はなしです
午前中南禅寺、建仁寺等廻ってみます
雨あがるかなー

投稿: kame | 2010.10.27 07:00

おはようございます、kame様

何だか昨日から京都は冷え込みまして。
加えて雨と・・・。
どうぞ、足許お気を付け下さいませね。
桜の紅葉も少々進みまして、kame様の目を楽しませてくれると思います。
くれぐれも温かくして、京都散策をご堪能下さいね。
風邪ひかないで下さいよ~!

投稿: いけこ | 2010.10.28 11:18

おはようございます
ご心配ありがとうございました
コメントを書いている時はかなり降っていた雨も
ホテルを出る頃にはすっかり上がって素晴らしい天気になりなした
非常に寒かったものの楽しく過ごせました
南禅寺、清水寺、八坂の塔、建仁寺と半日です
天授庵、中を覗き受付の方に尋ねましたがまだ青いとのことで
次回にとっておきます
三年坂のイノダコーヒーで一服、お昼は高台寺閑人でいただきました
又、八坂の塔では防火システムの放水披露に出くわし珍しい体験を
今回は二十年来たことない仕事仲間三人を案内しての訪問でしたが
私が一番楽しんでました

投稿: kame | 2010.10.29 05:04

こんにちは、kame様

何とか、京都の雨はあがりましたようで。
ですが、お足元の悪い中、大変でしたでしょう。
私は金曜日から台風に見舞われた東京へおりました・・・。
こんなにミズチっぷりを発揮せんでも(笑)。

京都通のkame様にご案内頂けるとは、お仕事仲間の皆様、僥倖でございましたねぇ。
天授庵はまだでしたか。
随分とここ数日は冷え込んだのですが。
やはり、霜月、霜に触れずは紅葉ならずと言ったところでしょうかねぇ。
お疲れは出てらっしゃいませんか?
どうぞ、ご自愛下さいませね。

投稿: いけこ | 2010.11.01 12:34

おはようございます
ご心配ありがとうございますといいましても31~1日いつもの大隊で
せんとくんに会いに行ってまいりました
いい季節に、薬師寺東塔の最終公開日、法隆寺上御堂公開日
という何時もの私の欲張り丸出しツアーです
唐招提寺参拝後早目の食事、薬師寺東塔を観て一時の西塔公開に
との計画が12寺時に着くと東塔一時間待ち、え~です
最終日に日曜考えが甘かった。めげずに並ぶ事45分、6分前に西塔
誰も並んでない?私らが並ぶとあっという間に長蛇のの列
こちらは30分のみの公開、、幹事としては一安心
後、新薬師寺、ならまち散策(私が春鹿蔵元に行きたかった)
でわざわざ遅く行った興福寺一時間待ちの表示恐るべし阿修羅
45分で中へ雨の中並んだお陰で仏様一層ありがたく拝観いたしました
出ると待ち時間0・・もっとゆっくりくればよかった
次の日は午前中平城京、あと秋篠寺、法隆寺と盛りだくさんの
大和路でした何時もの事ながら私が一番楽しんでいました


投稿: kame | 2010.11.02 08:55

こんにちは、kame様

大隊にての奈良攻略、お疲れ様でした!!
拝見しますと、色々回られてますねぇ。
薬師寺東塔!私も行きたかったんですけれど・・・・。
あぁぁぁ、うらやましいですぅ~!!!
公開日最終、並びに平安遷都1200年のイベント期間中ですから、人出もさぞやといったところでしょう。
雨に洗われながらも、皆様はさまざまな仏様と仏縁を結ばれたのですから、充実の奈良散策でございましたね。
しかし、阿修羅人気は相変わらず、凄いですねぇ。

春鹿の蔵元さんでは、何をお求めに?
個人的に、春鹿はお寿司にあうなぁと思っているのです。うふふ。

投稿: いけこ | 2010.11.04 13:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/49793938

この記事へのトラックバック一覧です: 栗名月:

« リンドウのリレー | トップページ | 奥州雑記 その3 片倉小十郎景綱と白石城 »