« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010.10.28

奥州雑記 その3 片倉小十郎景綱と白石城

急に寒くなりましたね。
皆様、ご自愛下さいませね。
このところの秋雨、これによって、紅葉は進むのでしょう。

さて、前回、武将隊の紹介で止まってた奥州雑記。
来月は紅葉速報の更新で、京都の紅葉以外はアップ出来なくなるので、早く書かないと(笑)。
先週の岡山帰省で、C叔母様にも「続きがんばれ~」って応援して貰いましたし!嬉し。えへ。

それでは!奥州雑記の続きです~。
「鬼小十郎まつり」の記事アップの前に、初代片倉小十郎について、ちょっとご紹介。
ちなみに、この「鬼小十郎まつり」の小十郎は、二代目の重長です。
ゲームやアニメの小十郎は、初代の景綱です。
片倉家は、初代の景綱にあやかり、代々“小十郎”の名を継いできたのです。
拙ブログでは、初代を小十郎、二代目からはそれぞれの名前で呼んでおります!


片倉小十郎は、米沢八幡神社の神職・片倉景重の次男として誕生しました(当時の伊達家の居城は米沢城)。
異父姉の喜多さんは、政宗様の乳母です。
次男であった為、一度家を出され、養子に入ったそうですが、養子に入った家にその後嫡男が誕生したため、返されちゃったそうです。

伊達政宗様の父・輝宗様の目にとまり、徒小姓として仕え、その後、遠藤基信の推挙によって天正3年(1575年)に政宗様の傅役となります。
つまり、元々からの伊達家の家臣でもなく、ましては武家の出ですらなかったのです。
片倉家は、この小十郎から興りました。

天然痘で右目を患い、引きこもりだった政宗様を、文武両道の武将へと育て上げました。
(ちょっと、ここで色々語るとこれ以上長くなるので、はしょります笑)


政宗様が元服後は、近侍となり軍師として重用されました。
人取橋・摺上原の戦い、小田原参陣・朝鮮出兵・関ヶ原の戦いなど、政宗様の重要な合戦に常に共にあり、
「武の伊達成美(政宗様の従兄弟でもあり、お父さんの輝宗様の従兄弟でもあるちょっとこんがらがった血縁)」と並んで、「智の片倉小十郎」と呼ばれました。
軍師としての知将のみならず、剣術にも秀で、また、笛の名手であったと伝えられています。

片倉小十郎景綱はその武勇と知勇により、奥州仕置きの際、豊臣秀吉に請われ、独立した大名に取り立てられかけたことがあったそうですが、「二君に使えず」として、政宗様への忠義を誓い、辞退したそうです。

片倉氏の居城、この白石城は江戸幕府が一国一城令の例外として認めた正式の城です。
(もうひとつの例外は、九州の八代城)
代々仙台藩の奥州南方の要として、重要な位置を占めました。
幕末、戊辰戦争の際には、東北諸藩の代表が白石城で白石列藩会議を開くなど、歴史的にも重要なお城です。
(これは後に奥羽越列藩同盟の結成につながります)
新政府軍が占領、明治に入っての廃城令によって白石城破却、売却代金は特に片倉家中の北海道移住費用に充てられました。(北海道には、白石区があるそうです)


現在、三階櫓など本丸の一部が1995年に木造で復元され、歴史探訪ミュージアムも併設された公園となっています。

Dscf4497

雲一つ無い青空に、その名の通りのような白石城が綺麗ですね~。
土足禁止のお城です(笑)。
靴を脱いで、お城に上がったのは初めてですよ。


Dscf4552


城内には、このように片倉小十郎の甲冑が展示されております。
陣羽織は、普段ですと羽織らせてもらえるそうです。

Img_1463

三階櫓からの眺め。
ご天守とは呼ばず、支城という格と幕府への配慮から、名をはばかり大櫓と名づけられたそうです。


Dscf4517


広場には、大変大きな小十郎の威徳を称える碑が建てられていました。
こちらは、白石の皆様の寄附で建てられたそうです。
いかに慕われた城主であったかとの現れですね。

参考


写真:2010年10月2日 白石市にて


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.10.20

栗名月

花間一壼酒
獨酌無相親
舉杯邀明月
對影成三人
月既不解飮
影徒隨我身
暫伴月將影
行樂須及春


我歌月徘徊
我舞影零亂
醒時同交歡
醉後各分散
永結無情遊
相期遥雲漢

花間 一壷の酒
独酌 相親しむ無し
杯を挙げて 明月を邀(むか)え
影に対して 三人を成す
月既に 飲を解せず
影徒に 我が身に随う
暫く月と影を伴うて
行楽 須(すべから)く春に及ぶべし
我歌えば 月 徘徊し
我舞えば 影 零乱
醒時 同じく交歓し
酔後 各 分散す
永く無情の遊を結び
相期して 雲漢はるかなり

「月下独酌」 李白

名月


職場に生えている薄をちょいと失敬しようと思っていたのに、熊が出たそうで、断念(笑)。
酒トックリを片手に散歩は難しいけれど、夜来、名残の薫風、花は金木犀にしましょうか。
残念ながら、今年の名月は両方とも雲居、かんばせを拝めず。
なので、せめて傾ける杯は蒼空の瑠璃を。
お酒は、先日宮城県で仕入れてきました、「浦霞」のひやおろし。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010.10.18

リンドウのリレー

リンドウのリレー
昨日、いつもお世話になっているお花屋さん(ル・ランディさん)に、無理を言って、リンドウの花束をお願いした。
大阪出張をしていた友Aへ、京都駅でリンドウを手渡すのだ。

Aは、そのまま名古屋へ帰り、名古屋駅新幹線ホームで、リンドウを出張から東京へ戻る友Bへと託す。
Bは、東京にて、私達の代表でお悔やみに鎌倉へ向かう友Cにリンドウを託す予定。

本当に、偶然のタイミングによって、繋がれているリンドウのリレー。

リンドウの花言葉は、「悲しんでいるあなたを愛しています」
私達の願いは一つ。

花言葉にのせて、今、手から手へ、友への祈りが渡ってゆく。
少しでも、慰めになればと切に願って。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.15

奥州雑記 その2 第3回鬼小十郎まつり 戦国コンテストと武将隊

今回の旅、本当はお祭りの前日、金曜日から前入りしたかったのですが、9時過ぎまで残業必須のため、飛行機の便が無く断念。
当日の朝、早朝便にて飛び立ちましたが、白石に着いたら11:00過ぎ。
お祭りの前半、「THE戦国コンテスト」には間に合いませんでした。

ですが、丁度、各武将隊の演武にはギリギリ間に合いましたので、良かったです~。

まずは、「奥州仙台おもてなし集団!伊達武将隊」です!


Img_1406


左から、足軽の馬之助か与六(ごめんなさいどっちか分かりません)、赤い忍者姿がおひな。
武の武将・伊達成実、何故か、伊達政宗様が二人(立って居る黒い方が漆黒の政宗様)、
知の武将・片倉小十郎景綱、鮮やかな小袖姿が支倉常長、足軽の馬之助か与六
ちなみに、伊達政宗様を呼び捨てすると、その都度、武将達に怒られます(笑)。

Img_1419


檀上では、このように刀を抜いて、戦ってくれました。
(途中からだったので、何と戦ってたのかは不明)

Dscf4496


全員揃って、キメのポーズ!
あ、支倉さんが隠れてしまいましたね・・。


次は、「白石戦國武将隊 奥州片倉組」です!

Img_1425

釣鐘の旗印の下、片倉組の演武です。
旗持ちの虎太郎、そして何故かアウェイにいる真田幸村(赤)と鬼小十郎の片倉重長。

Img_1428

伊達政宗様(水玉陣羽織)と片倉小十郎景綱(白の陣羽織)も揃い。

Dscf4507


マイクが入らないというハプニングもありましたが、最後は、全員揃って、白石市をPR。
左から、伊達成実、多分白石宗実?、片倉小十郎景綱、旗持ちの虎太郎、片倉重長、恐らく茂庭綱元?、伊達政宗様。


他にも、応援で関西から、もう一人伊達政宗様と石田三成も駆けつけ、
さらに、ご近所山形からは「山形おきたま愛の武将隊」も駆けつけました。
愛の前立て、直江兼嗣さんと写真を撮って貰いましたー。
ゆるキャラの“かねたん”や“かげっち”も来ていました。


Dscf4514

そして、白石のゆるキャラ、“ぽち武者こじゅーろう”。
尻尾も付いてて、かわゆいです。


Dscf4516

宮城県観光PRキャラクターの“むすび丸”は、今日は甲冑バージョンで参上です。


Img_1433

そして、午前中行われた、戦国コンテストの審査が行われました。
うわぁ、スゴイBASARAばかり(笑)。


Dscf4498


Dscf4499

13:00からのメインイベント、「片倉軍VS真田軍決戦・大阪夏の陣-道明寺の戦い-」までの腹ごなし。
「戦国BASARA 英雄外伝」の片倉小十郎のお楽しみ武器は、葱と牛蒡(笑)。
「滋養」という名が付いています。
BASARAでの、片倉小十郎は畑仕事を趣味としております・・・。
(武器スペックは結構高く、葱と牛蒡を二本差しにして、出陣します)
こんな所で、再現されていました!美味しく頂きました。


参考

写真:2010年10月2日 白石城にて


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.10.13

奥州雑記 その1 初東北入り、片倉小十郎公の町、白石へ

仙台より帰って来ましたが、とっても楽しかったので、またすぐにでも行きたいです。
あき様より許可がでましたので、一旦、台湾雑記は小休止して、奥州雑記を開始します。
ちなみに、あき様は私の奥州旅の先達でもございました。
だって、写真見せてもらったりとか旅話聞いたりとか、お土産までもらっちゃいましたら、行きたくなったんですよぅ!

で、奥州雑記を書く前に、ひと言お断りを。

ご訪問の皆様、「戦国BASARA」というゲームをご存じでしょうか?
何処を突っ込んだらいいのやら、色々とぶっ飛んだ設定のアクションゲームでございます(笑)。
一作目が発売されたのは、約5年前。
人気があったのか、2や外伝等が発売され、尚かつアニメは第2期まで放送開始。
私たちは巷の人気に遅れて、最近ゲームを知り、はまりにはまる。
ツッコミ所が満載の設定に、二人で大爆笑しながらゲームをプレイ。
(ちなみに、相方と結婚するまで、私はゲームとはほぼ無縁で生きてきました)

そして、今年7月末に待望の「戦国BASARA3」が発売。
折しも、職場の上司が替わり、ストレスフル。
発売から今日まで、上司ストレスが溜まる→家に帰って、敵将をBASARA技で倒しまくってストレス発散!という日々を送っておりましたのです。


子どもの頃より戦国時代が好きで、大河ドラマで好きだったのは、「独眼竜政宗」と「風林火山」。
今回の奥州旅はどっぷり武将に、いや、「戦国BASARA」の伊達主従にどっぷり漬かった旅と相成りました・・・。
(お気に入りでプレイする武将、伊達政宗様は現在レベルほぼMAX。ちょっとやりこみすぎ)

というわけで、今回の奥州雑記ですが、いけこ著、相方監修の元、二人でお送りしたいと思います!


Dscf4466


小春日和の雲ひとつ無い伊丹空港から、早朝便にて飛び立ちました。

Dscf4473

窓からは、雲海に浮かぶ富士山が!


Dscf4475


仙台空港にて、早速武将に遭遇。
仙台市市長が伊達政宗様の甲冑を着て、何かの儀式中。
(急いで在来線へ乗り換えないといけなかったので、写真だけ)

仙台空港から、東北本線にて白石市へ。
白石駅に降り立ちますと、町はものすごい「戦国BASARA」まみれでした(笑)!!

Dscf4478


白石へは、第3回鬼小十郎祭に行く為です!
ポスターは、アニメ版の片倉小十郎景綱。


Dscf4479


白石駅前すぐの「小十郎プラザ」(お土産屋さん)の入り口には、等身大の立て看板が。
これは、ゲーム版。


Dscf4482

白石市民バス“きゃっするくん”も、戦国BASARA仕様。


Dscf4561


走っているタクシーも、各社一台はBASARAタクシー。


Dscf4698


ちなみに、乗車するとこのような乗車記念証が頂けます。

なんだか、最初からオタクな感じですみません・・・。

参考

写真:2010年10月2日 宮城県白石市にて

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.10.12

陣中見舞い、有難うございまする!!

8月の怒濤の蔵書点検やここ数ヶ月の上司ストレス。
このところ、ドロドロに疲れていたら、
皆様からこんな素敵な、陣中見舞いが届きました!!
本当に、有難うございました!
お陰様で、無事に乗り切れましたよう。感涙!

Dscf4217


まずは、いつもお世話になっております。
私の心のおねぇ様、けんこう様より、台湾のお品が。

Dscf4224


そして、シスターズ酒部のrina嬢より、旅行先の遙々新潟三条市蔵元からの美味なるお酒。
これにあわせたかのように、シスターズ酒部のmaiky嬢より、鎌倉浴衣散策のお土産「たたみいわし」。


Dscf4209


次ぎに、マイラバーあき様より、学会や研修旅行先、鳥取・仙台より垂涎の日本酒と牛タンがクール便で。
コレがきっかけで、奥州旅が決まりました(笑)。

Dscf4221


またまた、いつもお世話になっております、鯔背なお江戸の方、外付け胃袋様よりお心尽くし。
このリーフ型のスプーン、実は、この前の銀ブラでプレゼントして下さいましたの!


先月の「和久」さんランチデートでは、
Milk様より唐辛子もろみ、あーみぃ様には北海道のお土産を色々。
写真を撮る間もなく、食いしん坊の私の胃に収まりました(笑)。ごめんなさいっ!

Dscf4792


そして、コレがないと、私の秋が来ないのです~。
シスターズ、mi-tun様よりかぼすがいっぱい。
さっそく、昨日は秋刀魚を焼いてかぼすをぎゅっとで頂きました。

皆様~、本当に有難うございました!
打ってて、涙出てきたわ・・・。
皆様のぬっくぬくのお心寄せ、じんわりじんわり私を潤して下さいます。
私、幸せ者でございます~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.06

秋来ぬと

Dscf4756


秋きぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる 

『古今和歌集』 巻第4 秋歌上 169番 藤原敏行

随分と過ごしやすくなりましたね。
京都の街中ではまだですが、旅先の仙台では金木犀が盛りでございました。
香りに洗われた仙台は、なんとも涼やか。

古の人は秋を風によって。
後の世の人である私は、金木犀の香りに。

また、10月になると、必ず思い出すこちらを。

空のすみゆき
鳥のとび
山の柿の実
野のたり穂
それにもまして
あさあさの
つめたき霧に
肌ふれよ
頬 胸 せなか
わきまでも


『中野重治詩集』 十月

参考

写真:2010年10月4日 仙台 青葉神社にて 


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010.10.04

ただいま!

ただいま!
夜の空港は、なんだかカッコいい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ずんだ餅

ずんだ餅
うまし。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

仙台城

仙台城
お城はありませんが、政宗像が睨みをきかせています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瑞鳳殿

瑞鳳殿
伊達政宗の御霊屋
雨に洗われて、杉木立清し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.03

牛タン!

牛タン!
晩ご飯は、牛タン定食です。
お店は、あき様に教えてもらった『伊達の牛タン』。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

松島

松島
松島やああ松島や松島や

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊達政宗麦酒

伊達政宗麦酒
政宗パフェも食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこまでも、うみねこ

どこまでも、うみねこ
塩竃から松島へ

かっぱえびせんをねらって、どこまでもうみねこがついてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お寿司は、塩竃前

お寿司は、塩竃前
お通しの、ほっき貝のヒモで浦霞の純米辛口をきゅっと。
塩竃前のお寿司は、阿部勘の四季の松島吟醸酒と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台市博物館

仙台市博物館
政宗像、右目は眼が開いていますが、瞳は入っていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.02

晩ご飯は仙台

晩ご飯は仙台
ホテル近くの居酒屋さんにて。
七里ヶ浜のお刺身と伯楽星のひやおろし!
仙台は、ひやおろしが京都より早いみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

片倉小十郎廟所

片倉小十郎廟所
代々の片倉家のご廟へお参りして、仙台に行きます。
傑山寺の初代小十郎景綱の一本杉にもお参りしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白石、鬼小十郎祭

白石、鬼小十郎祭
奥州に推して参っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »