« 今年最後の梅酒 | トップページ | 七夕(2007年の白峯神宮蹴鞠の様子) »

2010.07.05

妙心寺東林院、「沙羅の花を愛でる会」2010

6月30日の夏越祓へ行く前に、この日が公開最終日でした、妙心寺東林院の「沙羅の花を愛でる会」へ行ってきました。


Dscf3686

この日は梅雨の中休み、さやけし青空を滑る薄雲に、向かえ花の如き紫陽花が一息の涼を運びます。

沙羅双樹は、インド北部地方原産の高木です。
お釈迦様の入滅に際して、四方を囲んで植えられていた沙羅双樹が、枯れて鶴の羽根のように白くなったとの伝説から、仏教では聖木とされています。
日本にある木は、沙羅双樹と呼ばれてはいますが、実際は、夏椿(ナツツバキ)という種類です。


Dscf3688


「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず ただ春の世の夢のごとし たけき者も遂には滅びぬ 偏に風の前の塵に同じ」

(『平家物語』 巻第一 「祇園精舎」)

お庭の真ん中に、樹齢約350年の大きな沙羅の木がありましたが、2006年に残念ながら枯れてしまったそうです。
今では、枯死した上部の木で作られた数珠がかけられています。
ですが、そのまわりには銘木の二世たちが植えられ、この時期に同じように花を咲かせています。

torininsara2002

こちらは、2002年、まだ銘木が健在だった頃の様子。
大きい写真データがもう無いのです・・・。
クリックして頂きますと大きい画像が見られます。


まさに、『平家物語』冒頭の様ではございませんか。


Dscf3693

朝に開花し、夕べには落花する沙羅の花は、儚くもあり、潔くもあり。
はたりと苔に落ちた白き花は、梅雨時の苔の潤いと共に、清爽です。


Dscf3687


こちらでは、沙羅の木を愛でながら、沙羅双樹に見立てた和菓子とお抹茶が頂け、お庭を眺めつつ、ご住職の法話を拝聴出来ます。

で、「盛者必衰の理をあらわす」では、ございませんが、選挙に先駆けて(笑)?職場でちょっとした大きな政権交代がありました。
7月1日に大幅な人事異動の結果、突然上司が交代。
新しく来た上司は、仕事を全くしない人だそうです・・・・。
せっかく一年掛けて前上司にやっと仕事を覚えてもらって、さぁこれからというのに移動なんて-!酷い!!
また一からですよぅ。くすーん(泣)。
前部署の人達から、「可哀想・・・、頑張ってね、いけこさん」と哀れみの内線が代わる代わるくるんですけど・・・。
どんだけ、働かない人なのー!
こんなに働いてるのに、この仕打ちはあんまりやー!鬼ー!!
私、何時になったら、この週6連勤、毎日サービス残業から解放されるのかしら・・・。とほほ。

参考

写真:2010年6月30日 妙心寺東林院

|

« 今年最後の梅酒 | トップページ | 七夕(2007年の白峯神宮蹴鞠の様子) »

コメント

周りからその言葉がかけられるとは
相当なお人のようですね(ノ_-。)
もう、期待するのはすっぱりあきらめて
いけこ様のペースで進めてしまうのは
いかがでしょう。
もちろん出来る範囲はですけれど。

沙羅の和菓子の餡の間にちらりと光る
かんてん(ゼリー?)がきれいです。
この前、おたべが発売している京ばあむ食べました!
やさしい甘さと色のきれいなこと。
おいしかったです。珈琲でも緑茶でも。

投稿: きくみ | 2010.07.05 18:56

お~!沙羅双樹健在の写真!
貴重です!

私は2005年に初めて訪れましたので
かろうじて左半分が生きている
瀕死の沙羅双樹を見ていますが
その頃のカメラの画素の低さと
腕の悪さでロクな写真がなく
「もう少し真剣に撮っていれば。。」
と今では後悔しておりますA^^;

新しい上司さんは今流行の天下りの君なんでしょうか?
いけこさんの胸中をお察しいたしますヾ(^^;)

投稿: Milk | 2010.07.06 10:25

おはようございます、きくみ様

もう、期待はせずに、ほっといて仕事を進めますよぅ・・・。
ていうか、ほったらかしてたら、本当に何にもしないのよ!!
吃驚したわ。
そして、教えても覚える気がないのよぅ。
上司の役立たずー!

沙羅の和菓子、東林院さん限定物なんです。
きんとんに置く露が素敵でしょう。
中は黄身庵なの~。
おっ!京ばあむ、私食べたこと無いですわ。
今度、お土産に買って帰ろうかしら~。

投稿: いけこ | 2010.07.07 11:27

おはようございます、Milk様

随分以前にブログにアップした写真でして。
やはり、画素数も少なく、拡大するとアラが目立ちますけれど。
貴重な一枚なので、アップを。
オリジナルは、恐らく、壊れたノートPCの中です・・。
救出できたら、きちんとアップしますわ~。

新上司ですが、天下りではなく、前理事長が某社からヘッドハンティングした人なんですよねぇ。
そして、政権交代の結果、左遷されたと。
私の部署は、陸の孤島なんで、役職ありの人にとって、左遷場所なんですよ(笑)。

投稿: いけこ | 2010.07.07 11:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/48769385

この記事へのトラックバック一覧です: 妙心寺東林院、「沙羅の花を愛でる会」2010:

« 今年最後の梅酒 | トップページ | 七夕(2007年の白峯神宮蹴鞠の様子) »