« 和歌山より、帰って来ました! | トップページ | 祇園祭2010 宵々々山 山伏山~鯉山~八幡山~役行者山 »

2010.07.21

祇園祭2010 宵山 菊水鉾のお茶席・日和神楽

7月中しばらくは、祇園祭の記事をアップせねばなりませんねぇ。
皆様どうぞ、おつき合い下さいまして。

17日の宵山では、このところの雨がちの一日ではなく、夕方の4時頃の夕立を除き、無事に晴れてくれました。
お陰で、ここ二日の雨降りで出なかった人出が、一気に宵山に集中したように感じました。
会所では粽や手拭いが飛ぶように売れ、子供さんの着付けにてんてこ舞い。
なんとか、五時前頃に小休憩が貰えましたので、丁度、宵山散策中のシスターズあにす様をお誘いして、菊水鉾のお茶席へ。
会所で、招待券を頂いたのでした。
2人でちょいと浴衣デートだー!うふふ。

Img_0977


元治元(1864)年のどんどん焼け(蛤御門の変)にて焼失しましたが、昭和27(1952)年に88年ぶりに再興されました。
鉾頭に天向きの金色の透かし彫の十六菊をつけ、唐破風造りの屋根が特徴です。

Dscf3862


駒形提灯があると、ちょっと屋根は見えませんね。
他にも、巡行当日は音頭取りが烏帽子をつけ、立ち袴、菊の葉の形の団扇を持つという、これも他の山鉾と少々変わっています。
(他の山鉾は、音頭取りは手拭い鉢巻か鉢巻無しの浴衣姿、各山鉾の扇子を手に持ちます)
菊水鉾は、約10.3トンの重量、屋根までの高さは約8メートルもある大きな鉾です。
その為、鉾へ上がる「橋がかり」は会所のあるマンションの二階から伸びています。

Dscf3861


お茶席は大体宵山を含めた四日間ほど、このように各日程様々な流派が設けられます。
お席は立礼ですので、どなたでも気軽に楽しむことができます。

Dscf3863


お菓子は亀廣永(かめひろなが)の「したたり」です。
こちらは、この菊水鉾にちなんだ献上菓子です。
もちろん、店頭でも買えますし、宵山の間は、鉾にても売られます。
黒砂糖の寒天は少し冷やされ、舌にのせると甘みが崩れ、したたる。
まさに、甘露でございます。
べったりとした甘さでなく、余分をそぎ落としたようなキリリとした甘さ。
見目も琥珀の涼、夏の美味でございますねぇ。

そして、嬉しい事に、こちらのお皿はお持ち帰りができるのです!
どうやら数組お皿の種類が有る様子。
毎年通って、お皿を集めても素敵ですわ~。


Dscf3864

菊水鉾は、菊の露を呑んで七百歳の長寿を保ったという金剛流の謡曲「枕慈童(菊慈童)」より着想、
また、町内にある菊水井戸から名づけられたそうです。
生稚児(いきちご)の代わりに、こちらの菊慈童の稚児人形「菊丸」君が乗ります。


Dscf3868

Dscf3867


お道具一式を拝見。
お道具は、昨年新調され、「菊」と「水の一生」が表現されているそうです。


お茶会の後は、一旦お別れ。
私も会所のお当番に戻ります。


Dscf3943


そして、日和神楽が戻って来る頃、またまたシスターズで集まりました!


Dscf3945

今宵は、あにす様eriko様虹子様maiky様まっちゃ様と合流です~。

Dscf3941

虹子様とeriko様はトルコアイス、手前の可愛くない生ビールはもちろん、私(笑)。

Img_1062


今年、新しい浴衣を買ってしまいました・・・。
紺地の葡萄柄浴衣に、白の透かし織りの半幅帯。

Dscf3947


今回は、根付けに台湾玉市にて求めた翡翠の百合。ちょっと提灯ぽいかしらと。
宵の気分に合わせて、帯留め代わりに月の雫ブローチを。

こちらは、昨年「あばれ観音」見学でお世話になりました南観音山の日和神楽。

参考

写真:2010年7月16日 四条西洞院~新町付近

|

« 和歌山より、帰って来ました! | トップページ | 祇園祭2010 宵々々山 山伏山~鯉山~八幡山~役行者山 »

コメント

さすが浴衣を着せたら京都一のいけこさん。
宵山つかの間の楽しいひとときを過ごされたようでよかったですね。
私は今年は仕事で宵山には行けず・・・。
数年間続けた粽買いも残念ながら途切れて
しまいました^^;
次の日の巡行に行けたのでよしとしなければ。
来年は宵山リベンジしたいと思います。

投稿: 一休 | 2010.07.21 23:56

こんにちは、一休様

お褒め下さいまして、有難うございます~。
そ、そんな、京都一だなんて・・・。
もー!お上手なんですからー(照)!あわわ。

私は、巡行当日が残念ながら仕事で行けずでした。
宵山、もしや金曜日はお出かけになられるかと思っておりましたの。
あらら、粽のお遣いメールを致せば良かったですわね。
すみません。

投稿: いけこ | 2010.07.22 11:28

今年も祇園祭に行けなかった(行かなかった)
今年はまだ浴衣を着てません。。。

また浴衣でお出かけしたいですね!!

投稿: rina-oha | 2010.07.22 20:57

そうか、宵山に会所に行けばいけこさんに会えたのか。
あまりの行列にあきらめたのですが、
ならんでおけばよかったですね。

投稿: なおくん | 2010.07.22 21:09

今年もまた、お天気の悪さと暑さで浴衣でおでかけはできませんでした^^;
いつになったら浴衣でお出かけできるのかな?

一応、用意はしてあったのですけどねヾ(^^;

投稿: Milk | 2010.07.22 23:01

こんにちは、rina-oha様

まあ!ならば、是非とも京都へいらして~!
シスターズとご一緒に京都で浴衣にしましょ。
浴衣で伏見の酒蔵巡りなんぞいかがでしょ?
只今、maiky様と画策中~。

投稿: いけこ | 2010.07.23 15:10

こんにちは、なおくん様

私もなおくん様がお出かけとあらば、メールをしておけば良かったなぁと後悔しとります。
あ、私の会所、南観音山ではございませんの。
去年は、ブログ友のご厚意で寄せて貰いまして・・・。
お手伝いしている山は、こちらで書きますのは少々障りがございましてね。
お目にかかれました際、お知らせ致しますわ~。

投稿: いけこ | 2010.07.23 15:12

こんにちは、Milk様

是非とも、ご一緒に浴衣でお出かけしましょ!
お休みを頂けたら、すぐさま、お誘い致します!
でも、きっと暑いんでしょうねぇ。
9月上旬なら、浴衣でもいいと思いません?
単衣だときっと暑いですものー!

投稿: いけこ | 2010.07.23 15:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/48928102

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭2010 宵山 菊水鉾のお茶席・日和神楽:

« 和歌山より、帰って来ました! | トップページ | 祇園祭2010 宵々々山 山伏山~鯉山~八幡山~役行者山 »