« スイス雑記 その10 マッターホルン博物館とツェルマットの街にて | トップページ | 心より »

2010.06.09

スイス雑記 その11 朝焼けマッターホルン

9月22日 早朝

朝まだき、教会の脇の道から橋の上へ。
わ~、まわりは日本人ばっかりー。
ご来光を有り難がる民族だからかしら??


Img_0396

Dscf0387

Img_0408


Img_0406

Dscf0396

東雲色から金色に輝くマッターホルンは、清冽。
言葉はいらない。


参考

写真:2009年9月22日 ツェルマットにて

|

« スイス雑記 その10 マッターホルン博物館とツェルマットの街にて | トップページ | 心より »

コメント

いけこ様、こんにちは

まさに仰るとうり、マッターホルンの絶景でございますねぇ♪

心の中に刻まれたことでしょう^^

投稿: 高兄 | 2010.06.09 20:47

こんにちは、高兄様

この朝焼けは、夜明けからほんの15分か20分ほどなんですよ~。
夕方は大抵マッターホルンは雲がかかってしまいますので、この姿は朝だけの貴重な姿なのです。

投稿: いけこ | 2010.06.10 15:41

言葉はいらないって事で一言だけ。
厳かですね。

投稿: 外付け胃袋 | 2010.06.10 23:18

おはようございます
スイスの写真天候にも恵まれて素晴らしいのばかり羨ましい
朝、たまたま日本人の観光客が多かっただけではないでしょう
四季がはっきりしてて、国土が南北に細長い等で
自然の変化に敏感な国民性?ですかね
この日、月と青もみじ狩り?天気が~・・・涙
秋は色々提案してみましたがせんとくんに負けました
薬師寺東塔も暫く解体されますのでま、いいか

投稿: kame | 2010.06.11 10:36

こんにちは、外付け胃袋様

仰るとおり、まさに、謹厳なる姿でした。
ご年配の方々の数人が、マッターホルンに向かって合掌していたのも頷けます。

投稿: いけこ | 2010.06.11 14:50

こんにちは、kame様

恐らく、シルバーウィークにかかっていたので、日本人が多かったのでしょう。
この時期のスイスは旅行代がちょっとお高いので(笑)、橋で出会った日本人は大抵がリタイアされたご夫婦か新婚旅行の方々どちらかで。
出会う年齢がぱかっと別れていたのが、印象的でした。
ツェルマットは全体的に天候に恵まれ、素敵な滞在となりましたわ~。

秋の行軍は、せんとくんが勝ちましたか。
奈良も魅力的ですから、どうぞ楽しんで下さいませね~。
先日アップした、鹿寄せ、個人やグループでも出来るそうですよ。

投稿: いけこ | 2010.06.11 14:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/48575774

この記事へのトラックバック一覧です: スイス雑記 その11 朝焼けマッターホルン:

« スイス雑記 その10 マッターホルン博物館とツェルマットの街にて | トップページ | 心より »