« 日々徒然 | トップページ | スイス雑記 その8 ツェルマットの高山植物達 »

2010.06.01

スイス雑記 その7 ゴルナーグラート展望台とローデンボーデン~リッフェルベルグトレッキング

写真がアップ出来ない~と言ってましたが、単にダグの一つ打ち間違い。
@niftyさんは悪くないです。すみません・・・。

それでは、今月はしばらくスイス雑記を更新していきたいと思っています。
友人が新婚旅行にスイスを考えているとのこと、続きを早くアップして!と要望が(焦)。
入院中のSちゃんも、元気になったらスイスに行きたいと言ってますし。
羨ましくなったら、病気の治りも早いんとちゃう?
うふふ、早く良くなれ~!!
皆様、どうぞおつき合い下さいませね。
前回の記事は、こちら

9月21日

AM8:24 まだちょっと暗い。

ゴルナーグラート・モンテローザ鉄道のツェルマット駅から、ゴルナーグラート駅へ向かいます。

Dscf0328

ツェルマット駅。
(朝はまだ暗かったので、これは下りてきてから撮影)


Dscf3575


切符はバーコード式で、2人ですと、このように夏と冬バージョンの切符が貰えました。
こういう心遣いが憎いですねぇ。嬉し。

Dscf0274


赤い登山鉄道は、アプト式。
スイス出発前わざわざ電話で、テツの父に「線路は油で滑るので、コケるから絶対に乗るな!」と言われました(笑)。
私、いくつやねん。


AM8:57 ゴルナーグラート駅到着。
ツアーの皆さんで、セントバーナード犬と一緒に集合写真。
この朝は雲が多く、集合写真のバックにマッターホルンは無理でしたが、出来上がった写真には快晴のマッターホルンを合成してくれました!
スゴイな、文明の利器(笑)。
セントバーナード犬をぎゅっとさせてもらい、記念写真を撮りました(有料、10フラン)。
大人しくて、モフモフで幸せ~。

ここからは、一日自由行動です。


Dscf0267


展望台は、3090M。気温は-2℃。
見下ろすと、ちょっと雲に囲まれてますが、マッターホルン(4478M)が見えます。


Img_0186


モンテ・ローザ(4634M)からのたうつような躍動感溢れるゴルナー氷河です。


Dscf0272


だんだんと雲が晴れてきて、青空が拡がります。
青と白に彩られたパノラマは見事です。
左から、リスカム(4527M)、その前を流れるグレンツ氷河、双子のようなカストール(4223M)、ボルックス(4092M)が見えます。

Img_0219


展望台の一番上から見た景色


Dscf0270

展望台でパノラマを楽しんだ後、ゴルナーグラート駅から一駅下りて、ローデンボーデン駅へ。
ここからは、リッフェルベルグまで約2時間弱のトレッキングです!


Dscf0275


2009年9月21日時点では、お花畑はほとんど無く、すっかり秋の風情です。

Dscf0295

トレッキングは、このような標識に従って歩きます。
大体所要時間や距離が書いてあり、時間配分の参考に出来ます。


Dscf0284

リッフェル湖に写る、うっすら逆さマッターホルン。
風がきつく、湖面が波立ち、はっきり見えなかったのが残念ですが、とても絵になります。


Img_0259a

湖には、小さなお魚がいっぱい。
こんな高い所(2757M)にどうしているのでしょう?
雪解けの水は、しんと冷えて冷たいです!
手を入れると、お魚がめっちゃ寄ってきます。
そして、手の甘皮を囓られます・・・。


Dscf0319


ですが、風のお陰で、益々雲が晴れ、少しだけマッターホルンの端正な姿が。
淡雲を纏い、きりりとした立ち姿です。

Img_0326


Dscf0322

リッフェルベルグ駅が見えてきました。
この駅には、セルフサービスのレストランがあります。


Dscf0325

レストランで、ビールとスープを買い、テラスで頂きます。
ツアーで希望者に、おにぎりのランチボックスが頼めました。
(朝、ツェルマット駅にて渡されます)
ツェルマットにある「妙高」レストランのお陰で、新潟産コシヒカリのおにぎりです!
梅干し・おかか・昆布のおにぎりに、焼き海苔、キャラメルとチョコ、林檎、きゅうりのキューちゃんが付きます。
きゃー!有り難い!
青空の下、素敵な景色に、涼やかな風、頂くおにぎりは最高です。

Dscf0326


マッターホルンに乾杯!

参考

写真:2009年9月21日 スイス・ツェルマット

|

« 日々徒然 | トップページ | スイス雑記 その8 ツェルマットの高山植物達 »

コメント

一気に返済はできませんからね。
不良債権コツコツ消化していきましょう。
>前回の記事は、こちら
これ、重要ですね!

で、2時間のトレッキングでもビールは飲んじゃうんですねー。
すごいなぁ。
あと辛くなかったですか?
すごく酔っぱらえちゃいそうです。
ま、この景色の前で飲まないってのも野暮ってもんですが……

マッターホルンが綺麗で見とれてしまいました。
ここを登るんだなぁ。
人間てすごいなぁ。
川の水、飲めますかね?
飲みたいです。

投稿: 外付け胃袋 | 2010.06.02 00:18

こんにちは、外付け胃袋様

はーい、コツコツ返済して参ります。
台湾雑記も~。
どうぞ、おつき合い下さいませね。

ビールは、だって、この旅行の日からオッターフェスタだったんですって!!
ビール祭ですよー!
それに、みーんな飲んでらっしゃいましたもの~。
絶景に乾杯ってことです。

あ、嬉しいです。
このマッターホルンの写真、個人的にお気に入りなんです。うふふ。
端正であり、そして、また厳しくもあり。
この山にアタックした先人達や今も登るアルピニスト達は凄いなぁと思います。
川の水は、この時期はちょっと少なめなんですよね。
美味しい雪解けの水は、ビールとワインになってます(笑)。

投稿: いけこ | 2010.06.02 14:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/48472922

この記事へのトラックバック一覧です: スイス雑記 その7 ゴルナーグラート展望台とローデンボーデン~リッフェルベルグトレッキング:

« 日々徒然 | トップページ | スイス雑記 その8 ツェルマットの高山植物達 »