« ううーん | トップページ | 上賀茂神社 夏越祓(なごしのはらえ)2010 »

2010.06.29

私信)有難うございました。

先日は、友人に温かい慰めのコメントを頂きまして、本当に有難うございました。
また、そっとご訪問下さり、お祈り下さいました皆様へも、御礼申し上げます。

以下、友人より、メッセージを貰いましたので、転載致します。


「いけこのブログへご訪問の皆様へ。

この度は、お悔やみを頂きまして、大変有難う存じます。
この場を借りまして、厚く御礼申し上げます。
皆様とはブログでの出会いとのこと、
いけこがブログを始めて、このような交流をしているとは、いけこらしいとは思いますが(笑)。
まさか、見も知らぬ、私にまでもお悔やみを頂くとは・・・。
人との縁とは、かくも優しいものかと。

昨年から父の病気の事もあり、家族はいつかとの覚悟はしておりましたが、
初七日も過ぎ、何だか慌ただしい間に父を送った心地でおります。

皆様がこれをご覧になる頃には、私は既に出国しております。
私の異国への任地に、家族で一番反対したのは父でありましたが、
働き始めた後、一番応援してくれたのも、また、父でございました。
泣かないとは言えませんが、日常は流れてゆきます。

外付け胃袋様の仰ったように、また帰国時に、いけことゆっくり父の話をしながら、お酒を飲んだりしたいと思います。
そして、父がひいらぎ様の仰ったように、よき方に導かれんことを願ってやみません。

有難うございました。」

常套句を使う時、気持ちが届きますようにといつも願う。
そして、それは有り難いことに大抵は叶う。
恐らく、常套句にはそう呼ばれるほどに使われてきた、思いの歴史があるからなんだと思う。

|

« ううーん | トップページ | 上賀茂神社 夏越祓(なごしのはらえ)2010 »

コメント

ご丁寧なお返事をありがとうございます。
このようなお返事を頂けるとは思ってもおらず。
恐縮しております。
笑ったり泣いたりしながら、ゆっくりお酒が飲める時がくると良いなと思っております。
ご帰国された際には、いけこさん宜しくお願いします!
何にもできない私の言う事ではありませんが、お力になってあげて下さいませ。

投稿: 外付け胃袋 | 2010.07.01 06:22

おはようございます、外付け胃袋様

今度、彼女の帰国時に、もう一人の友人と併せて、盛大に飲み明かそうと約束を致しました。
でも、きっと彼女には、私の力はいらないんだろうなぁと。
逢った時に、互いに相手の方へ心が向いているのが嬉しいのです。

元々は、全国各地に散らばった友人達への生存確認として始めたブログでございました。
それが、このようなご縁を頂き、友人も私も有り難いと思っています。
こんな時、しみじみブログをやっててよかったなぁと。


投稿: いけこ | 2010.07.01 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/48743073

この記事へのトラックバック一覧です: 私信)有難うございました。:

« ううーん | トップページ | 上賀茂神社 夏越祓(なごしのはらえ)2010 »