« ゆすら梅 | トップページ | スイス雑記 その10 マッターホルン博物館とツェルマットの街にて »

2010.06.07

スイス雑記 その9 スネガパラダイス

トレッキングから、ツェルマットの街中に戻って参りました。
ですが、日も長く時間はたーっぷりありますので、もう一つの展望台へ。


Dscf0333

「Alpen-Metro」、通称「スネガエクスプレス」でスネガ展望台へ参ります。
メトロと言う名の通り地下ケーブルカーで、2288Mまで約3分ほどで一気に登ります。

Dscf0361


しかし、チケット売り場から駅までが遠い・・・。
こんな地下トンネルをずーっと歩きます。


ケーブルカーに乗っている間は、真っ暗な山の中のトンネルを進む為、車窓からの景色は望めません。

Dscf0335


ですから、頂上で駅を出た瞬間、このパノラマは最高です!!


Dscf0345

尾根の際にあるベンチは人気のスポット。
何だかいい感じです。


ただ、頂上へ向かう観光客が随分と少ないなぁと思っていると、この9月のシーズンは工事点検シーズンだそうで。
ちょーっと写真が撮りにくいのです。残念。
(スネガは、冬場はスキー場になります)
いろんな道が封鎖されたり、掘り起こされたり、工事車両があったりとかで、確かに風情がありませんねぇ。
モンブランでの展望エレベーターや、この後訪れる街、グリンデルワルドにても道路工事中が多々ありました。
雪のシーズンを控え、スイス全体が9月は総点検総工事を行うようです。


Dscf0357


スネガの山上湖、ライ湖。
水が大変澄んでいて、リッフェル湖と違って、お魚が全くいません。


Img_0364

逆さマッターホルンは、午前中見られるそうです。
ライ湖あたりは、全く人もおらず、私と相方でライ湖独り占めです!

Img_0366


ライ湖へは、展望台からこのようなカーゴタイプのエレベーターで移動できます。
何だか、スネガは近未来的。

Dscf0352

スネガ展望台の廻りは、ヒースや下草の紅葉ですっかり秋の気配。
こちらのトレッキングコースは道幅も広いため、沢山の方がMTBで登ったり下りたりされていました。


参考

写真:2009年9月21日 ツェルマット・スネガにて

|

« ゆすら梅 | トップページ | スイス雑記 その10 マッターホルン博物館とツェルマットの街にて »

コメント

チケット売り場から遠い駅というので、東京駅を思い出してしまいました。
トンネルはもう少し明るいですけどね。
しばらく歩いてないなぁ。
で、トンネルを抜けるとパノラマでしたか!
冬は雪国になるんでしょうね。
メトロは退屈ですが、演出としてはアリかと。
私、鉄でないし。
それにしても、どれも素敵な景色ですね!
時間を忘れてのんびりしたいなぁ。

あ、抹茶。
マグボトルでしゃかしゃかする以外の作り方はできませんが、大丈夫でしょうか?
どんな抹茶を頂いても不味く作ってしまうのではないかという懸念が……

投稿: 外付け胃袋 | 2010.06.07 23:50

こんにちは、外付け胃袋様

東京駅もそうなんですか??
大抵、切符は既に買っている場合が多いので、そう言えば、私、東京駅で切符買ったことがないです!
真っ暗のメトロ駅から出た瞬間のパノラマは、贅沢でしたわ~。
冬は恐らくツェルマットの街もこのスネガパラダイスも雪に覆われるのでしょう。

お抹茶と一緒に、生菓子も送れたらいいんですけれどねぇ。
宇治清水は、グリーンティみたいなのなので、お砂糖入りです。
お楽しみに~。


投稿: いけこ | 2010.06.08 14:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/48524449

この記事へのトラックバック一覧です: スイス雑記 その9 スネガパラダイス:

« ゆすら梅 | トップページ | スイス雑記 その10 マッターホルン博物館とツェルマットの街にて »