« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.06.30

上賀茂神社 夏越祓(なごしのはらえ)2010

夏越祓とは、六月の晦日に、半年分の犯した罪や穢れを祓うという厄除けの行事です。
今年も、上賀茂神社へ祓いに参ってきました。

Dscf3710


水無月の 夏越の祓する人は 千歳の命 のぶといふなり
   (能 「水無月祓」 世阿弥より 『拾遺和歌集』よみ人しらず)

と唱えつつ、左→右→左と茅の輪を連なってくぐり、最後はまっすぐ突き抜けます。


Dscf3711


ひとがたに、名前と数え年を記入し、ひとがたで体の悪いところと、胸の前で左→右→真ん中となで、
最後にふっと息を吹きかけ、穢れを移します。

Dscf3712

神火を焚き、幣を立てて清められし楢の小川。


Dscf3713


雅楽が奏され、宮司の皆様が茅の輪をくぐって、橋殿へ参られます。


Img_0855

橋殿から、和歌を三回唱えられた後、中臣の祓えを唱えられ、
穢れを移したひとがたは楢の小川へ流されます。

Img_0862

風そよぐ 楢の小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける 
 (「新勅撰和歌集夏・小倉百人一首 98番」 従二位 藤原家隆)


Img_0865

麻・木綿布を裂き流し、


Dscf3725

頭を垂れ、和歌を唱えながらお祓いを受けます。
宮司の皆様の次に、左方から順に、参拝者全員もお祓いを受けます。

思ふこと みなつきねとて 麻の葉を きりにきりても 祓へつるかな
              (『後拾遺和歌集』 1204番 和泉式部)

祓った榊を折って流し、祓えは終了です。

Dscf3704


この日は、魔滅(まめ)の小豆、氷室の氷に見立てた「水無月」を頂きます。
これも京都の風物詩ですね。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2010.06.29

私信)有難うございました。

先日は、友人に温かい慰めのコメントを頂きまして、本当に有難うございました。
また、そっとご訪問下さり、お祈り下さいました皆様へも、御礼申し上げます。

以下、友人より、メッセージを貰いましたので、転載致します。


「いけこのブログへご訪問の皆様へ。

この度は、お悔やみを頂きまして、大変有難う存じます。
この場を借りまして、厚く御礼申し上げます。
皆様とはブログでの出会いとのこと、
いけこがブログを始めて、このような交流をしているとは、いけこらしいとは思いますが(笑)。
まさか、見も知らぬ、私にまでもお悔やみを頂くとは・・・。
人との縁とは、かくも優しいものかと。

昨年から父の病気の事もあり、家族はいつかとの覚悟はしておりましたが、
初七日も過ぎ、何だか慌ただしい間に父を送った心地でおります。

皆様がこれをご覧になる頃には、私は既に出国しております。
私の異国への任地に、家族で一番反対したのは父でありましたが、
働き始めた後、一番応援してくれたのも、また、父でございました。
泣かないとは言えませんが、日常は流れてゆきます。

外付け胃袋様の仰ったように、また帰国時に、いけことゆっくり父の話をしながら、お酒を飲んだりしたいと思います。
そして、父がひいらぎ様の仰ったように、よき方に導かれんことを願ってやみません。

有難うございました。」

常套句を使う時、気持ちが届きますようにといつも願う。
そして、それは有り難いことに大抵は叶う。
恐らく、常套句にはそう呼ばれるほどに使われてきた、思いの歴史があるからなんだと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.28

ううーん

今年、4月上旬から新人さんが庶務課に配属されましたが、どうやら、私、職員と認識されていないようです(笑)。


先日、出張先から緊急に連絡を取る必要が有り、大学事務へ電話をしたら、偶々新人さんが出たのです。
(ウチは外からだと、まず、代表に繋がります)

私:「お疲れ様です。附属図書館のいけこですが、○○先生をお願いします。」

新人:「いつもお世話になっております。恐れ入りますが、所属機関名をお願いします。」

私:「当大学附属図書館に在職しております、いけこです(ん???)」

新人「トウ大学でございますか、少々お待ち下さい」

しばらくして先生(普段から仲良し)が、何だかよそ行きの声で電話口に出てきて。
あれっと思っていると、「なんや~、いけこちゃんか~」と先生が笑う。
何故なら、「東京大学のいけこさんからお電話です」と繋がれ、「誰やねん?」と思ったそう。

そう言えば・・・。
4月上旬の新年度教職員連絡会は、図書館開館勤務中の為、欠席。
4月下旬の学園歓送迎会は、東京出張中の為、欠席。
5月の研修会は、講義中の為、欠席。
6月の大学事務チーム歓迎会は、名古屋出張中で、お金だけ出した。

確かに、彼の最初の挨拶回り以外接触してなかったわ・・・。
その挨拶回りの時も、貸出受付が混んでて会釈だけだったし、
特に、ここ二ヶ月ほどバタバタしてて、事務にも郵便物しか取りに行っていない。

次の接触の機会は、近くは夏の互助会の研修旅行だが、
毎年、蔵書点検作業の為、ここ10年ほど図書館は一度も参加出来ていないのよ。
となると、年末の忘年会まで機会が無いが、大学事務職員は30人くらいしかいないので、
それまでに、顔は分からなくて良いから、名前だけは、そろそろ認識してくれるといいな~と思っている今日この頃。
内線や外線取り次ぎでは、応対してくれるんですけれどね(笑)。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.27

シスターズ、九州チームと!

シスターズ、九州チームと!
今夜は宮崎料理屋さんにて。
乙女さん、まっちゃさん九州チームと一緒に!
お店の方もお客さん達も、九州の方が多く、なんだか、ホームにいるのにアウェイ感が(笑)。

あにすさん、まめさんと、名古屋から千夜ちゃんも参戦で、女6人夜飲みです〜。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010.06.22

詩仙堂 皐月2010

お陰様で、腰痛は日常生活には支障が無いくらいに回復しました。
でも、まだちょっと走れません・・・。

さてちょっと前になるのですが、出張のついでに、詩仙堂へ6月11日に行ってきました。
皐月が見頃最終を迎えており、この日は梅雨前の最後の晴天、
雲一つ無い青空に力強い青もみじ、鮮やかな皐月の花波が見事でございました。

Dscf3592

ちらり見ゆる、皐月、青葉こそ、凹凸窠の迎え花。

紅葉の時期には、鈴なりの詩仙堂も、平日だからでしょうか、ほんの30分ほど独り占めが出来ました。
本当に贅沢な午後のひとときでございました。


Img_0828


風薫る、わずかばかりの静寂に、耳を撫でるはししおどしのみ。

Dscf3619

Img_0833


陰影たゆませ、皐月色差し、鶏冠木(かえで)の夏襲。


Dscf3596


箒目も清しき白砂に、描き際立つ緑、皐月点描。


Dscf3598


皐月の波頭に洗われて、下る階段の嬉しさ。


Dscf3602

日よけには、青もみじの大傘の下、眺むは愛し光庭。


Dscf3605

澄み渡る天色(あまいろ)、風に遊ぶ常磐緑、日に輝く皐月色、皆競いて、水無月謳歌。

Dscf3610

茶人のお庭は、まるで花籠のようでございます。
この時期は、色薄きから濃きまで様々。

Dscf3614

雨を待つ身の蛍袋。


Dscf3611

名のゆかし、名残の都忘れ。


Dscf3606


皐月を地紋か、総絞りの京鹿の子。



緑溢れるお庭にて。
途中で“かこん”と音がするのは、ししおどしです。



お座敷に戻り、お庭を眺めて。
こちらも、ししおどしの音が一つ。


参考

写真:2010年6月11日 詩仙堂にて

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2010.06.21

復活しました~!

お陰様で、快方に向かっております。
まだ、少々痛みが残ってはおりますが、取り敢えず、日常生活には差し支えない程度に。
また、父も無事に土曜日に退院しました。
ご訪問の皆様、お見舞い大変有難うございました!
私、幸せ者でございます~。
お返事は、また改めまして。

いけこ 拝

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010.06.17

ちょっとブログのお休みを頂きます

父が手術入院したり、連日の激務が祟ったのか、月曜日にぎっくり腰になりました・・・。
何とか一日だけ火曜日にお休みを頂きましたが、本日、木曜日に大きな会議があるため、
昨日からひぃひぃ言いながら、出勤してます・・・。
痛いよぅ(泣)。

図書運営委員会は、春と秋の年二回しかありません。
ですので、その二回の会議に全ての議題を詰め込むことになります。
昨期より、図書館長に病院のドクターが就任したため、外来受付終了後の午後3時から始まり、長いときは約4時間半越えの耐久会議となります・・・。
その為、途中で、別の会議や講義でぬける各学部の先生や職員達が続出、麻酔科の先生が手術の為に後半抜けたり、白衣を着替える間もなく鍼灸の先生が艾のにおいをさせながら参入し、リハビリの先生の持ち込んだ数組の松葉杖や石膏・包帯・テーピングを次の講義の先生方が受け取りに来たりなど、会議中やたらと人の出入りが激しい(笑)。
結局、始まりと終わりで会議メンバーがほぼ違います。
何故、時間を短縮し、数回に分けないのか・・・。←就職時より提案し続けてます。

今週末はオープンキャンパスで土日出勤だしなぁ。くすん。

大変申し訳ございませんが、今月末まで、しばらくブログのお休みを頂きたく存じます。
ご訪問の皆様、お許しください。

いけこ 拝

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010.06.13

新幹線まで

新幹線まで
名古屋駅のピエールマルコリーニにて、お茶してます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010.06.12

千夜ちゃんと!

千夜ちゃんと!
名古屋の夜を楽しんでます!
手羽先、八丁味噌のどて煮やら、頂いてます!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

名古屋出張中!

名古屋出張中!
名古屋城!
しかし、暑い!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.06.11

けんこう様、Rちゃん、有難うございます!!

Dscf3580

台湾から、極上の夏の使者がわが家に。
けんこう様より、たーっくさんの愛文マンゴーを頂きました!!
有難うございますぅ~(感激)。

Dscf3586


このジューシーな果汁の甘美な煌めき。
この芳醇な薫り、台湾の日差しを閉じ込めたような金赤の果肉。
美味でございましたわ~。


Dscf3591

そして、大学時代の友人、Rちゃんからはなんと、無農薬の青梅を5㎏も頂きました!!
爽やかな香気に、ほんのり真赭に染めた青梅は、しみしみ美味しい梅酒になりますように。
Rちゃん、有難う-!!
伯父様に宜しくお伝え下さいませね~。

Dscf3577


こちらは、hayate様より教わり、昨年漬けた味醂梅酒。
優しい梅酒となりました。
あっという間に飲んでしまいそうです。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.06.10

心より

昼頃、友人より入電。
お父様が亡くなったとの、報告を受けた。
彼女だけ、帰国便が間に合わず、臨終に立ち会えなかったとのこと。

気丈にも泣かずに、今夜、線香番で徹夜するから、ブログを纏め読みするわと言った彼女に、
電話では、ありきたりの言葉以外、何も言葉を掛けることが出来なかった。
30年以上も生きてきて、4年間も言葉というものを専門的に学んだにも関わらず。
本当に、すまない。


親孝行できていないと嘆いたが、これからだって出来る。
あなたが、幸せで健康で一生を過ごし、それをお迎えに来てくれた親に、人生の楽しかったこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、泣いたことを報告するのだ。
あなたの体の半身は、父であり母であり、常にあなたの側にいる。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.06.09

スイス雑記 その11 朝焼けマッターホルン

9月22日 早朝

朝まだき、教会の脇の道から橋の上へ。
わ~、まわりは日本人ばっかりー。
ご来光を有り難がる民族だからかしら??


Img_0396

Dscf0387

Img_0408


Img_0406

Dscf0396

東雲色から金色に輝くマッターホルンは、清冽。
言葉はいらない。


参考

写真:2009年9月22日 ツェルマットにて

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.06.08

スイス雑記 その10 マッターホルン博物館とツェルマットの街にて

PM16:30頃

スネガパラダイスからツェルマットの街へ戻ってきましたが、夏のスイスはまだまだ明るいのです。
(その代わりに、朝は中々明けない)


Dscf0382

マッターホルン博物館へ。
展示室は地下ですが、地下はまるでミニチュアのツェルマットの街のようになっています。
往時の教会やホテル、山岳ガイドの小屋や家畜小屋などが再現され、展示されています。
1865年にマッターホルン初登頂に成功したイギリス人ウィンパー達のザイルやピッケル等や登頂譚、アルプスの造山活動、動植物、鉱物、そしてツェルマットの昔の姿を知る事が出来ます。


昔、マッターホルンの頂上には悪魔が住んでいて、近づいてくる人間がいると石や岩を投げて突き落とすと信じられていました。
アルプス登頂黄金期(1840年~1865年頃)においても、18回のアタックにも関わらず、踏破できずにいました。
ですが、1865年に、エドワード・ウィンパー、チャールズ・ハドソン、フランシス・ダグラス卿、ダグラス・ハドウのイギリス人パーティはミシェル・クロッツとタウクヴァルター父子をガイドにして、8回目の登頂に挑戦し、初めてこれに成功しました。
しかし、下山中、ハドウの滑落にクロッツとハドソン、ダグラスが巻き込まれ、これによりザイルが切断。
4人は1400m下に落下して死亡しました。
(「アルプス登攀記」 ウィンパー著)

Dscf0220

発見されなかったダグラス卿を除く3人の遺体はツェルマットの墓地に埋葬されました。
墓地には、マッターホルンだけでなく、周囲の山々で落下した登山家達の追悼の碑があります。
街の方々によって、清掃と季節の花々が欠かさず供えられています。
(墓地に踏み込むのは、死者の眠りを妨げるのではないかと思い、道から遠目に)

Dscf0381

当時は、こんな麻のザイルに金槌の様なピッケルで登頂したのですね。

Dscf0379


これが、4人の滑落時のザイルです。
滑落の悲惨さからか、当時、ウィンパーはスイス当局の査問委員会に引き止められ、裁判にかけられることになったり(無罪)、タウクヴァルター父子が古いザイルを使い、わざとザイルを切ったのではないかと非難されました。

現在、マッターホルンの全ての斜面と尾根は、全ての季節において制覇されています。
女性としての冬季北壁の初登頂は、日本人女性です。
鴫秋子(しぎあきこ)さんは1978年3月女性として初めて、冬の北壁をご主人の鴫満則さんと共に制覇しました。

Dscf0216

マウリチウス教会の鐘を聞きながら、

Dscf0376

チョコレート屋さんへ寄ったり、

絵はがきを購入したり、薬局にてエーデルワイス成分配合(ホントかな?)のハンドクリームを買ったりしつつ、

Dscf0383

メインストリートで開かれている露店を冷やかしたりして、ホテルへ。


Img_0380

途中で、美味しそうな大きなソーセージを店頭にて焼いてたので、購入し、部屋のテラスでマッターホルンを見ながら頂きます!
掌サイズのパンはおまけ。
あぁ、極楽~!!


Img_0386


晩ご飯は、チーズフォンデュ。
結構しっかりお酒が入っていて、お酒がダメな人には酔っぱらって大変かもしれません。
もちろん、皆様ご存じの通り、私達は美味しく頂きました~。

Img_0385

白ワインの後は、「Grapillon Sparkling(グラピヨン)」を。
ノンアルコールの微炭酸飲料です。
「南フランス産赤ワイン品種の100%天然ぶどうジュース」と「スイスアルプスの天然水」を組み合わせた飲み物だとか。
しっかりした味わいですが、微炭酸で爽やか。
お気に入りになり、スイス滞在中は何度か飲みました!

参考

写真:2009年9月21日 ツェルマットにて

「マッターホルン博物館」
料金:10フラン
開館時間:11:00~18:00 ※サマータイム

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.06.07

スイス雑記 その9 スネガパラダイス

トレッキングから、ツェルマットの街中に戻って参りました。
ですが、日も長く時間はたーっぷりありますので、もう一つの展望台へ。


Dscf0333

「Alpen-Metro」、通称「スネガエクスプレス」でスネガ展望台へ参ります。
メトロと言う名の通り地下ケーブルカーで、2288Mまで約3分ほどで一気に登ります。

Dscf0361


しかし、チケット売り場から駅までが遠い・・・。
こんな地下トンネルをずーっと歩きます。


ケーブルカーに乗っている間は、真っ暗な山の中のトンネルを進む為、車窓からの景色は望めません。

Dscf0335


ですから、頂上で駅を出た瞬間、このパノラマは最高です!!


Dscf0345

尾根の際にあるベンチは人気のスポット。
何だかいい感じです。


ただ、頂上へ向かう観光客が随分と少ないなぁと思っていると、この9月のシーズンは工事点検シーズンだそうで。
ちょーっと写真が撮りにくいのです。残念。
(スネガは、冬場はスキー場になります)
いろんな道が封鎖されたり、掘り起こされたり、工事車両があったりとかで、確かに風情がありませんねぇ。
モンブランでの展望エレベーターや、この後訪れる街、グリンデルワルドにても道路工事中が多々ありました。
雪のシーズンを控え、スイス全体が9月は総点検総工事を行うようです。


Dscf0357


スネガの山上湖、ライ湖。
水が大変澄んでいて、リッフェル湖と違って、お魚が全くいません。


Img_0364

逆さマッターホルンは、午前中見られるそうです。
ライ湖あたりは、全く人もおらず、私と相方でライ湖独り占めです!

Img_0366


ライ湖へは、展望台からこのようなカーゴタイプのエレベーターで移動できます。
何だか、スネガは近未来的。

Dscf0352

スネガ展望台の廻りは、ヒースや下草の紅葉ですっかり秋の気配。
こちらのトレッキングコースは道幅も広いため、沢山の方がMTBで登ったり下りたりされていました。


参考

写真:2009年9月21日 ツェルマット・スネガにて

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.06

ゆすら梅

ゆすら梅
お庭で一キロも収穫出来ました。
半分はジャム、半分はお酒に漬けます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

眠り猫

眠り猫
ぐー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.03

改装後のお店は

改装後のお店は
広々して、奥に鳥居や倉も見え、新緑が目に鮮やか。京都本(洋書も)や和菓子の本も飾られ、しっとりと大人な雰囲気です。

出張でしたんで、デジカメを忘れてしまったのは、残念です。

で、相変わらず、ミズチの私。
Milk様と合流したら、雷が。そして、雨…。
笑いしか出ません。
Milk様は優しく、ふんわり微笑んでくれましたけどー。
すみませんー!
そして、何と、私の晩ご飯のおかずまで、頂いたのでした。
有り難うございますぅ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Milk様ととらやさんでおデート中!

Milk様ととらやさんでおデート中!
Milk様はあんみつ、私は生菓子で。
緑に囲まれて、お茶してます!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.06.02

スイス雑記 その8 ツェルマットの高山植物達

9月下旬ですと、スイスのお花畑のシーズンはほとんど終了でして。
紅葉まではいかない端境期だそうです。
ですが、ほんの少し名残のお花が、トレッキングを更に楽しませてくれます。


Dscf0289


青い花、ゲンティアナ・オルビクラリス

Dscf0303


アルペン・アザミ


Dscf0306


ゲンチアナ・ラモサ


Dscf0323


レウカンテモプシス・アルビナ


Dscf0354

ヒースの群生と染まり始めた草紅葉。


Dscf0196_2


ヤナギラン


Dscf0330

これは、ホテルのお庭に咲いていた園芸種のエーデルワイス。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.01

スイス雑記 その7 ゴルナーグラート展望台とローデンボーデン~リッフェルベルグトレッキング

写真がアップ出来ない~と言ってましたが、単にダグの一つ打ち間違い。
@niftyさんは悪くないです。すみません・・・。

それでは、今月はしばらくスイス雑記を更新していきたいと思っています。
友人が新婚旅行にスイスを考えているとのこと、続きを早くアップして!と要望が(焦)。
入院中のSちゃんも、元気になったらスイスに行きたいと言ってますし。
羨ましくなったら、病気の治りも早いんとちゃう?
うふふ、早く良くなれ~!!
皆様、どうぞおつき合い下さいませね。
前回の記事は、こちら

9月21日

AM8:24 まだちょっと暗い。

ゴルナーグラート・モンテローザ鉄道のツェルマット駅から、ゴルナーグラート駅へ向かいます。

Dscf0328

ツェルマット駅。
(朝はまだ暗かったので、これは下りてきてから撮影)


Dscf3575


切符はバーコード式で、2人ですと、このように夏と冬バージョンの切符が貰えました。
こういう心遣いが憎いですねぇ。嬉し。

Dscf0274


赤い登山鉄道は、アプト式。
スイス出発前わざわざ電話で、テツの父に「線路は油で滑るので、コケるから絶対に乗るな!」と言われました(笑)。
私、いくつやねん。


AM8:57 ゴルナーグラート駅到着。
ツアーの皆さんで、セントバーナード犬と一緒に集合写真。
この朝は雲が多く、集合写真のバックにマッターホルンは無理でしたが、出来上がった写真には快晴のマッターホルンを合成してくれました!
スゴイな、文明の利器(笑)。
セントバーナード犬をぎゅっとさせてもらい、記念写真を撮りました(有料、10フラン)。
大人しくて、モフモフで幸せ~。

ここからは、一日自由行動です。


Dscf0267


展望台は、3090M。気温は-2℃。
見下ろすと、ちょっと雲に囲まれてますが、マッターホルン(4478M)が見えます。


Img_0186


モンテ・ローザ(4634M)からのたうつような躍動感溢れるゴルナー氷河です。


Dscf0272


だんだんと雲が晴れてきて、青空が拡がります。
青と白に彩られたパノラマは見事です。
左から、リスカム(4527M)、その前を流れるグレンツ氷河、双子のようなカストール(4223M)、ボルックス(4092M)が見えます。

Img_0219


展望台の一番上から見た景色


Dscf0270

展望台でパノラマを楽しんだ後、ゴルナーグラート駅から一駅下りて、ローデンボーデン駅へ。
ここからは、リッフェルベルグまで約2時間弱のトレッキングです!


Dscf0275


2009年9月21日時点では、お花畑はほとんど無く、すっかり秋の風情です。

Dscf0295

トレッキングは、このような標識に従って歩きます。
大体所要時間や距離が書いてあり、時間配分の参考に出来ます。


Dscf0284

リッフェル湖に写る、うっすら逆さマッターホルン。
風がきつく、湖面が波立ち、はっきり見えなかったのが残念ですが、とても絵になります。


Img_0259a

湖には、小さなお魚がいっぱい。
こんな高い所(2757M)にどうしているのでしょう?
雪解けの水は、しんと冷えて冷たいです!
手を入れると、お魚がめっちゃ寄ってきます。
そして、手の甘皮を囓られます・・・。


Dscf0319


ですが、風のお陰で、益々雲が晴れ、少しだけマッターホルンの端正な姿が。
淡雲を纏い、きりりとした立ち姿です。

Img_0326


Dscf0322

リッフェルベルグ駅が見えてきました。
この駅には、セルフサービスのレストランがあります。


Dscf0325

レストランで、ビールとスープを買い、テラスで頂きます。
ツアーで希望者に、おにぎりのランチボックスが頼めました。
(朝、ツェルマット駅にて渡されます)
ツェルマットにある「妙高」レストランのお陰で、新潟産コシヒカリのおにぎりです!
梅干し・おかか・昆布のおにぎりに、焼き海苔、キャラメルとチョコ、林檎、きゅうりのキューちゃんが付きます。
きゃー!有り難い!
青空の下、素敵な景色に、涼やかな風、頂くおにぎりは最高です。

Dscf0326


マッターホルンに乾杯!

参考

写真:2009年9月21日 スイス・ツェルマット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »