« 東京雑記3 おまけ 根津神社の躑躅 | トップページ | 香港雑記 その15 昼間の男人街・玉器市場散策と香港鮨事情 »

2010.05.25

香港雑記 その14 蓮華楼にて飲茶ブランチと銅鑼湾のヌーンディ・ガン

前回の香港雑記から、またかなり間が空いてしまいました・・・。
早く終わらせないとー。後二回くらいかしらね。

では、香港雑記の続きです。
8月26日は、前日の炎天下マカオ街歩きで疲れがきたのか、ゆっくり起きになってしまいました。
というわけで、ゆっくり飲茶ブランチにお出かけしました。


Dscf9899

こんな階段を上がったところに、


Dscf9900


「蓮香樓」はあります。

Dscf9901


店内は地元の方々で大賑わいです!
席を自分で確保しないといけないのですが、全然空いてない・・。
どうしよう~と思っていたら、テーブルに座っていた常連さんのおじさんがおいでおいでとして下さり、席を詰めてくれました!
有難うございます~!
基本、相席です。
そして、廻ってくるワゴンを待たずに、皆さん厨房から出てきたワゴンに群がります(笑)。

まごまごしてると、お店の方ではなく、相席の常連さんが世話を焼いてくれたり、「コレ美味しいよ」とジェスチャーでオススメしてくれたりと有り難いです。うふふ、嬉しいなぁ。
ざわざわ活気の溢れる店内は、勢いがありつつも温かい雰囲気で満ちています。
お店で飼っているにゃんこがバックヤードから出てきちゃったり(あえなく御用笑)、テーブルもちょっと汚れてたりとお店はそれほど綺麗ではないけれど、素の香港の様子を感じるのはとても楽しいです。


Dscf9911

点心を選ぶと、このように表にプチプチ判子を押して貰い、お会計時に持って行きます。
中貼は14$、大貼は16$でした。

Dscf9902


食べる前には、まずは「洗杯」を。
お茶は茉莉花茶でした。

Dscf9904

ぷりぷりの海老韮蒸餃子と多分何かのホルモンを大蒜で蒸したモノ。
臭みも全くなく大蒜が効いて、ビールが欲しくなります(笑)。

Dscf9905


私の大好き腸粉。
大きな海老がごろんごろん入っています。


Dscf9906

隣の席のおじさんオススメの山竹牛肉球。
肉汁がじゅわっとの肉団子に、柑橘系の爽やかな後口。


Dscf9907

クワイ入りの海鮮焼売。
さくさくのクワイがよいアクセントです。


Dscf9908

見た目も綺麗な豚肉と海鮮の餃子。
まるで小籠包の様に肉汁がたーっぷりで、噛んだらぶしゅっと飛びました。
お向かいに座っていた老夫婦に「小心!」と笑われました。

どの点心も食べ応え有りです。美味しかったです。
あぁ~、他にも食べたいものがいっぱいありました~。
またいつか、食べに来たいですわっ!

お腹がいっぱいになったので、腹ごなしに銅鑼湾まで移動。
毎日正午きっかりに行われる「ヌーンディ・ガン」を見に行きました。

「ヌーンディ・ガン」とは、東角に主要な倉庫と事務所を置いていたジャーディン・マセソン社の伝統として、社長が出入港する際、礼砲を私設軍に撃たせていたのを、イギリス海軍に「一民間企業が撃つとは何事だ!!!」と咎められ、お詫びに、正午に時報として大砲を撃つことを要求されたのが始まりだそうです。
1800年中頃よりずっと続いてきましたが、1941年、旧日本軍に香港を占領され一時中断、1947年に再開されました。

現在は、エクセルシオールホテルの係員が毎正午に鳴らしているそうです。


Dscf9920


きびきびとした動きの係員の方が懐中時計を手に合図の鐘を鳴らし、引き金を引きます。
いや~、色々加薬詰めたりとか大作業があると思っていたら、きゅっと引き金を軽くひいたら「ドーン!!!」と大爆音が!!
吃驚しましたわ~。


Dscf9927

儀式が終わると30分間は、係員の方がゲートを開けてくれますので、砲の近くに寄れます。

現在の大砲は、第一次世界大戦のユトランド沖海戦で実戦に使用されたホッチキス3ポンド砲だそうです。


参考

写真:2009年8月25日 香港中環・銅鑼湾にて


お店

「蓮香樓」
住所:中環威霊頓街160-164号
TEL:2544-4556
営業時間:6:00〜23:00※飲茶は17:00まで。旧正月・中秋節の翌日休
※日本語は全く通じません。基本、相席になります。

      


|

« 東京雑記3 おまけ 根津神社の躑躅 | トップページ | 香港雑記 その15 昼間の男人街・玉器市場散策と香港鮨事情 »

コメント

いけこ様、こんにちは

お~いきなり香港^^

わたしの大好きな街です

もっとも私は、返還前の香港(私はノスタルジック香港と勝手に呼ぶ)にしか行かなかったので、かなり昔の姿どすがね~

こういうローカルな飲茶が、かなり美味しかったりするんどすよねぇ^^

いけこ様の眼のつけどころ、流石でございますね~

投稿: 高兄 | 2010.05.25 23:12

こんにちは、高兄様

いい加減終わらせないと、数々の旅行記が溜まってまして(溜息)。
時間軸がバラバラしますが、どうぞおつき合い下さいまして。

仕事を兼ねての香港でしたので、何だか中途半端に楽しむことになってしまいましたの。
ですから、次回また訪れる機会がございましたら、しっかりたっぷり香港に浸ってきたいですわっ。

飲茶、美味しかったです~。
返還前と返還後ではまた印象が違うかもしれませんよ。
高兄様、ご家族旅行にいかがでしょ?

投稿: いけこ | 2010.05.26 14:55

ヌーディ・ガンと読み間違えた外付け胃袋です。
まさかお色気系なのか?って……
すみません。
でも、違う欲が十二分に刺激されちゃいましたー。
こちらは他のblogでも名前をお見かけするお店かと。
基本相席って事はかなりの有名店ですね?
飲茶は良いですなぁ。
一度は香港で!と思ってます。
ワゴンが廻ってくるのを待ちたい!
ってことは、このお店では駄目ですかね?
でも肉球食べてみたいなぁ。

で、ガン。
大砲なんですね。
装填よーし!狙えー!撃てー!みたいなのは無し?
それは寂しいなぁ。
でも一人では仕方ないかも知れませんね。
経費削減なのかなぁ。
儀式としてはああいうの好きなんです。

投稿: 外付け胃袋 | 2010.05.27 00:50

こんにちは、外付け胃袋様

何でお色気!?と思いましたが、なるほど~、コメント頂いたのが深夜ですから、眠かったのですか(笑)?
飲茶、美味しかったですよ~。
1人で食べる量は限られますからねぇ。
残念でしたわ~。
ワゴンは席で待っていると、ほとんど売り切れちゃいますよ!
常連の皆さんは厨房側でしっかり待機してました。
ワゴンサービスの飲茶は、恐らくもっとセレブな感じのところでないと。
肉球、ジューシーでそして後味にほんのり柑橘が香るのがよいのです。美味。

で、大砲なんですが、父曰く、速射砲ですし、空砲ですからあっという間と。
ヌーンディ・ガンですが、チャリティもやってまして、お値段様々ですが、個人の儀式などにも利用できるそうです。

投稿: いけこ | 2010.05.27 17:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/47845343

この記事へのトラックバック一覧です: 香港雑記 その14 蓮華楼にて飲茶ブランチと銅鑼湾のヌーンディ・ガン:

» マカオ不動産 [マカオ不動産]
マカオ不動産について色々教えます [続きを読む]

受信: 2010.05.25 19:11

« 東京雑記3 おまけ 根津神社の躑躅 | トップページ | 香港雑記 その15 昼間の男人街・玉器市場散策と香港鮨事情 »