« 鳥羽水環境保全センターの藤と東福寺の新緑 | トップページ | パソコンが!! »

2010.04.30

東京雑記3 その1 亀戸天神社の藤

東京雑記、やっと追いつきました!!
不良債権、一部返済ですわ。
藤の季節には、何とか間に合いましたよぅ。

というわけで、先週のお江戸行き(4月23日~25日)の雑記をアップします!
23日の金曜日は、ミズチっぷりを発揮して、もの凄い雨でしたけれど、24日の土曜日は快晴。
午後まで、所用がございましたが、そろそろ藤も見頃かしらと、亀戸天神へ。
ただ、連日の季節外れの寒さでございます。
例年より、藤の開花が遅れ気味。早手の藤も開花始めたかなというくらいです。
花房揺れ、紫匂う藤見とはいきませんでしたが、咲き初めの初々しさを楽しみました。


お仕事帰りの外付け胃袋様とご一緒させて頂きました。
亀戸天神社は、学問の神様ですから、こちらにて参拝は御利益がございましょう。
が、やはり不慣れなお江戸、人身事故で山手線が止まり、大遅刻。
加えて、場所がいまいち不安と途中まで迎えに来て貰うという、相変わらずの無礼っぷり。
すみません~。

そして、ミズチを茨城においてきた(出張先は筑波だったので)つもりだったのですが、あれほどいいお天気だったにも関わらず、私が亀戸駅に降り立ったら、曇り出す・・・。
お会いしてから、「何だか、私が亀戸に来たら曇り出しましたね」と言うと、「それは敢えて、つっこまないでおきました」と外付け胃袋様、にっこり。
やっぱり(泣)。


「藤の花は しなひ長く 色濃く咲きたる いとめでたし」
(「枕草子」 第35段)


Dscf3123

Dscf3107_2

太鼓橋渡りて臨む、雲居にまがう藤棚ぞ麗し。


Dscf3112

藤波に、浮かぶタワーの背の高き。

Dscf3108


色淡きも、また、めでたからずや。

Dscf3128


広重も心惹かれし、江戸名所。

Dscf3141


紫零る、盛りを胸に松見草。


Dscf3103


所用があり、その為、この日の装いは着物で。
お江戸には、江戸小紋だろう!とこちらの小紋を。
前回のお江戸行で、雨の為袖を通さず帰りましたので。
藤見と言うことで、帯の染め柄、帯締め、帯揚げを紫色で統一しました。


参考

写真:2010年4月24日 東京、亀戸天神社にて

着物:紺地、江戸鮫小紋
帯:博多正絹袋帯、白地に貝紫染め

|

« 鳥羽水環境保全センターの藤と東福寺の新緑 | トップページ | パソコンが!! »

コメント

こんばんわぁ~
うーん。。ミズチっぷりすごいですねぇ。
でもあたしはあんまり感じないですけどねぇ。。。
いまのところ。
でもブログ読んでると。
呼んでますよね?雨(笑)

お江戸ですかぁ~
この夏に行く予定なので。
友達と遊ぶついでになんか渋いところにでも行こうかなぁと考え中♪

にしてももう藤の季節なんだなぁ。。
ってしみじみ。

投稿: まめ | 2010.04.30 22:04

先日は楽しい時間をありがとうございました!
でもって、文中リンクありがとうございます!
後日、藤をアップしたところで、こちらにトラックバッークしたいと思います。
その際はよろしくお願いします。

藤はちょっと曇りましたが、その後また晴れましたよね。
ミズチかなぁ?と思ってました。
まあ、前日の茨城の雨もお帰りになった後の雨もつべたかったですが……
で、藤。
やっぱり綺麗に撮られてますね!
私のは、なんかイマイチ。
構図のセンスが足りない感じが……
頑張って選りすぐります!

和服。
お綺麗でしたよー。
よくお似合いでした。
関西と関東との違いもわかって勉強にもなりました!
次回も和服でお願いしたい!

投稿: 外付け胃袋 | 2010.05.01 00:56

こんばんは、まめ様

私、シスターズでは姐さんが一緒ならば、大丈夫なんですよ~。
姐さんがものすごい晴れ女なんで。
ありがたいことですわ~。

渋いところならば、東京下町界隈でしょうか。
谷根千あたりや柴又も素敵でしたよ~。
にゃんこが沢山いますしねぇ。
他にも、個人的には恩賜庭園も素敵だと思います。
美術館や旧邸めぐりもいいかもしれませんよ。

投稿: いけこ | 2010.05.03 00:25

おはようございます、外付け胃袋様

こちらこそ、お仕事帰りのお疲れのところ、ご一緒くださいまして、楽しかったです~。
とにかく、雨が心配だったのですが、なんとか?ん?なんとか(笑)?
藤は少し早かったですが、初々しさを楽しめたということで。
花房は満開になると、もう少し長くなりますよ。
京都では平等院の藤だと、長いもので一メートル近くなりますの。
写真の構図、並びに着物姿をおほめ下さいまして、ありがとうございます。
なんだか照れますよぅ。恥ずかし~。
道中、お気づかい頂きまして、やはり、外付け胃袋様はステキ男子です!!

投稿: いけこ | 2010.05.03 11:04

やはり寄られてたのね。
29日訪れて、種類によって花数もずいぶん
違うように思いました。
花の下から、横から、太鼓橋の上から、
見せてくれる花の姿が異なっておしとやかでした。

山吹の記事を見て、ご近所の黄色のお花が
山吹だと発見!ありがとう☆

投稿: きくみ | 2010.05.03 23:16

こんにちは、きくみ様

黄色の山吹は、一重と八重菊咲きがございますの。
シロヤマブキは、一重のみなのです。
この時期の黄色のお花は勢いを感じますわ~。

きくみ様に送っていただいた、亀戸天神の見頃の様子も更に素敵でしたわ~。
まさに、紫匂う花房が見事。
来年、機会が有れば、満開もおでかけしたいですわ。

投稿: いけこ | 2010.05.06 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/48206302

この記事へのトラックバック一覧です: 東京雑記3 その1 亀戸天神社の藤:

» 新たな発見が! [外付け胃袋単独行動記]
先日京都から上京密かにこの単語に違和感があるされたいつも大変お世話になっているいけこさんとお会いした日の事。 カレーを食べる前に、さっぱり私らしくなく、とてもいけこさんらしい事をしてきました。... [続きを読む]

受信: 2010.05.06 00:18

« 鳥羽水環境保全センターの藤と東福寺の新緑 | トップページ | パソコンが!! »