« 京都桜便り2010 その13 常照皇寺 | トップページ | 仁和寺 »

2010.04.16

京都桜便り2010 その14 嵐電、平野神社

“嵐電”とは、京福電気鉄道の嵐山本線・北野線の愛称です。
めでたく、3月25日に嵐山電車軌道として開業した嵐山本線が開業100周年を迎えました。
その記念に、従来のツートン車体色を伝統色である「京紫」に順次変更することになりました。
モボ613が塗色を変更されるそうです。
ツートン車体色が好きだったので、京紫は違和感がありますが・・・。

京津線が地下へ、叡電が線路確立した今では、京都市内の道路を走る路面電車は嵐電のみ。
そして、この時期、宇多野~鳴滝間は桜のトンネルになります。
4月10日の京都は、ソメイヨシノが満開散り初め、風に花舞う情景が到るところでみられました。


嵐電、宇多野~鳴滝間


Dscf2903

桜花 散りぬる風の なごりには 水なき空に 浪ぞたちける

(「古今和歌集」 巻第二春歌下 第89 紀貫之)


Dscf2919


桜トンネルくぐり抜け、名残の車体、勇まし見送る。


平野神社

Img_0126

流石、桜の御紋を持つ神社です。
約五〇種約四〇〇本の桜がございますそうです。
神域には、沢山の種類の桜が植えられ、早手から遅手、必ずその時々の主役がおります。
ソメイヨシノ、紅枝垂れは満開、里桜系の大内山、衣笠、胡蝶、白雲も見頃の旬を迎えていました。

Dscf2939


枝垂れも八重も一重もござる、花の屏風を立て回し。

Dscf2930

優しげ色羽根ひらりと止む、胡蝶桜。

Dscf2936

瑞垣にかかるは瑞雲、白雲桜。


桜のトンネルをぬける嵐電を。


参考

写真:2010年4月10日 嵐電宇多野~鳴滝間、平野神社にて

|

« 京都桜便り2010 その13 常照皇寺 | トップページ | 仁和寺 »

コメント

嵐電の桜トンネルですか。
とても綺麗だけど、ここは乗る機会が無いですね。
一度は見たいものです。

投稿: なおくん | 2010.04.16 20:39

こんばんは
変な気候のお陰でソメイヨシノ長持ちしましたね
昨年ギリ間に合うかと乗った嵐電散り激しく残念でした
一方平野神社の白雲は絶頂期でしたが今年は蕾もちらほら
ちょっとした変化に委ねられる花ですのでまた愛でられるのでしょうね
先日京都はすごいと思いましたが我が家の近くでも昨日
散り盛んなソメイヨシノの上になんと雪が降ったそうです
山深いところならさも・・・ですが平野部で降ったそうです
観れなかったのは残念ですがうっすら雪化粧が新聞に載ってました

投稿: kame | 2010.04.17 00:44

こんにちは、なおくん様

私も嵐電へは機会がないと乗らないので、京都におりながらも、知らなかったのです。
ですが、私の父、テツでしてねぇ(笑)。
「桜のトンネルが宇多野鳴滝間にある」と教わりましたの。
夜のライトアップもいい感じですよ。
その時は、ちょっとスピードを落として運転して下さいますの。

投稿: いけこ | 2010.04.20 15:05

こんにちは、kame様

まあ!kame様のお近くでも桜に雪が!?
本当に仰るとおり、このところの気候はどうなってしまったのでしょうねぇ。
桜は雨や風、気候に影響されるので、今年は例年にも増して、予測がまったく立てられず・・・。
難儀しましたわ~。
この週末で、里桜系も様々満開を迎え、平野神社では、桜暦の最後を飾る手弱女桜や突葉根桜が見頃を迎えていることでしょう。

投稿: いけこ | 2010.04.20 15:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/48060654

この記事へのトラックバック一覧です: 京都桜便り2010 その14 嵐電、平野神社:

« 京都桜便り2010 その13 常照皇寺 | トップページ | 仁和寺 »