« 京都桜巡り2010 その10 哲学の道 | トップページ | 京都桜便り2010 仮上げ その4  »

2010.04.08

若萌えの下鴨神社

「灌仏のころ、祭のころ、若葉のこずゑ涼しげに茂りゆくこそ、世のあはれも、人の恋しさもまされと、人の仰せられしこそ、げにさるものなれ」 

(「徒然草」 第19段)


Dscf2800


Dscf2803


|

« 京都桜巡り2010 その10 哲学の道 | トップページ | 京都桜便り2010 仮上げ その4  »

コメント

いけこ様、こんにちは

今年は寒春ということもあり

櫻もところどころ長持ち

観光の方にとっては嬉しい京都の春どすね


下鴨神社の雰囲気は、いつみても良いです

ね、私も大好きです^^

私事ながら、実姉が、こちらで神社婚させ

ていただいた事もあり

想いで深い社でございます

投稿: 高兄 | 2010.04.09 07:15

こんにちは、高兄様

数日の花冷えで、何とかソメイヨシノも保ちましたね。
ですが、日曜日は雨の様子。
どうやら、花散らしの雨となりそうですね。
これからは、里桜系や紅枝垂れ系が目覚ましくなりそうですわ。

下鴨さんは、高兄様のご縁の神社さんなのですね。
ご縁がございますと、思いもひとしおでございますよね~。

投稿: いけこ | 2010.04.09 18:18

私も昨日久しぶりに糺の森を歩いてきました(*^_^*)
ココは何時行っても癒されます♪

投稿: Milk | 2010.04.09 23:59

おはようございます、Milk様

若々しい紅葉の森は、何ともうきうきしますわ~。
春は若萌え、夏は涼感、秋は錦秋、冬枯れとどの季節も、仰るとおり癒されますよねぇ。

投稿: いけこ | 2010.04.12 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/47995094

この記事へのトラックバック一覧です: 若萌えの下鴨神社:

« 京都桜巡り2010 その10 哲学の道 | トップページ | 京都桜便り2010 仮上げ その4  »