« 初グリーン! | トップページ | 東京雑記2 その4 御名残三月大歌舞伎第二部鑑賞と両国のちゃんこ鍋で飲んだくれ! »

2010.04.26

東京雑記2 その3 オケ友と築地散策~銀座資生堂パーラー

金曜日よりお江戸行き、昨夜、出張より戻って参りました。
東京、いや、茨城はとっーても寒かったです。
事前に寒いですよ~とお知らせ頂いてましたが、なめてました・・・。
金曜日、こんなに冷えるとは。茨城、侮れません。この日、京都より寒かったんでは?
そして、ミズチっぷりを発揮、駅に下りる度、建物から私が出る度、豪雨に襲われるんですけど(泣)。


金曜日は大雨でしたが、土日は晴れた?ので、
亀戸の藤や根津の躑躅、友人達との邂逅など、満喫して帰って参りました。
しかし、ヤバイ、前回の東京雑記がまだ終わってません・・・。
と言うわけで、まずは前回のお江戸行きの続きから。

Dscf2287

この日も(3月7日)やっぱり雨・・・、VcとHoと一緒にお江戸散歩です。
築地にて待ち合わせを致しました。


三人で、築地本願寺別院へ。
私たちの母校の宗派の別院だそうです。
しかし、一見して、浄土真宗のお寺さんには見えません!
だって、前日に高校友人達と築地にお鮨を食べに来ましたが、隣を通り過ぎたのにも関わらず、まったく気づきませんでしたもの(笑)。

Dscf2292


築地本願寺は江戸時代の1617年に、西本願寺の別院として浅草近くの横山町に建立されました。
その後何度か移転し、その都度、度重なる火災により本堂が焼失。
現在の本堂は、伊東忠太により古代インド様式(天竺様式)の伽藍として設計、1934年に完成しました。
ご本尊の背後に皇居を遥拝する形となっているそうです。
やはり、お寺さんとしてはかなり斬新なスタイル、当時は、門信徒に大不評だったそうです。
内部には、伽藍背面に大きなパイプオルガンがあったりしつつも、
桃山式の格天井に、お西さんらしい金襴の瓔珞や輪灯があり、内外で随分と印象が違いますねぇ。
※屋内は丁度法要中でしたので、写真は控えました。


Dscf2291

流石、妖怪趣味の伊東忠太氏の設計。
京都では、平安神宮(これは共同設計)や祇園閣を建てています。
築地本願寺の大理石の建物内には、そこここにこっそり妖怪や空想上の動物が紛れ込んでいます。
写真は、ユニコーンと奥は翼の生えたライオン(キメラ)?獅子?です。

Dscf2295

築地本願寺拝観後は、せっかくですから、築地市場へ。
日曜日の午後ですので、お店はほとんど閉まっています。
ですが、雰囲気だけ楽しませてもらいました。
いつか、お店が開いている時間に、活気有る様子を見てみたいです。
もちろん、食べ歩きも(笑)。
写真は、築地場外を案内中のVc(左側)とHo(右側)。
雨の中、ごめんなさい。有難う~!


築地からは銀座へ移動。
雨が酷くなってきたので、電車で移動しましたが、晴れていたらのんびり銀座まで歩けるそうです。

Dscf2303


資生堂パーラーにて、ドキドキのランチ。
資生堂パーラーは、日本初のソーダ水や当時はまだ珍しかったアイスクリームの製造と販売を行うソーダファウンテンとして誕生しました。


ここは、母のちょっと甘酸っぱい思い出のお店なんです。
まだ母が今の私の年齢より遙かに若く、某研究所でキャリアウーマンとして働いていた頃、
東京出張にて、ちょっと背伸びして同僚達とランチをしたお店なんだそうです。
働き始めてすぐの若い母達、当時はネットの情報なども無かったのですから、今より敷居も高かったのでしょうね。
雰囲気やお値段に緊張して、味はほとんど食べた気がしなかったわぁと笑いながら話してくれました。
いつか、母と一緒に上京することがあれば、ここで思い出話を聞きながら、親子でランチをしたいなぁと思っています。


Dscf2299

池波正太郎のファンとしましては、やはりこちらを。
ミートクロケット トマトソースを頂きました。
ふかふかの焼きたてプチパンとミニサラダが付きます。
さっくりした衣からは、とろりと濃厚なお味、トマトソースの酸味で後口さらり。
向こう側にぼんやり見えるのは、Vcのオムライス。

Dscf2300


シルバーのカトラリーは、上品。
オムライスの付け合わせは、こんなゴージャスな銀の器に入ってきます!
優雅なひとときでした~。
でも、ちょっと緊張しました(笑)。
客層も皆様何だかオシャレな感じで。
お着物を召された昔の乙女達もグループでいらっしゃいました。
様々な年齢層に愛されたお店なんですね~。
食前酒で頼んだミモザがとっても美味しかったのですが、お値段もしっかりしてて、ちょっと吃驚したのは内緒です(笑)。

Dscf2302

一階は、このようなショップになっています。
お席は、Vcが予約してくれたのです。
一階のエレベーター前にもスタッフの方が待機、予約の確認と案内をして下さいます。
4階のレストラン受付では、小さなクロークが。
きりっとおもてなしをされたという気持ちになりました。

Dscf2661


母へのお土産に、花椿ビスケットを。
しっかりした歯ごたえの、バターの風味が豊かな味でした。

さて、異文化交流その2!

Dscf2297

築地の魚屋さんにて売られていた、真っ赤な酢蛸。

すだこって、何でこんなに赤いの!?
胡瓜や胡麻とかと和えた食べ物ではないのでしょうか??

参考

写真:2010年3月7日 築地~銀座にて。

お店

「資生堂パーラー 銀座本店」
住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル 4・5F
TEL:03-5537-6241
営業時間:11:30~20:30 月曜休

|

« 初グリーン! | トップページ | 東京雑記2 その4 御名残三月大歌舞伎第二部鑑賞と両国のちゃんこ鍋で飲んだくれ! »

コメント

一部、返済ですね?
コツコツ頑張ります?
ご相談次第では債権放棄にも応じますよ。
私は、楽しい時間を過ごせて、満足してますから。

で、築地。
本願寺、前は何度か通り過ぎてますが、中に入ったことありません。
市場、場外で数回買い物したことありますが、競りを見たことありません。
場内に入ったことありません。
美味しいお寿司や海鮮丼を食べたこともありません。
そういえば藤も初めてでした。
関東人としてこんな事で良いのでしょうか?
こんなもんって事なんですが……
是非今度下町と築地をアテンドして下さい!
よろしくお願いします!
ついでに資生堂パーラーも!

我が家に配達される生協の酢蛸はこんなに赤くありません。
が、一般的には酢蛸は赤いですね。
で、この酢蛸はビビットな赤ですね。
ここまで赤いのはあまりお目にかかりませんです。
ウインナーが赤いのと同じ理由なのかな?

投稿: 外付け胃袋 | 2010.04.26 23:46

今回のお江戸は暖かく、ようございました!
今年は花の見ごろがずいぶん後ろへとなっているので
躑躅、牡丹が見られてよかったです。
牡丹は2月の寒の頃にも咲いているようです。
藁かさ着せて。
西郷さんの大きいのにびっくりしませんでした?

このとき一緒に買った資生堂パーラーのクッキーは
私も大事に大事に食べました★
柏餅と亀戸の藤は、近々、お知らせしますね~

投稿: きくみ | 2010.04.27 13:02

こんにちは、外付け胃袋様

いやっ!放棄しません!頑張ります!
せっかくご一緒できたのですもの!
東京雑記2は、多分後二回くらい。
香港雑記もあと三回くらいですし、台湾雑記は二回旅行分・・・、スイスは・・・、見当も付きませんが・・・。な、なんとか・・・。

築地は、私も一回だけ行ったなんですけどー。
それも日曜日でみんな閉まってましたし。
アテンドは無理でございます。
ご一緒に迷いましょう(笑)。
意外とご近所だとかえって行かないものです。
私も四年間、三十三間堂前を通学しましたが、卒業するまで一度も行きませんでしたの。

んん??生協の酢蛸??
酢蛸は製品で売っているのですか??
各家庭で、茹でタコを胡瓜と胡麻とで二杯酢や三杯酢で和えるのではなく??
ちょっと待って!なんか、根本から違っている気が!?
もしや、このまま食べるのですかー??

投稿: いけこ | 2010.04.27 13:50

こんにちは、きくみ様

沖縄からお帰りなさーい!
また、お写真見せて下さいな~。
海は綺麗だった?美味しいもの食べた?泡盛飲んだ~?

いや~、前回も寒かったですが、今回の出張も寒かったです。
関東、京都よりは寒くないはずとちょっと侮ってましたが、思いっきり寒かったです。
お陰で、藤が開花遅れてまして。
早手が少し見え始めたかなというところでした。
GWに満開に丁度満開になりそうですよ。
西郷さんには、でんして帰って来たようなものなので、あんまり余韻に浸れず。
アメ横もどこかわかりませんでしたとさ。

投稿: いけこ | 2010.04.27 14:00

>ご一緒に迷いましょう(笑)
一緒に迷うのも良いかもですね!
時間に余裕のある時に、早起きしてうろうろうろうろしませう。
薄味の美味しい甘納豆を売っているところだけは知っていますので、そこだけはご案内できます。

>なんか、根本から違っている気が!?
なるほど。
違ってますね。
スーパーなんかでも、真蛸と酢蛸がならんで売ってます。
もしかしたら間違えないように酢蛸は赤くしたのかも。
家で酢蛸を作っている人、私知らないです。
で、真蛸はおでんに入れたり何かと和えたりします。
酢蛸はそのまんまスライスしてお刺身で食べます。
我が家のおせちには酢蛸が必須アイテムですよ。

以上、解説でしたー。

投稿: 外付け胃袋 | 2010.04.27 23:40

こんにちは、外付け胃袋様

築地に参りますならば、早朝にお出かけしないと行けませんよね!!
迷いつつ、うろうろして、色々食べたいです~。
場内とかはどんな感じなんでしょうねぇ。
甘納豆!私、好きなんですよねぇ。
そして、父の大好物。
是非是非、ご案内下さいな。

さて、酢蛸ですが。
スーパーに、酢蛸と真蛸が!?
並んで売っているのですねぇ・・・。
想像出来ません。
酢蛸はお外で買う物なんですね。
そして、スライスして食べると。
え?醤油でですか??
おせちに酢蛸ですって!?
それは初耳でした。
ホント、関東と関西って異文化なんですねぇ。

投稿: いけこ | 2010.04.28 13:09

豆大福とかりんとうに甘納豆っと。
たしか落花生もお好きですよね?
メモメモっと。

で、酢蛸。
刺身で食べます。
醤油にワサビで食べます。
が、そのまんまでも食べられます。
私はそのまんまの方が好みです。
甘酢っていうのかな?普通のお酢じゃない何かで酢蛸にしていると思います。
関西ではおせちで食べないんですか?
お正月にお刺身は食べますよね?
年末のアメ横では中とろが飛ぶように売れてきますよ。

投稿: 外付け胃袋 | 2010.04.29 00:27

おはようございます、外付け胃袋様

結構、その辺の好みは父と似ていますの。
血なのかしら(笑)。

酢蛸ですが、お刺身のくくりなんですねぇ。
酢の物じゃないのですか~。
これもお江戸の保存食なんでしょうね。
お正月のおせちには、酢蛸は京都と大阪にはございません。
近隣での蛸の名産は、兵庫県、もしかしたらそちらにはあるのかしら?
お正月にお刺身も、各家庭によるのでしょう。
うちには、無かったですねぇ。
京都のお正月は、にらみ鯛です。

投稿: いけこ | 2010.04.30 10:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/48186422

この記事へのトラックバック一覧です: 東京雑記2 その3 オケ友と築地散策~銀座資生堂パーラー:

« 初グリーン! | トップページ | 東京雑記2 その4 御名残三月大歌舞伎第二部鑑賞と両国のちゃんこ鍋で飲んだくれ! »