« 幸せな頂き物 | トップページ | 岡山 笠岡 »

2010.02.03

節分詣2010 平安神宮・壬生寺・出世稲荷神社

毎年恒例の節分詣をご案内します。
節分は春迎えの行事ですが、本日の京都は雪のちらつく寒い一日でした。


疫神・厄神を、目に見える鬼に例え、能動的に追い払う追難式。
難を追うとは、よく言ったもの。鬼やらいとは、よく言ったもの。

まずは平安神宮の「大儺之儀(だいなのぎ)」を。

※平安神宮の社殿前庭と応天門南側の写真が混じっています。

Dscf2129_2

斎場は、四隅に忌竹(いみだけ)を立てて注連縄(しめなわ)を張り巡らし、陰陽五行の思想にちなんで、北東に青“青龍”、南東に赤“朱雀”、南西に白“白虎”、北西に黒(紫)“玄武”の四垂が掛けられています。
中央の案には、絹・飯・鰹節・昆布・若布・酒・延鮑・酒・塩の神饌が供えられています。
写真は、西から入場した、陰陽師と6人の斎郎です。
(東からは、上卿・殿上人など)

※平安神宮の社殿前庭

陰陽師が反閇(へんばい)で版の前に進み、祭文を奏上し、その途中、方相氏(ほうそうし)が侲子(しんし)と共に入場します。


Dscf2147

祭文が終わると方相氏が中央に進み、3度手に持つ矛で盾を打ち「鬼やらう」と大声で発声します。
※応天門南側


Dscf2149


次に、上卿が中央に進み、北東と北西に向かい桃の弓で葦の矢を射ます。
※応天門南側

Dscf2151


次に、殿上人が同様に桃の杖を、北東・南東・南西・北西と四方を「おー!!」と大声で打ち下ろします。
※応天門南側


Dscf2139


最後に、方相氏が先程と同様に矛と盾を打ち鳴らし「鬼やらう」と発声しながら、斎場の周囲を3度廻ります。
※平安神宮の社殿前庭


次は、お馴染み壬生寺へ

Dscf2157


壬生寺さんの焙烙。
写真の様に、墨で家名と家族それぞれの数え年と性別を記入します。
一枚500円、お納め料に100円必要です。
これらは春の壬生狂言にて、演目中盛大に割られます。

もちろん、ご近所の出世稲荷神社へ。

Dscf6950_2


柊は玄関へ。
ちょっと風情が無いですが、わが家ではガムテでべったりと貼り付けます(笑)。
※写真は、昨年のです。


Dscf2161


今年の恵方は、西南西。
まるかぶりとイワシの塩焼きを。


Dscf2171

麩かさんで、節分限定の生麩を。
二匹の鬼さんの生麩、中に柚子餡が!
ぱくっと一口、これも厄除け!?

Dscf2162


今日のお天気のようですが、本日のお酒は、招徳酒造さんの「冬のさんぽ」という純米吟醸に、
杯は春の心地、梅の切子グラスで。


黄金4つ目の面をつけた方相氏。大舎人がつとめます。

参考

写真:2010年2月3日 平安神宮・壬生寺

|

« 幸せな頂き物 | トップページ | 岡山 笠岡 »

コメント

いいな、いいなぁ。。

来年は絶対行くぞぉ♪(^o^)丿

投稿: Milk | 2010.02.03 23:18

北が玄武で黒で東が青龍で青だと思ってました!
違うんですね。
豆をまく以外にもいろいろと行事があるんですね?
なかなか勇壮な儀式のようで。
勉強になるなぁ。

我が家は柊は差してあると思います。
豆は父がまいたようです。
私は鰯も生麩も豆も食べてません。
太巻きは先ほど頂きました。
どんどん世間から離れていく気が……

投稿: 外付け胃袋 | 2010.02.03 23:44

おはようございます
平安神宮の「だいなのぎ」いいですね、いつか見に行きます
三ヶ所も廻るなんてさすがいけこ様
いわしは近海?ものがなくてなぜか三重
前夜飲み過ぎなので軽くワインで美味しく頂きました
このお酒、ビンがかわいいですよね
近くでも売ってまして夏のきんぎょの絵のものを何度か
手にしましたが女性向け?で甘口?かなと、思いとどまり
飲んでません。お味はどうでした?量がもの足りないのでは?
三月六、七日お伺いいたします。
殆んど京都知らない方を半日案内するにはどこでしょうかね?
やはりメジャー?梅といっても北野天満宮でいいのかな~
メジャー+梅なんてないですよね
おっさんばかり5~6人です

投稿: kame | 2010.02.04 05:19

こんにちは、Milk様

平安神宮は、まずは、前庭で行われますので、
前庭での儀式が終わりかけたら、すぐに応天問まで移動すると、真っ正面の良い場所が取れます!
来年のご参考に!

投稿: いけこ | 2010.02.04 13:21

こんにちは、外付け胃袋様

四神ならば、北が玄武で黒、東が青龍で青で正解なのですよ!!
今回は、陰陽五行(木・火・土・金・水それぞれ陰陽で10を方位で割る)なので、方角が正方よりちょっとずれるのです。
ううーん、詳しくお話すると長くなりそうなので、この辺りで。

ですが、仰るとおり玄武のカラーは黒、紫はサブカラーなんですけれど。
もしかして、時代考証の方(この行事は昭和49年頃に復元された割と新しい行事なのです)が、黒だとあんまり縁起良くないからと考えたのかしら?

元々は宮中の大晦日行事「追儺」が、民間に広まって豆まきになりました。
その時、払う側の方相氏が鬼となってしまって、何故か逆に追い払われるように(笑)。
面白いですねぇ。

もちろん、豆まきもしますよ~。
実家では、柊を門口には刺したことがないのです。

投稿: いけこ | 2010.02.04 14:09

こんにちは、kame様

平安神宮へは、いつか是非訪れてみて下さい。
古式ゆかしい、宮中の儀式の様子が垣間見られます。
廬山寺さんは、面白いのですが、段々人が増え、手狭になってきましたのでねぇ。
平安神宮ですと広いですから(笑)。

「冬の散歩」、アルコールが低めでして、甘口ではなく、後味さっぱりさんです。
量は・・、あはは、物足りないですね。
ですが、せっかく可愛いボトル、一升瓶ではちょっとねぇ(笑)。

来月ご上洛ですね!
例年の予測では、天神さんの梅は見頃だと思います。
他にも非公開文化財公開と取り合わせてとか。
人数がいらっしゃるので、「京の冬の旅」
http://www.kyokanko.or.jp/huyu2009/2009huyutabi_index.html
を申し込まれてもよいかと。
確か、梅と上七軒の舞妓さんのおてまえ付きのコースがあったかと思います。

投稿: いけこ | 2010.02.04 14:22

平安神宮の節分がこんなに面白そうだとは知りませんでした。
来年は是非行ってみたいですね。

投稿: なおくん | 2010.02.04 21:06

こんにちわあのお酒シリーズは女性をターゲットにしたと言うので
勘違い、さっぱり系なんですね
あのビンの形にかわいい絵がピッタリで人気なのです
昨年の「夏の戯れ」から秋、冬と、中旬には「春のさんぽ」?が
4本並べるとかわいいですね。女性の杜氏さんが描かれたそうです。

投稿: kame | 2010.02.05 12:43

こんにちは、なおくん様

平安神宮、人が多くとも広いですから、特に気にならずです。
場所柄、外国の方が多いので、皆さんおもしろがって一緒に「鬼ヤロウ~!!」と声があがるのもまた楽しいのです。
来年是非おでかけ下さいな。

投稿: いけこ | 2010.02.05 14:03

こんにちは、kame様

そうなんですよ~。
可愛い顔して、なかなか(笑)。
アルコール低めが、女性向けなのでしょうね。
それとも、もしかして、季節によって中身のお酒がちがうのかもしれません??

投稿: いけこ | 2010.02.05 14:06

生麩にこのようなかわいらしいものが
あるとは!
恵方巻と鰯は、せねばとせっせと巻きました。
豆まきが実家のように大きな声で、しっかり
出来ないのが残念なことです・・・。
節分後、残った豆をぽりぽりおやつに頂くのが
私の定番です。

投稿: きくみ | 2010.02.06 17:24

追加です。
私の実家も柊を飾ることはなかったです。
今年、鰯を求めに?!築地場外に出向いたとき
鰯の頭を柊に通して飾るんだと言われました。
魔よけだそうです。
これも地域性がありそうですね。
今年も千葉の鰯でした。

投稿: きくみ | 2010.02.06 17:28

いけこ様

平安神宮の催事、鬼やらい。

この様な大仰なものなのですね。

生粋の京都人である高兄、恥ずかしながら観に行ったことないんどす(笑)

よく、思うことなんですが、高兄の友人が東京や福岡などから遊びに来ますと、高兄よりもよっぽど京都に詳しく、情熱を持ってはって・・・すごいありがたい事ですが、京都人の高兄がこれではあかんわーと。

平安神宮の創建の所以は、いけこ様には、釈迦に説法なので省きますが。

この神社の大門から拝殿までの敷地の広さは、京都でもかなり稀有な存在。

こういう催事を、意識しての設計やな~と行く度に感じ入りますねー。

投稿: 高兄 | 2010.02.06 19:32

おはようございます、きくみ様

そうなんですよ~、こんな可愛い生麩があるのです。
節分限定モノです!
中の柚子味噌が優しく、良い味わいでした。
今年は豆を買い忘れてしまって(汗)。
なので、こちらの鬼さんを頂いて、厄除けですかねぇ。
鰯も錦で手に入れました。
ちょーっとズルして、焼いてもらったのを(笑)。

柊に鰯の頭を刺したもの、時々実家の近所では門口に見られましたが、大抵、数日の内ににゃんこに取られるのか、居なくなるのです(笑)。

投稿: いけこ | 2010.02.09 10:20

おはようございます、高兄様

平安神宮の鬼やらいは、私も久しぶりに見学しました。
この前見たのは、大学時代でしょうか(笑)。
レポートの為、ゼミ生で行ったのでした。
平安神宮は、当時の朝堂院を模して建てられましたから、仰るとおり、儀式や祭典にぴったりですよね!!
この日は、雪がちらつく日でしたが、雲間に覗く青空も清々しく、広い神域に相応しい儀式だなぁと思いました。

確かに!!私も東京の方の京都への情報量の多さに、毎度びっくり致します。
スゴイですよね~。

投稿: いけこ | 2010.02.09 10:27

いけこさんこんばんは。
冬の散歩は地元の百貨店に売ってました。
見るだけで買わなかったけれど、ビンだけでもほしいなと思っちゃいました(^O^)/

もう梅もちらほら咲く頃ですよね~。
来月は盛りでしょうか?
去年梅の花散策したのを思い出します。

投稿: 千夜 | 2010.02.09 22:31

こんにちは、千夜様

私、ジャケ買いしたお酒は初めてでございます~。
可愛いんだもの~。
アルコール低めなので、シスターズ酒部の私たちには物足りないかもよ(笑)。

梅は早咲きがちらほらと言ったところでしょうか。
満開には今しばし。
去年は着物で梅見デート、楽しかったですね~。
丁度、私も去年の写真を見返していたところでしたの。

投稿: いけこ | 2010.02.10 14:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/47470233

この記事へのトラックバック一覧です: 節分詣2010 平安神宮・壬生寺・出世稲荷神社:

« 幸せな頂き物 | トップページ | 岡山 笠岡 »