« 東京雑記 その1 京都からお江戸へ | トップページ | 東京雑記 その3 歌舞伎座さよなら公演 壽初春大歌舞伎 その2 »

2010.01.27

東京雑記 その2 歌舞伎座さよなら公演 壽初春大歌舞伎 その1

Dscf1928


23日は、朝から空は澄み渡り、清々しいお天気。
銀座にある歌舞伎座にて、「歌舞伎座さよなら公演 壽初春大歌舞伎」を鑑賞して参りました。
東京出張が決まった時、出張先の大手町より銀座が近いので、「丁度良い!幕見席で一幕なりとも歌舞伎を」と思って検索すると、吃驚、“歌舞伎座さよなら公演”の文字が。何事!?
何と、今年4月の上演を最後に、建て替えが行われ、ビルになってしまうんだそうです!
風情有る建物が、もったいない~。


Dscf1931


歌舞伎座は、今日に至るまで何度も、漏電、天災や戦禍により焼失の憂き目にあっています。
その度に立て直し、現在の建物は第4期の建物にあたります。
第3期の建物外郭を改修、吉田五十八の設計により、昭和25年12月に竣工しました。
現在では、国の登録有形文化財に指定されています。
桃山風の比翼入母屋破風や唐破風の見事な建物です。


Dscf1935


歌舞伎座入口には、こんなカウントダウンが(悲)。
櫓には、定紋の鳳凰丸紋を染抜いた幕で囲まれています。


皆様、現在の歌舞伎座が見られるのは、今年4月までです!お早めに!

Dscf1942b

親切な老紳士に、後ろ姿を撮って貰いました。
お馴染み黒絵羽織と白色ビロードのショールは母から。

Dscf1977

この日の装いは、寒かろうと、暖かいゼンマイ紬に沖縄花織りの帯。
ホテルには入口に大きな姿見があったので、着付けに大変便利でした。

Dscf1945


Dscf1947


吉右衛門様の屋号が「播磨屋」で定紋が「揚羽蝶」なので、今回もこっそりファンアピール(照)。
彫銀の揚羽蝶と淡水真珠下がりの根付け(母がこの日の為に、作ってくれました)と、足袋にちょっと揚羽蝶を飛ばせました

Dscf1956


いよいよ、10時半開場です。
入口には、お正月らしく羽子板や大凧、紅白の繭玉が賑々しいです。


今回は、一幕見だけと諦めていたところ、この日は、最初と最後だけ仕事に出るだけでよいよとお許しを頂き、
お江戸でたーっぷり歌舞伎を楽しむことが出来ました!

参考

写真:2010年1月23日 東京・銀座にて

|

« 東京雑記 その1 京都からお江戸へ | トップページ | 東京雑記 その3 歌舞伎座さよなら公演 壽初春大歌舞伎 その2 »

コメント

いけこさん
こんにちは。
もしかしたらコメント残せるかもと思って、久々にトライです。

NHKワールドでも、歌舞伎座が取り壊されるというニュースをやっていたので、知ってはいたのですが、本当にいよいよなんですね。オフィスが比較的近くにあったので、よく通りかかったんですが。。。

台湾人の老師とも話したのですが、日本人を含めアジア人が、古いものを残そうと勤めないのはなぜなんでしょう。歌舞伎座として使えなくても、大切な遺産として未来に残して行こうと思わない。とりつぶしてビルに。
もともとあの都知事は好きではないですが、彼は東京に何を残そうとしているのかよくわかりません。
江戸幕府が開かれて400年。
400年という歴史を、もっと残す努力をしてほしいなぁ。400年て短くないと思うんですが~。

投稿: けんこう | 2010.01.29 16:20

わぁ~畳表のお草履、元気そうだぁ~happy02shine 相変わらずキレイに履いて下さっているのですね★ 根付と足袋の揚羽蝶がポイント高いですscissors
ホントにすみません、ご無沙汰をいたしましてsweat01
11月とか12月、調子に乗って仕事が休みの日にもう一方の職場に顔を出したりしていたのが祟ってか(?)最近ちょっとhospital通いをしていますが、ここでヘタレるわけにはまいりませんよー!!

遅ればせながら本年もどうぞよろしくお願い申し上げますsun

投稿: さくら | 2010.01.31 23:16

おはようございます、けんこう様

わ!!こちらでは、ご無沙汰ですぅ!!
きゃー!嬉しい!
ばっちりコメント入ってますよぅ。
有難うございました!

私も全く知らず、チケットを取った時に頭に「さよなら公演」ってあって、ん??となりました。
最初は、誰か引退!?と吃驚しましたが、違って建物の引退でした(笑)。
ですが、本当に寂しいですよね。

東京は戦災で随分と歴史有る建物が焼失しました。
この歌舞伎座も、第3期の建物が空襲で屋根が落ち、残った外壁をそのまま再利用して現在の建物が建てられたそうです。
ですから、老朽の為、建て替えとの事。
京都の南座でも、老朽化の為建て替えが検討されましたが、京都は景観など色々とうるさいので、外観はそのまま、リフォームという形になりました。
(普通のビルを建てる以上のお金がかかったそうです・・・)
東京の場合は、まずは利潤優先ということでしょうか。
場所も良いところですものね~。

歴史的建造物、ヨーロッパなどの石の文化とは違い、紙や木の文化の東洋となると耐久性の問題なども関わってくるのでしょうねぇ。

投稿: いけこ | 2010.02.01 10:27

おはようございます、さくら様

さくら様こそ、相変わらずお忙しい!
どうぞ、ご無理なさいませんよう。
新しいお仕事場でも、さくら様のご活躍お祈りしております。
ですが、病院通いですって!?
何てこと!心配ですよぅ・・・。
どうぞどうぞ、お体メンテナンスはしっかりですよぅ!

畳表のお草履、本当にお気に入りでして。
素敵なお見立て、有難うございました~!!
今回も「何処でお求めに?」なんて聞かれちゃいましたの!!

投稿: いけこ | 2010.02.01 10:32

いけこさん、こんにちは。

東京Days楽しまれたご様子が伝わってきました(^-^)

歌舞伎座は、外観はそのままで改装工事をされるのだとばかり思っていたんですが
ビルになるのですか!それは勿体ないですね・・・

その期間、色んな公演が他の劇場へとお引越ししてますね。
私の友人達も少なからず影響を受けています(ジャニごとですが)

さよなら公演、は寂しいですが、貴重な場にいらっしゃったのですね。

投稿: shino | 2010.02.01 16:20

こんにちは、shino様

連勤、お疲れ様でした。
どうぞ、ご無理なさいませんよう。

私もてっきり、外観を残したままかリフォームかと思っておりましたら、何と立て替えでしたのです。
もったいないですよね~。
お陰でしばらく皆様のところで軒を借りないといけないそうで。
ジャニ関係、大変そうですよね・・・。
私の友人達もあわあわしてます(笑)。

東京雑記、まだまだ続きます。
おつき合い下さいませ!

投稿: いけこ | 2010.02.02 16:11

はじめまして&こんにちは。
けんこうさんのところから辿ってきました。

歌舞伎座取り壊し、ショックです。
子供の頃から、一幕見席でよく見てました。
ビルになってしまうとは残念です。
あの外観が良かったのに。
どこもかしこも新しくすればいいってもんじゃないと思うんですけどね。
あぁ、残念。
取り壊しまでに一度は行けるかなぁ。

それは置いといて、足袋の蝶々がステキです。
いいですねぇ、着物は。そして日本は。

とりとめないコメすいません。
また、おじゃまさせてください。

投稿: ねこまたぎ | 2010.02.09 13:02

初めまして、ねこまたぎ様

この度は、コメント有難う存じます。
拙ブログでは初めましてですが、常々けんこう様のところでお名前を拝見しておりまして。
何やら、お馴染みの心地が致しますもので、嬉しゅうございます。

私もまさか取り壊しだとは思わず・・。
吃驚致しました。
仰るとおり、せっかくの特徴有る、伝統ある建物故、取り壊して味気ないビルになるのは、考え物ですよねぇ。
ご機会がございましたら、是非とも名残にお出かけ下さいませね。

お気に入りの足袋をお褒め下さいまして、有難うございます。
吉右衛門様の定紋、揚羽を着物のどこかに取り入れたくって(照)。


今後ともどうぞ、宜しくお願い申し上げます。


投稿: いけこ | 2010.02.09 15:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/47382930

この記事へのトラックバック一覧です: 東京雑記 その2 歌舞伎座さよなら公演 壽初春大歌舞伎 その1:

« 東京雑記 その1 京都からお江戸へ | トップページ | 東京雑記 その3 歌舞伎座さよなら公演 壽初春大歌舞伎 その2 »