« 秋のお楽しみ | トップページ | スイス雑記 その2 ジュネーブ、スイスの印象 »

2009.10.07

スイス雑記 その1 出国

香港雑記もまだ途中なのですが、ぼちぼちスイス雑記も初めていこうかと思います。


本当は数年前より計画し、お金も貯めて、去年行こうと思っていたのですが・・・。
皆様ご存じの通り、骨折しましてね。トホホ。
後で判ったのですが、実は、左足中指だけでなく、人差し指も骨折していたのでした。
職場の附属病院の整形外科では、添え木代わりに人差し指と固定したつもりだったのですが、
両方折れてりゃ、くっつくもんもくっつきませんがな・・・。
(全治2週間と診断されたのですよ)
痛みがひかずおかしいと思い、別の病院に替えて、発覚。
最初の処置が悪かったので、完治にほぼ半年と時間がかかり、今でもちょっと指が曲がりませんよ・・・。
皆様、面倒でも、セカンド・オピニオンを忘れずに(笑)!!

骨折して山登りはキツかろうと、一年延期。
私、人生初、アジア圏脱出でございます。


旅行日程:2009年9月19日(土)~26(土)
訪問国:スイス(交通手段及び国境の具合により、途中、ドイツ・フランス・イタリア)
宿泊地:ジュネーブ(ロイヤル・マノテル)・ツェルマット(アンバサダーホテル)
     グリンデルワルド(ホテルアイガー)・ルツェルン(パレス・ルツェルン)
手配業者:JTB『ゴンドラで越えるアルプスと3大名峰、魅力ぎっしりスイス8日間』
※ちょっと高めのツアーでしたので、日程中ほぼ全部にバゲッジサービスがあり、大変助かりました。
 (一部、氷河特急乗り降りのみ、各自で)
 ですが代わりに、最終日ホテルが5つ星の良い所でして。
 レストランでの夕食、ドレスコードがあり余計な荷物が・・・。


1日目:日本→スイス、ジュネーブへ。

一応、シルバーウィーク(ずっと、敬老の日が含まれるので、シルバーなのかと思っていました笑)
なので、早めに家を出たのですが、線路内不審者により、関空特急はるかが42分遅れました。
ヤバイっと思いましたが、ルフトハンザも機材故障で30分出発が遅れています。
だ、大丈夫なのかしら・・・。何だか、不安。


AM11:15 ルフトハンザ航空(LH0741便)にて関空出発。

Img_0001

どこが故障なのかしら、ドキドキと思っていたら、私の座席のモニターが故障。
どうやら、他にもモニター故障があったようです。
フライトマップが見たかったのに~。くすん。


Img_0008

今回のフライトは、今までになく長時間のフライト、トランジットを合わせて、12時間の長丁場です。
フライト中、お昼ご飯→軽食(おにぎりorサンドイッチ)→夕食、乗り換えて、また軽食。
有り難いですが、気分はブロイラーです(笑)。げふっ。

早速、ビールを頂きます。
これは、ドイツのビールでしょうか。

Img_0009

お昼ご飯です。
スモークサーモン、茶そば、カットフルーツ、お魚のハーブグリル(多分)。
座席が後ろから2番目だったため、メイン料理が1種類しか残っておらず、親子丼しかなかったのです。
私、ちょっと卵アレルギーがあるので、困っていたら何と!ビジネスクラスで余っていたメインを頂けました!
わ~、ルフトハンザさん太っ腹等~。流石ビジネス、食器がちがう~、メインも贅沢~。うふふ。

Img_0011


途中、ロシア上空を飛んでいます。
永久凍土のある国、山々は雪に覆われています。
タイガが拡がっているのでしょうねぇ。


Img_0017

丁度旅行初日から、ドイツではオクトーバーフェストが開催されました。
ですから、機内食もオクトーバーフェスト仕様。
ビール飲み放題なんですってねぇ、行ってみたいですわ~。
夕食は、ザウワークラウト、ソーセージ、マッシュポテト、アップルパイ。


PM16:10 フランクフルト国際空港 着 (ここより、現地時間)
機材故障により出発遅れに、途中、気流が乱れたのでまた遅れて、結局40分遅れで到着。
予定していたトランジットは、PM16:50発。間に合うのかしら・・・。

不安に思っていたら、機体を降りると、空港職員さんが誘導して下さり、ターミナル内迷路のような職員通路をグルグル。
何と、通用口より空港バスを横付け。もの凄いスピードでバスは走ります。
途中で入国審査と手荷物検査に寄って、そのまま滑走路へ(吃驚)!


Img_0018


滑走路を歩いて、飛行機に乗ったのは初めてでございます。
しかも、機体の後ろから(笑)。


PM:16:50 ルフトハンザ航空(LH3668便)にて、フランクフルト出発


Img_0020


一時間ほどのフライトですが、軽食が。
胚芽パンにチーズが挟まっています。
もう、お腹いっぱいです。


参考

写真:2009年9月19日 関空→フランクフルト→ジュネーブ

|

« 秋のお楽しみ | トップページ | スイス雑記 その2 ジュネーブ、スイスの印象 »

コメント

なんだかのっけから小さなトラブル満載ですねぇ。
私はビートルズはありますが、滑走路を歩いたことも、飛行機のお尻から乗ったこともないです。
貴重な体験ですね。
これで厄落としは完了ですな!
私は同じところに5時間は座っていられないのじゃないかと思っていますので(実際座っていられたことはない)アジア以外は行けないなぁと思ってました。
が、トランジットがたくさんあれば、もしかして何とかなるのかな?
ヨーロッパに着く頃には眠くて眠くて仕方がなさそうですが。

なんか、いつまで経っても明るい画像ですね。
ちょっと不思議です。

最後に突っ込みを。
>ブロイラー
ビールも飲み、アップグレードな物を食べ……
ブロイラーってよりは、松坂……
きっと見事なサ(以下自粛)
運動しませう。

投稿: 外付け胃袋 | 2009.10.08 00:46

書き忘れました!
足、大丈夫ですか?
お大事になさって下さい。
冷えは大敵ですよ!

湯船につかった時に、心臓に近いほうから心臓から遠いほうへ、しごくように?マッサージすると良いみたいです。
肌と骨が痛まない程度の強さと回数でやってみて下さい。

投稿: 外付け胃袋 | 2009.10.08 01:03

スイス~
チューリッヒ空港に降りる前の山の景色がハイジ♪
あの感動は忘れられません。
雪は雪一面できれいなんですよ♪

アップ楽しみにしてます。

先日、浜離宮庭園行きました。
深い緑に囲まれたり、庭園が開けて見えたりと素敵なとこ。
お弁当もしくはおやつを持って、ぜひご一緒に。

投稿: きくみ | 2009.10.08 11:57

こんにちは、外付け胃袋様

そして、この写真のまま、まっすぐ飛び立ったのですよ!
吃驚でございますよ~。
JTBさんのツアーに決める前に、色々検討したのですが、お値段が安くなるごとに、トランジットの時間や回数が増えていました。
でもやはり、ずっと移動だとしんどいですよねぇ。

スイスと日本は、時差が7時間。
ちなみに、このトランジットの写真、日本時間では、夜中の12時をまわっていました。
明るいのに、時計を見た途端、なんだか眠くなる私。現金です(笑)。

サーロインは無事に、旅行中のトレッキングでしっかりと落として参りました!!うふふふ。
足のマッサージのアドバイス、有難うございます!
早速始めてみます。
仰るとおり、冷えるとちょっと痛むのですよねぇ。
後は、循環が悪いのか、左足だけ浮腫むのです。とほほ。
冷やさないように、ぬくぬくのソックスやルームシューズを買いました。
教えて頂いたマッサージで、益々快適に過ごせそうですわ~。
有難うございます!!

投稿: いけこ | 2009.10.08 12:40

こんにちは、きくみ様

それが、到着のジュネーブも出発のチューリッヒも小雨でして、残念ながら飛行機からの景色は望めませんでしたの・・・。
でもそのかわり、トレッキングは良いお天気。
しっかり、ハイジしてきました~。

お、浜離宮いらっしゃったのですね!
私も好きなお庭なのです~。ご一緒したいわぁ。
あと、是非とも菜の花の時期にも参りませんか?
綺麗ですよ~。

投稿: いけこ | 2009.10.08 12:44

ずっと気になりつつ、やっとお邪魔出来ました~sweat01 
チョコレート、形も何だかおもしろかったし食感も不思議で美味しかったです★★★ 本当にご馳走様でした…!!

ロシア上空の写真、一瞬「雲」かと思って拝見しましたが、「雪」なのですか!? …というか、その場所がロシアだというだけでものすごく感動です!! おそらく生きてる間にロシアに行く用事がないと思うので(笑)、こうして画像で拝見出来るなんて!! とヘンな所で感慨深かったりします。。。

投稿: さくら | 2009.10.16 00:34

こんにちは、さくら様

この前は、突然お仕事場にお邪魔してしまって、すみませんでした!
スイスで有名となると、チョコレートしか思いつかず(笑)。
お口に合いましたでしょうか?

私も、恐らく一生涯ロシアに足を踏み入れることはないでしょうねぇ。
取り敢えず、上空は飛んで参りましたよ!!
夏ですが、やはり寒そうですね。

投稿: いけこ | 2009.10.16 16:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/46420120

この記事へのトラックバック一覧です: スイス雑記 その1 出国:

« 秋のお楽しみ | トップページ | スイス雑記 その2 ジュネーブ、スイスの印象 »