« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009.09.29

ただいま!

ただいま!
スイスより、戻って参りました!
昨日ゆっくりしましたので、しっかり時差ぼけも治りましたわ〜。
ぼちぼちスイス雑記もはじめたいです。
しかし、日本は湿っぽい、そして、暑い…。
写真はマッターホルン。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009.09.19

行ってきます!

本日より、月末まで、スイスへ行ってきます。
数年前より、楽しみにしてきました。
エーデルワイス見られるかな?
それでは、行ってきます!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009.09.17

香港雑記 その3 香港公園と茶具文物館

暑いアジアの国は、台湾もそうですが、得てして、朝が遅いですねぇ。
香港も、朝ご飯のお店やショッピングセンター以外は割とゆっくりです。
大体、11:00や12:00ごろのオープンがほとんどです。
なので、朝のお散歩がてら、「金鐘」の香港公園へ。

しかし、大変でした・・。
ガイドブックの地図通りに行ったのですが、どうやっても道路向かい側へ渡れません。
香港公園が見えてるのに~!!横断歩道が無い~!!
工事中で先へ進めない~!!迂回路はどこ~?

これは、この後、香港で町歩きする度に難儀しました。
暑い国だからか、極力外に出ずに目的地へ行けるようにしてあるのか、
道路を横断するのに、地下からやビル同士を繋ぐ陸橋を渡ったりなど。
わからなくなります・・・。何故、目的地がすぐ向かいに見えているのに、渡れないのよ・・・。

香港公園も、見えているのにたどり着けません。
道行く人に何人か聞くも、私の拙い英語では、皆さん香港公園を指さして「あれ!」と。
知っとるがな・・。どうやってそっちに渡るのか知りたいのですよ・・・。
ガイドブックを見ながら、公園向かいを行ったり来たりとウロウロ。困った・・。
(どうやら、後で調べると、駅の地下道を通って、パシフィック・プレイス内へ入り、
エスカレーターを上がって行くのが一番良かったみたいです。)

すると、恐らく私が行ったり来たりしてるのをずーっと見ていたのでしょう、
中國銀行の前にいたガードマンのおじさんが、ちょいちょいと手招きしてくれました。
銀行内の二階の階段へ案内してくれ、二階から陸橋へわざわざ連れて行って下さいました。
後は手振りで、ここからまっすぐ行って、右に曲がって2つめの階段を下りなさいと。
おじさん、本当に本当に有難うございました~!!お仕事中、すみませんでした。


AM9:30頃 悪戦苦闘して、やっと香港公園へ到着。


Dscf9682


Dscf9687


香港公園は、沢山の緑や花で溢れ、
緑越しに見える林立する高層ビル群とのコントラストが不思議な感じです。

Dscf9690

鮮やかに沢山咲いていて、目を惹いた「金英」、和名は金虎の尾(キントラノオ)。


Dscf9680

これ、お花の名前が判りませんでした。
どなたかご存じの方、いらっしゃいませんか?
アグロステンマでも無いし、ううーん。

ゆったり散歩をしつつ、「茶具文物館」へ。

Dscf9688


1844~46年の間に建てられたギリシャ復興様式の建築物です。
香港に現存する、最古の西洋式建築物です。
当時は、イギリス軍総司令官邸として使われていました。
以来、改修改装されながらも、1984年1月に茶具博物館として開放されました。
お茶や茶器など、中国茶にかかわる文物が収集されています。
奥に見える、近代的ビル(Lippoビル)との対比が面白いですね。


丁度、紫砂展をやっていました。

Dscf9686

「五彩十二花神杯」
清代の神杯。1622~1722頃。
1月:梅花、2月:杏花、3月:桃花、4月:牡丹、5月:石榴花、6月:荷花(蓮)
7月:月季花(薔薇)、8月:桂花、9月:菊花、10月蘭花、11月:水仙花、12月:蝋梅


私は個人的に北宋代の焼き物や磁器が好きですが、
このような華やかな色彩の清代、乾隆帝の頃のも素敵だなぁと思います。


Dscf9679


こちらは、さまよっている間に立ち寄った、遮打花園。
奥に、立法局大樓が見えます。

参考

写真:2009年8月24日 香港公園

「茶具文物館」

住所:中環紅綿路10號
TEL:2869-0690
開館時間:10:00〜17:00 毎週火曜、12月25〜26日、元日、旧正月の最初の3日間休
料金:無料
※パシフィック・プレイス内から行くと近いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.11

粘着質で小心者な猫

わが家のにゃんこは完全室内飼い。
お外(お庭)に出るときは、召使い(父母や妹)がリードを付けて、お外へ。


Dscf9138

こーんな感じで人相悪ーく庭におりますが、小心者。
わが家は他にも通いの野良さん(黒猫ちゃんなど)がおりますが・・・。


Dscf9139

あそこに、だ、誰か、いるにゃ・・・。ドキドキ。

Dscf9145


そして、実は割と粘着質なのです。
ここに、以前ヤモリさんがちょろりといて、あはれ、チャイが仕留めてしまいました。
以来、「また来ないかな~」と扉から頭だけ出して待ってます。


Dscf9148


今さら、可愛い顔しても、無駄よ~。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009.09.09

重陽の節句

重陽の節句
今日は重陽の節句です。
菊花酒で、長寿を願います。
菊は、今年はお花屋さんではなく、スーパーで求めましたが、一束の量が多く、思案してたら、同じく思案中のお着物のおばあ様が。
二人で顔を見合わせて、にっこり。
一つ花束を買って、半分コしました(笑)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009.09.08

香港雑記 その2 スターフェリー(天星小輪)と「翡翠拉麺小籠包」で晩ご飯

明星達の手形を見てからは、のんびり船で対岸の香港島へ渡ります。

Dscf9634

尖沙咀のスターフェリー乗り場の側には、こんなレトロな時計台が。
すっくと立姿が綺麗ですね。

これは、ここに香港~広州を結ぶ九広鐵道の駅があった名残だそうです。
1915年に作られました。
この九広鐵道は、シベリア鉄道を経て、ロンドンまで繋がっていたそうです。
この時計台も、英国のおもかげなのでしょうね。

Dscf9637

それでは、スターフェリーで尖沙咀から中環へ。
(二階席$2.2、一階席$1.7。乗り場が違いますので、お間違えなく)。
船は、大体10分間隔くらいで出ています。
約6分間のビクトリア湾クルーズです。

Dscf9669

私は二階席へ。
この日は風があり、ちょっと揺れました。
ですが、船首以外は空調が入っていないため、風に吹かれてとても気持ちが良いです。

Dscf9670

Dscf9671


スターフェリーは、香港島と九龍を結ぶ交通手段として1888年に登場しました。
船体は上半分が白で下半分が緑、名に負う★が煙突部分や座席、
クルーの制服などにデザインされています。


Dscf9666

ビクトリア湾をすれ違う船は沢山有ります。
大型コンテナ船もあり、最新型ターボジェットや小さな小さな漁船も。
そして、こんな中華チックな船も。
水上レストランでしょうか。

船着き場の中環から、銅羅湾へ。
タイムズ・スクエア(時代廣場)のB2フロアにある、「翡翠拉麺小籠包」で晩ご飯を。
香港で人気のようで、30分くらい待ちました。
台北の「鼎泰豊 本店」のように、整理番号が電光掲示板に表示されるため、安心です。

Dscf9673

四川擔擔拉麺 $30

色は辛そうですが、それほどでもなかったです。
少しの酸味と後からピリリときく辛みが良い感じです。
香ばしい胡麻の香りが食欲をそそります。
スープはとろりとしていて、ストレートの手打ち麺によく絡みます。
手打ちのコシのある麺はながーいです(笑)。
青ネギは後のせ、ご自由に。
香港滞在中、この麺が一番好きだったかもしれません。

Dscf9676

楊餃子 $26

もの凄く肉汁たっぷりでした。
だって、ガブッと囓ったら、肉汁がびゅ~と私の肩に飛んだのです!
大きめの餃子で、皮が焼いてあるので、カリッと楽しめます。


Dscf9675

上海小籠包  $22

黒酢と生姜で頂きます。
ほこほこでジューシー、皮はわりとむっちりタイプでした。

は~、お腹いっぱい、ご馳走様でした~。
帰りは、MTRを乗り継いで、ホテルへ帰りました。

おまけ

今日の「一日一マンゴー」
ランガムプレイスの地下スーパーで、無添加無農薬マンゴージュース。あっさり美味。
(写真撮り忘れました・・・、やはり担々麺で喉が渇いていたようです笑)

参考

写真:2009年8月23日 尖沙咀 銅鑼灣

お店

「翡翠拉麺小籠包」
住所:銅羅湾時代廣場B224號店(タイムズスクエアB2)
TEL:2506-0080
営業時間:11:00-23:00 (LO:22:30) 旧正月2日間休
※日本語メニュー有、カード可、サービス料として、お茶が出されます。
  スタッフの中には、日本語を話せる方がいます。名札か制服の袖に、日の丸マークがある方がそうです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009.09.04

素敵なお花

素敵なお花


ルランディ様のところにお邪魔して、素敵なお花をいただきました。
薔薇はイヴピアッチェ、香りが清冽で、八重の薔薇で、花芯まで開くのは初めてみたような気がします。
今日は暑かったので、ガラスの花器に。
赤い実は、コンパクターと言うもの。
秋は実の物が多くなるそうです。
食べられそうですよねぇ(笑)。ダメかしら?
艶やかなこちらは、秋の趣に、萩柄のお銚子を花器がわりに。
お花屋さんへ伺うと、伺うたびに、新たな出会いがございます。
嬉しくなってしまいます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.09.02

梅酒2009、第三陣!

梅酒、その三


アップを忘れておりました。
皆様に教えていただきました、初漬けのブランデー梅酒です。
美味しく漬かりますように。
外付け胃袋様、ジャスミン様、千夜様、アドバイス、本当に有り難うございました!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.09.01

香港雑記 その1 尖沙咀東部海濱公園(プロムナード)

8月23日~27日までの5日間、香港へ行って参りました。
私、初香港でございます~。
しかし、学会についての出張なので、食は主に夜をメインに。
今回は、「一日、一マンゴー」を標語に、ドキドキのマカオ一人旅なんかもあったりして。
そして、家族からのミッションもあり、中々忙しい旅でございました~。

日程:2009年8月23日(日)~27日(木)
訪問都市:香港・マカオ
宿泊地:ランガムプレイスホテル(旺角)


10:05 キャセイパシフィック航空 CX503便にて関空出発

日本からは、フライト時間は約4時間ほど。
香港の空港からは、エアポートエクスプレスで市内入り。
MRTに乗り換えて、ホテルは九龍島側、MTR旺角駅すぐの「ランガムプレイス」へチェックイン。

荷物を整理したり、頼んでいたチケットなどを確認したりとバタバタしていたら、結構良い時間に。
そろそろ暑さも和らいでいるかなと願いつつ(笑)、お散歩に出掛けました。


16:30頃 尖沙咀駅で下車、海沿いへ歩いて向かいます。
しかし、暑い!!
台湾と負けず劣らず暑い!!
ちょっと歩くだけで汗だくだくです・・・。

海沿いを歩いて、星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)へ。
ここには、明星(スター)達の手形やサイン、他にも映画にかかわるオブジェがあり、お散歩コースになっています。
夜は、ここからビクトリア・ハーバーを眺め、香港島の夜景や、「シンフォニー オブ ライツ」が楽しめます。

Dscf9639

まずは、起点の「香港映画賞像」。

Dscf9662

お馴染み、ブルース・リー!!
(この像をみてからお散歩中、私、ブルース・リーの映画テーマ曲が頭から離れません・・・笑)
近くにキオスクがあり、グッズが販売されています。

それでは、明星たちの手形を探しましょう。

Dscf9649


ジャッキー・チェン

Dscf9647


サモハンキンポー


Dscf9656


アンディ・ラウ


Dscf9661


トニー・レオン


Dscf9659


私の大好き、ジェット・リー。

Dscf9658

皆さん、このようにしてお気に入りの明星と写真を撮っていました。


参考

写真:2009年8月23日  尖沙咀東部海濱公園(尖沙咀)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »