« 台湾雑記11 骨折してても初海外旅行者引率!2008秋 初“変身写真”ととろりん鬍鬚張魯肉飯に冷え冷えマンゴーかき氷! | トップページ | 台湾雑記11 骨折してても初海外旅行者引率!2008秋 ドキドキの士林夜市 »

2009.07.07

七夕(白峯神宮の蹴鞠)

今日は七夕です。
織り姫様と彦星様の、年一度の逢瀬の日。
実際の七夕乞巧奠は、旧暦なのでもう少し後なんですけれども。
本日の雨はもってくれるでしょうか?
せめて、催涙雨となりませんように。

お問い合わせがあったので、白峯神宮の七夕に奉納されます蹴鞠の様子を。
2007年の記事ですが、ご参考にこちら

かくて春すぎ夏たけぬ 秋の初風吹きぬれば、
星合の空をながめつつ、天のとわたる梶の葉に、思ふ事書く比なれや
『平家物語』 巻第一「祇王」

|

« 台湾雑記11 骨折してても初海外旅行者引率!2008秋 初“変身写真”ととろりん鬍鬚張魯肉飯に冷え冷えマンゴーかき氷! | トップページ | 台湾雑記11 骨折してても初海外旅行者引率!2008秋 ドキドキの士林夜市 »

コメント

七夕ですね。
そちらは天気はいかがでしたか?
茨城は雲はありましたが、星も見えました。
いけこさまの願い事がかないますように。

投稿: 外付け胃袋 | 2009.07.08 00:22

忘れてました!!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) !?

投稿: ナオヤ | 2009.07.08 10:34

いけこさん。こんにちは。
七夕飾りにも色々由縁があるみたいですけれど、大体こんな理由みたいです。

(紙衣) 女子の裁縫の腕が上がるように
(巾着) お金が貯まりますように  
(投網) 豊漁になりますように  
(屑籠) 整理、整頓、物を粗末にしないように   
(吹き流し) 織姫のように機織が上手になりますように   
(千羽鶴) 家族が長生きしますように  
(短冊) 願い事がかない、字が上手になりますように

世界中に伝説は残っているようですが、男女の逢瀬はよく似たもの。縁結びの神様も放っておけません。各地で催しがあるみたいですね。
で?いけこさんは何をお願いしたの?笑

我が背子に うら恋ひ居れば 天の川 夜船漕ぐなる 楫(かぢ)の音(と)聞こゆ

投稿: きさとぱぱ | 2009.07.08 12:42

こんにちは、外付け胃袋様

残念ながら、夜半には雨でございました。
織り姫も彦星も、雨に急かされる慌ただしい逢瀬になってしまったかもしれませんね。
今年の職場の短冊へは、上司に「注意一秒、怪我一生」と書け!と言われました。
(去年、職場で骨折したので)
それって、お願い事じゃなくて宣言じゃないですか・・・。

投稿: いけこ | 2009.07.08 13:21

こんにちは、ナオヤ様

いや~、私も蹴鞠のお問い合わせがありまして、気づいたくらいですわ。

投稿: いけこ | 2009.07.08 13:22

こんにちは、きさとぱぱ様

飾りにも色々意味があるのですね。
子どもの頃は、スイカや茄子も作ったり、提灯を作って吊したのですが、これってお盆と混ざってますよね(笑)。
乞巧奠と盂蘭盆会は似ているので、関連があるのでしょう。

万葉集のお歌ですね~。
それでは、私も返歌を。
天の川 楫の音聞こゆ 彦星と 織女と 今夜逢ふらしも

私のお願い事は、上司によると今年は「注意一秒、怪我一生」だそうです(笑)。

投稿: いけこ | 2009.07.08 13:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/45565312

この記事へのトラックバック一覧です: 七夕(白峯神宮の蹴鞠):

» 催涙雨 Wiki [チョイ悪オヤジのニュース速報]
七夕LIVE ... 7月7日だけ会うことを許し、どこからかやってきたカササギが橋を架けてくれそうな 七夕には星あい(星合い、星合)という別名もあり。この日に降る雨 は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は 織姫と夏彦が流す涙 といわれている。『ウィキペディア(Wikipedia ...(続きを読む) 七夕 催涙雨 七夕 催涙雨 七夕は 元来、中国での行事であったものが奈良時代に伝わり ... ことができないそうです 七夕に 降る雨は 催涙雨(さいるいう) と呼ばれ 織姫と夏彦が流す涙といわ ...(続... [続きを読む]

受信: 2009.07.08 13:33

« 台湾雑記11 骨折してても初海外旅行者引率!2008秋 初“変身写真”ととろりん鬍鬚張魯肉飯に冷え冷えマンゴーかき氷! | トップページ | 台湾雑記11 骨折してても初海外旅行者引率!2008秋 ドキドキの士林夜市 »