« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.06.30

夏越祓2009 水無月

今年は雨の夏越祓となりました。
毎年、上賀茂神社の夏越祓に参っているのですが、あまりの雨に断念(笑)。
この雨が、恵みの雨となりますよう。
去年の上賀茂神社の夏越祓はこちら


Dscf4437


破邪の赤、魔滅(まめ)の小豆、氷室の氷に見立てた「水無月」を頂きます。
今月は、京都中の和菓子屋さんやおまん屋さんで、「水無月」が売られます。
京都の風物詩です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.06.26

台湾雑記11 骨折してても初海外旅行者引率!2008秋 マンゴーは明日(笑)!臺北戯棚(台北EYE)で観劇

食後は、やっぱりデザートでしょう!と「鼎泰豊」から「冰館」まで歩き出します。
すると・・・。

A・Yっ子ちゃん:「なんか変なにおいがするんですけど・・・」と不安そう。
しまった、そう言えばココ、途中に“臭豆腐”のお店がありましたね。

私にとってはお馴染みの台湾ならではの小屋台も、2人にとっては未知の物。
ましてや、日本と違い、鳥のあんよそのままとか、ホルモン系がごろごろしてますものね。
2人とも夜の雰囲気がちょっと怖いみたいです。
途中で、足が止まってしまいました。
あと、ほんの少しなんだけどな~・・・。むむむ。

私:「どうする?止めておく?」
A・Yっ子ちゃん:「でもマンゴー食べたい・・・。チャイナの雑貨もほしい(「圓融坊」のことです)・・。」
私:「じゃ、じゃあ、昼間に来てみようか。明日、ね」


ううーん、明日は夜、士林夜市に行く予定なのです。
大丈夫でしょうか・・・?
Yちゃんはその頃、ビールが効いたのか、真っ赤な顔でよろりら酔っぱらいでした。

酔っぱらい1名に怯える子羊2名、先生、ちょっと荷が重いです(笑)。


「臺北戯棚(台北EYE)」を予約していたので、早いけれど、タクシーで劇場に向かいました。


Dscf5143

「臺北戯棚(台北EYE)」は以前、「けんこう」様とご一緒して以来、大好きになったところです。

京劇や伝統舞台芸術を、一公演につき大体2演目、毎週金曜日と土曜日に上演されています。
演目は期間によって変わります。
20:00から開演し、約90分間くらい、素晴らしい世界に浸ることが出来ます。

「臺北戯棚(台北EYE)」の母体は、辜顕栄氏によって[台湾新舞台]として、1915年、日本統治下に始まりました。当時は上海などから京劇を招待し上演していたそうです。
その後、戦火で劇場が破壊されるなど、紆余曲折がありましたが、2002年に現在の「台泥大楼」へ移転、「臺北戯棚(台北EYE)」として、再生し、新しい観光スポットとして発展しています。

1階のロビーでチケットを購入し、エレベーターで3階へ。
劇場のスタッフの皆さん、日本語が完璧で、とっても親切です。
なお、JCBカードで支払うと、15%引きです!!

20:00 開幕

1幕目は、[戯獅]、中華獅子舞です。
日本でも、中華街などで春節によく見られますね。

太鼓の音に合わせて(太鼓の奏者もお茶目で楽しいです)、獅子が生き生きとした動きを見せてくれます。

Dscf5156

きゃー!!何と!!手に汗握る獅子の渡しを!!
ドキドキしながら、見守ります。

飛ぶまでに、何度も尻込みしたり、客の拍手を煽ったりして、獅子の動きはとてもユーモラスです。
獅子は、瞬きや口の開閉もできるのです。尻尾も振ってくれます。

Dscf5157


客席に来てくれたり、客と一緒に踊ったりなど、とっても楽しく賑やかな舞台です。


ここで、一端休憩を挟みます。
休憩時間も退屈はさせません!
3階のロビーでは、休憩時間の間も、楽器の演奏や京劇メイクの様子を見学することが出来、
京劇のキャストの方々も出てきて下さり、一緒に写真撮影や京劇の一場面を生演奏で披露して下さいます。
もちろん、お土産も売っていますし、指人形や、獅子の人形なども自由に手にとることが出来ます。


Dscf5146


沢山の指人形達。
友人が掴もうとしているのは、確か孫悟空です。
他にも猪八戒や、関羽将軍など、お馴染みの指人形がいっぱいです。

Dscf5147


京劇メイクは大体20分ほど。
ドンドン表情が変わっていくのをつぶさに見て取れます。


Dscf5158


京劇の一場面をロビーで上演。
生演奏で、こんなに近くで役者さんの生歌が聴けます。
なんて綺麗なんでしょう~!!


それでは、2幕目です。
京劇の演目は、「火鳳凰」です。
内容は、鳳凰が見守る平和な白鷺島を、荒ぶる鷲族達が占領しにやってきます。
鳳凰は白鷺たちを率いて勇敢に戦い、見事、鷲族を撃退するというお話です。

写真撮影は許可されていますが、フラッシュ厳禁です!!
上演中は舞台向かって右モニターに日本語の字幕、左モニターに英語の字幕が表示されます。
バク転、宙返りは当たり前、とってもアクロバティックです。
衣裳もとても絢爛豪華、魅力にうっとり、心躍る舞台です。

音楽に合わせて、歌舞伎の見得の様にぴたりとポーズを決める様は、指先まで美しく、
中国語がわからなくとも、紡がれる科白や歌に魅せられます。


Dscf5166

鳳凰率いる気高き白鷺族。


Dscf5164

力強く、蛮勇の鷲族。


Dscf5167


両族の戦いは次々にバク転や宙返りなどアクロバットが披露され、また、旗や武器の槍を使って、
果ては火などを使ってのアクロバットは息を呑むほど。
役者の皆さんの熱演に、大興奮です!!
最後はそれぞれの王の一騎打ち!
鳳凰が勝ち、鷲の王を撃退し、平和が訪れます。

会場は割れんばかりの拍手、拍手!
ふと隣を見ると、Yちゃん寝てます(笑)。
酔っぱらってたので、暗くなった途端、寝ちゃったみたいです。あらら~。


最後に役者の皆さんに見送られ、京劇の世界の余韻に浸りつつ、劇場をあとにしました。
本当に素敵、何度訪れても素晴らしいです。
皆様の台湾へお越しの際は、是非とも訪れて見て下さい!!


参考

写真:2008年10月3日 「臺北戯棚(台北EYE)」にて

「臺北戯棚(台北EYE)」:タイペイ・アイ
住所:台北市中山北路二段113(入口は錦州街側、台湾水泥大楼です)
TEL:(02)2568-2677
開演時間:毎週金・土の20:00より
料金:880元(4歳以上)
HP:http://www.taipeieye.com/

※中国語・英語・日本語の字幕がスクリーンに出ます。
  スタッフの方々は、日本語が完璧で、とっても親切です。
  受付は1階、チケット購入後、エレベーターで3階へ。
  撮影は自由ですが、絶対フラッシュ禁止です!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.06.25

梅酒2009  第二陣!

梅酒2009<br />
  第二陣!

第二陣も漬けました~。
私が漬ける梅酒は、ほとんどがホワイトリカー+氷砂糖なんですが、去年、
「京都へのラブレター」のhayate様より、
味醂で漬けるんですよ~と教わりました。
写真の左側の白い蓋の容器は、味醂で梅酒に挑戦です!!
できあがりが楽しみですわ~。

ちなみに、hayate様、これ、いつ飲み頃なんでしょうか???

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2009.06.24

岡山へ蛍鑑賞 その3

蛍の後は、お昼までゆっくりさせてもらってから、戻ります。
どうやら、甥っ子達は近くの「まきばの館」へ寄ってから帰るのが蛍鑑賞王道コースらしく。
私たちも一緒に向かいます。


Dscf9012

レストラン、動物広場、乗馬場などが、広い園内にあります。
レストランではバーベキューも出来ますよ。

Dscf9016

ハーブ園があり、ラベンダーが丁度見頃でした。
良い香りです。

Dscf9027


甥っ子達は、もちろん、アスレチック!!
私は写真を撮るのに夢中、かわゆい甥っ子達にめろめろです(笑)。

Dscf9037


岡山市内へ戻ったら、新幹線の前に晩ご飯。
ご存じ、「えびめし」でお腹いっぱいです~。
テレビで見ていたのですが、でも、実物が出てきたとき「黒っ!!」って吃驚。
こちらも、色の正体はドミグラスソースとかカラメルソースだそうです。
外にもほんのりカレーの味がしたようなしなかったような・・・。
もとはカレー屋さんの「いんでいら」からはじまったそうです。
岡山の人は、ドミグラスソース好きなんでしょうか?
「えびめしソース」というものも売っているそうなので、今度のお土産にしたいと思います。


本当に楽しい楽しい三日間でした。
もう、しっかりたっぷり「夏休みの絵日記」が書けるくらい(笑)!!
また来年もお邪魔させて下さいねぇ~。


参考

「まきばの館」
住所:岡山県久米郡美咲町北2272
TEL:0867-27-2346
営業時間:8:30~17:00
※無休・無料です!
※住所訂正しました。

写真:2009年6月14日 津山市・岡山市にて
    2009年8月12日 「まきばの館」住所訂正

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.06.22

三室戸寺 紫陽花ライトアップ

三室戸寺では、紫陽花の咲くこの時期、夜間はライトアップしています。
昼や、蓮を愛でに早朝の三室戸寺へは行ったことがあったのですが、夜は初めてです。

まったく夜というのもいいかもしれませんが、昼の風情もまた良いもの。
両方を楽しめるように、黄昏時から拝観しました。

Dscf9052


Dscf9089

あぢさゐの 下葉にすだく 蛍をば 四ひらの数の 添ふかとぞ見る 
『拾遺愚草』 上巻 夏  藤原定家


杉木立の下にすだく、照らすライトは、蛍が如し。

Dscf9084


Dscf9086

夜の帷を染め上げるか、七変化。

Dscf9095


己のが身に七色留め、夜の円ろ虹。

Dscf9109


梅雨の宵、水の器に藍を溜め。


※追加です。(2009年6月25日)

お昼間の晴れやかな紫陽花の苑の様子は、S&Y様の、「老後は京都で!」の記事にて。
藍の名を持つ、紫陽花、青の集まりが涼やかです。

参考

2009年6月23日 文追加、写真入れ替え。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009.06.19

岡山へ蛍鑑賞 その2

夢二郷土美術館の後は、津山市の親戚のお家へ向かいます。
岡山市内からは、約2時間半くらいです。

途中で、久米のM叔父さんとC叔母さんと合流して、F叔母さんのお家へ。
今日はこちらにお世話になります。
甥っ子たちや従兄弟たちも集まり、全員でなんと15名の大所帯です!!
それも大人も子どもも男ばっかり~(笑)。
なので、当然、晩ご飯はコレ!!


Dscf8952


Dscf8953


がっつりバーベキューです!!
お肉は牛・豚・鳥にウインナー、野菜はみんな叔母さん達の畑の無農薬野菜!!
外にもC叔母さんお手製のポテトサラダに、F叔母さんのお漬け物や梅シロップ煮など、盛りだくさん。
それに、お肉は焼いて貰って食べるだけ~!!贅沢です~。うふふ、満腹。

Dscf8955

もちろん、バーベキューに欠かせないのはビール!!
何と、親戚には従兄M弘さん印、ドラフトマイスターがおりますの~。
流石、自分で注ぐのと違い、美味しいです。

しかし、やはり逃れられないミズチの私・・・。
バーベキューしてるときに、雷が鳴って夕立が・・・。トホホ。
急遽、テントを立て、屋根の有るところに寄って、雨宿りしつつのバーベキュー。
皆さん、ごめんなさい、晴れの国岡山に雨呼んじゃいました。


お腹がいっぱいになったところで、蛍の出待ちです(笑)。
家の目の前の久米川??に蛍が飛び交います。
沢山のふわりふわりとの蛍舞に、吸い込まれそうです。

Dscf8968

ちょっと見にくいのですが、中央川面に沢山飛んでいます。


Dscf8998

甥っ子達へ蛍を捕まえて。
網だけでなく、ふわりと浮かび上がってきた蛍は手でも簡単に捕まえられます。

Dscf8997

蓬の葉を入れて、蛍数匹は虫かごへ。
翌日学校へ持って行くそうです。

沢山の蛍を鑑賞しました。
ですが、親戚達は「今年は少ないな~」ですって(笑)。
家のすぐそばで鑑賞出来る楽しさ、みんなで宵のお散歩も本当に嬉しいこと。
有難うございました~。

翌日はとても良いお天気。
甥っ子達三人は、網をもって紋白蝶を追いかけています。


Dscf9004

Dscf9006


沢山捕まえましたね~。
紋白蝶はすぐに逃がしてあげました。

参考 


写真:2009年6月13~14日 岡山津山市にて

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009.06.18

梅酒2009

梅酒2009
今年もたっぷり漬けました。
まずは、第一陣。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009.06.17

岡山へ蛍鑑賞 その1

12日~14日まで、親戚のお家に蛍を見に行ってきました。
金曜日の仕事終わり、ぎりぎり迄残業して、一気に新幹線で岡山へ。
京都からはのぞみだと4駅で到着です。早いですわ~。

12日の夜は、10時くらいに着いて、晩ご飯を頂きつつ、夜中3時まで呑んで食べて(笑)。
翌日はゆっくりしてから、夕方頃に津山へ向かいます。

ブログをご覧の皆様にはご存じの通り、私はミズチの雨女(笑)。
大学時代、全てのサークルの合宿、学会旅行に台風を呼びまして・・・。
学会旅行岡山ももちろん、暴風雨でございました。

この日は良いお天気。
そんな私を不憫に思って、岡山観光をしてからの津山入りとなりました~。

桃太郎の国、岡山、岡山駅周辺は桃太郎だらけです。

Dscf8945

表町商店街の排水溝も桃尽くし。

Dscf8947


マンホールはもちろん、桃太郎~。可愛いですよねぇ。


お昼ご飯は、「やまと」で頂きました。
“カツ丼”と“中華そば”をそれぞれ半分こです。

Dscf8946


お店はオランダ通りに有ります。


Dscf8948


豚骨系のラーメンは、鰹のお出汁がよく効いて、豚骨がっつりというより和風、さらりと頂けます。
美味しいです~。
中華そば 700円

皆様、“カツ丼”と聞いたら、カラッと揚がったカツに卵とじですよね!?
ですが、岡山は違うんです!!
なんと・・・・。


Dscf8949


ドミグラスソースのかかったドミカツ丼なんです!!
吃驚しました(笑)。でも、美味しい!!
話を聞くと、元々は岡山の料理店「味司 野村」から始まったそうです。
ご飯とカツの間にキャベツを敷くところもあるそうですが、「やまと」はご飯に直接カツ+ドミグラスソースです。
見た目に何となく濃そうに見えますが、ドミグラスソースに酸味があり、イメージよりあっさりしてました。
ご馳走様でした~。


食後は、「夢二郷土美術館」へ。
ここ、学会旅行では台風のため、閉まってたんですよねぇ・・。

Dscf8951


沢山の夢二式美人に出会えました。
夢二の描く、切なげななまなざしの美人画に見つめられ、溜息。
また、立ち居姿や後ろ姿のうなじ、季節柄、夏の風物の絵が多く、
団扇などの小道具を持つ手に女の色香が滲んで。

丁度、夢二デザインの浴衣展が開催中でして、館員の皆さんが浴衣をお召しに。
うふふ、眼福です。


Dscf8950


入口や駐車場には、夢二にちなみ、待宵草が咲いていました。

参考

写真:2009年6月13日 岡山市内にて

お店

「やまと」
住所:岡山県岡山市北区表町1-9-7
TEL:086-232-3944
定休日:火曜
営業時間:11:00~19:00
※店内禁煙です。


「夢二郷土美術館」
住所:岡山県岡山市中区浜2丁目1-32
TEL:086-271-1000
休館日:月曜日
開館時間:9:00~17:00
入館料:大人700円、中高大学生400円、小学生300円
HP:http://www.yumeji-art-museum.com/

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.06.14

答えは…

答えは…
岡山でした〜。
親戚のおうちで、バーベキューと沢山の蛍を鑑賞してきました。
えびめしも食べました〜。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009.06.13

さてどこでしょう?その2

さてどこでしょう?その2
ドミカツ丼です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さてどこでしょう?その1

さてどこでしょう?その1
マンホールは桃太郎だらけ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.06.08

御所で台湾茶芸会“水無月の会”

梅雨入りもまだの京都は、とても気持ちが良いです。
出水の小川の側、葉桜が爽やかな木の下で“水無月の会”が始まりました。

Dscf8935

丁度rina-oha様もご上洛中で、シスターズ会の開催です。
嵐を呼ぶ女乙女様と、ミズチの私、とにかく雨が降りませんように~とお祈りを(笑)
皆でお湯を持ち寄って、ゆるりと午後のお茶会と相成りました~。

Dscf8936

今回は、拙いながら、私の台湾茶芸を披露致しました。
こちらの茶器たちは、台湾の鴬歌にて手に入れた白磁のコ達。
私のお気に入りです。
今回の台湾茶葉は「髙山烏龍茶」、緑茶に似た味わいの茶葉です。
この茶葉は、台北の「竹里館」の。
実は、「けんこう」様より、頂いた茶葉です。

みんなにそれぞれ好きな茶杯を選んで貰いまして、聞香杯にてまずは薫りを。
茶海にてお茶の濃さを均一にして、頂きます。


Dscf8940

もちろん、シスターズ、スィーツにも事欠きません!!
左上から順に、ゴディバのチョコ・「甘泉堂」の水ようかん・おかき色々、まめ様お手製の“豆”シュー、
水無月に、台湾からの愛文ドライマンゴー(ちなみにこれも、「けんこう」様より頂き物です)、鳳梨脆片(ドライパイナップル)、
烏龍茶で漬けた茶梅(「吉軒茶語」にて購入、「金香梅」です)と持ち寄りです。

Dscf8942


笑いも絶えず、本当に楽しいひととき。
maiky様、rina-oha様、まめ様、mi-tun様、はなっち様、tkei姐様。
素敵な会を、有難うございました!!幸せです~!!

Dscf8944


「髙山烏龍茶」の次は、水出しで持参の「東方美人茶」を。
こちらはまるで紅茶の様な色と味わいです。
このグラスは、maiky様の。

Dscf8941_2

今回、台湾茶芸を披露するにあたって、私の装いもちょっとチャイナっぽく。
ターコイズブルーが鮮やかな、チャイナチュニック。
とってもお気に入りです!!
「アジアンスタイル Jasmin」様にて。
HPで展開中のお洋服は、どれもとっても素敵な物ばかり。
毎度、全部欲しいよぅと悩んでしまいます。


参考


写真:2009年6月7日 京都御所、出水の小川にて

| | コメント (22) | トラックバック (1)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »