« 京都桜便り2009 その8 岡﨑疎水 | トップページ | 京都桜便り2009 その10 高野川 »

2009.04.08

京都桜便り2009 その9 哲学の道・北白川疎水

前回のアップでは、愚痴ってしまって申し訳ございませんでした。
毎年完売で中々機会がつかめず、待望の乗船でしたので、落胆が激しく・・・。
風を感じつつの船上花見はやはり素敵でございましたわ。

4月5日は前の日の雨も上がり、青空が澄み渡り、何とも気持ちの良い1日でした。
ソメイヨシノに雨は禁物ですが、花冷えが有り難いことに花の開花を遅らせ、
雨に堪え、京都市内はいっせい開花を迎えました。

夷川水力発電所へ向かう本流を見てから、分流の哲学の道へ。
満開の桜に彩られた、哲学の道から北白川疎水まで足を伸ばしました。

哲学の道は今年から一部、桜の根本を保護するため疎水縁の立入が禁止されるようになりました。
そのお陰で、もの凄い人出にもかかわらず、人が入らない写真を撮影することができました。


Dscf7776


Dscf7778


桜花を太糸に三椏・連翹・雪柳を細糸に、織りなす様は都の錦。

Dscf7831


疎水の流れに姿を写し、蒼空を下地に一反流すは桜友禅。

Dscf7834


Dscf7856


水に憩いて、花にうまる、風を誘いて、桜麗容を仰ぐ。


Dscf7843


碧空へにも白き一本道、桜雲より飛び立つ。


参考

写真:2009年4月5日 哲学の道~疎水分流北白川疎水まで。

|

« 京都桜便り2009 その8 岡﨑疎水 | トップページ | 京都桜便り2009 その10 高野川 »

コメント

おはようございます
速報の写真何か違和感があると思ったら人がいないのですね
例年この時期ならば人の何人かは写ってるはずですね。
水火天満宮、奥の枝垂れはそろそろかと思いますが
表はもう散ってますか、まだ頑張ってますか?
うちも町にもソメイヨシノはたくさんありますが枝垂れはほとんど
ありません。私の知る唯一の木も昨年枯れました。
そんな訳で枝垂れを追います。

投稿: kame | 2009.04.09 08:54

おはようございます、kame様

水火天満宮、奥の木が早手なのです。
そちらは、3月末時点で満開でした。
手前の紅枝垂れがまだ蕾の状態。
現時点では、未確認ですが、そろそろ見頃かと思います。
半木の道はまだ少し足踏みのようです。
枝垂れを追うのならば、kame様もうご存じかもしれませんが、「原谷苑」はご存じでしょうか。
少し市内よりは離れておりますが、枝垂れの数はかなりのものです。
HP http://www.haradanien.com/
がございますので、開花情報をご参考にご予定に組み込まれては如何でしょう。

投稿: いけこ | 2009.04.09 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/44596300

この記事へのトラックバック一覧です: 京都桜便り2009 その9 哲学の道・北白川疎水:

« 京都桜便り2009 その8 岡﨑疎水 | トップページ | 京都桜便り2009 その10 高野川 »