« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009.03.31

京都桜便り2009 その4 妙蓮寺

御会式桜をご存じでしょうか。
御会式とは日蓮大聖人の命日(10月13日)に行われる法要のことです。
この桜はこの時期から咲き始め、春になるとだんだんと花の勢いを増し、
お釈迦様の誕生日を祝う灌仏会(4月8日)に満開となる珍しい桜です。

近頃、この散った花びらが恋成就のお守りとなるということで有名だそうです。
ですが、恋は盲目、枝を手折って持ち帰る心ない人が続出。
昔から、「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」というように、桜は大変デリケートな木です。
心得違いはいけません。どうぞ必ず、散った花びらをお持ち帰り下さい。
花を手折るとは、恋の芽を摘むようなものですよ。

Dscf7589

Dscf7588

Dscf7590


柔らかな花びら満々と桜色支度、花祭りの名に相応しく。


参考

写真:2009年3月29日 妙蓮寺

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.29

京都桜便り2009 その3 水火天満宮・本法寺

この日は自転車でご近所を。
堀川では、桜待ちしつつ、早めの桜祭りが開かれていました。

Dscf7575


青空に手をかざし、桃色溢る。


Dscf7576_2


花惑う我らに、桜色の花鎖下ろして。


水火天満宮


Dscf7582_2


Dscf7583_2

塔の彩り、控えめながら春言挙げ。


本法寺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.28

京都桜便り2009 その2 京都御所糸桜、醍醐寺、霊宝館・三法院 憲深林苑

今年の霊宝館の桜は、随分と早く満開を迎えました。
ですが、暖かくなったかと思えば、すぐに冷え込み、花も吃驚したことと思います。


Dscf7465

Dscf7489

Dscf7480


Dscf7482


大木の貫禄、春の王たらん、密なる集まりの瑞々しい艶やかさ。

Dscf7512_2

Dscf7524


Dscf7534

薄紅、濃き紅、枝合わせ、和らぎ萌葱の苔と春謳歌。


醍醐寺

Dscf7539

水を恋い、我が身写して春うらら。


Dscf7544


春の袖翻し、雅春舞立ち。


Dscf7564


Dscf7370

早や春に花のかんばせ、薄紅ほんのり、うつむかせ。

京都御所

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.27

白木蓮大木・紫木蓮共演 京都御所

ここ数年、ずっと花数が少なく、心配していた御所の白木蓮。
今年は何とも素晴らしい花付きで、春の女王と威風堂々です。
白い花に雨と風は大敵、残念ながら傷だらけの女王様ですが、
それでも気品に満ちあふれ、春の寿ぎを。


Dscf7392


Dscf7393

Dscf7391

春よ言祝げ気品満つ、頤上げて、玉蘭大木潔し。


Dscf7395


Dscf7398


紫衣纏いて品ある出で立ち、白も紫も凛と立ち。


参考

写真:2009年3月26日 京都御所にて

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.26

京都桜便り2009 その1 近衛邸跡糸桜

Dscf7404


Dscf7420


薄曇り、雅花傘さし広げ。

Dscf7415


Dscf7411


いにしへの爛漫、桜の袖を垂れ掛けて。


Dscf7408


春寒に、花びら震わせ、手弱女ぶりの花簾。


参考

写真:京都御所、近衛邸跡にて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.19

お知らせ

3月20日から、連休の間、日本にいません。
その為三連休の桜速報、コメントバック等は行えませんので、ご了承下さい。
ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.18

京都桜便り2009 はじめに

花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。
雨にむかひて月を戀ひ、たれこめて春のゆくへ知らぬも、なほあはれに情ふかし。
咲きぬべきほどの梢、散りしをれたる庭などこそ見どころおほけれ。
       
                                               (徒然草 137段)

Dscf7165


Dscf7167


参考

写真:御所にて

| | コメント (2) | トラックバック (1)

無事です。

皆様、ご心配をおかけして、大変申し訳ございませんでした。
おかげさまで、元気になり、インフルエンザも陰性でした。
本当にありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.15

なんとなく…

インフルエンザの予感…。月曜日の結果が恐ろしいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.03.10

京都御所の梅林2009 

心配していた雨も、綺麗に晴れ上がり、素敵な梅見となりました。
桜とは違い、梅は雨に強いのですね。
ほっと一安心です。


Dscf7087

連日の雨に閉じ込められた人びとも、子ども連れ、ペット連れで、
皆さん楽しそうに御所へ梅見にいらっしゃいます。


Dscf7089

青空を背負い、咲きそろう淡紅梅、色も香も華やか。

Dscf7100

白梅煌めき、陽に透けるほど明らけく。

Dscf7097


梅に鶯ならぬ、梅に猫。


春の寿ぎを各々に。


参考

写真:2009年3月7日 京都御所梅林にて


| | コメント (18) | トラックバック (1)

2009.03.09

台湾雑記 高鐵(台湾新幹線) その3 新幹線車内

土曜日の深夜、御手洗いに入ったら、鍵もかけていないのに、閉じ込められました(泣)。
どうやら、鍵の老朽化で、金属疲労して折れた部品が鍵穴に落ち、勝手にロックがかかってしまい、
ドアが開かなくなってしまったのです。
家族が外から工具でノブを外しても、到底素人では手出しできず・・・。
深夜にプロの業者さんを呼ぶ羽目に。とほほ。
救出されるまで、1時間ほどかかりました。
御手洗いに閉じ込められ、なーんにもすることが無かったので、掃除に励みました。
お陰で御手洗いは、もの凄く綺麗です。

リアル雪隠詰めを経験しました(笑)。
ネタの神様、もう十分です。


Img_0063


さて、新幹線の車両内をご案内します。
車両は12両編成です。
全席禁煙、持ち込みの食べものには、甚だしく臭いのする食品(臭豆腐やドリアンなど笑)の
持ち込みは禁止されています。

Img_0075


車内の座席は、一列2シート、3シートの構成で、日本の新幹線と全く同じです。
もちろん、席は向かい合わせに出来ます。
座った感じですが、恐らく座席の空間は、日本より広いのではないかと思います。

Img_0074


このように各車両には、スーツケースを置ける荷物置き場があります。

この写真の左上にある、“開ボタン”は扉を開けるボタンです。
日本の新幹線の様に、自動で開きませんので、必ず、“開ボタン”をタッチしてドアを開けて下さい。
閉まるときは、自動です。

Img_0061

せっかく雪隠詰め体験したので(笑)、御手洗いの写真も。
日本の新幹線の御手洗いと全く同じです。
台湾の御手洗い事情は、詰まりの原因になるので、
使用済みのトイレットペーパーは流さず、横のゴミ箱へ捨てますが、
(水道管や紙の事情だそうです。ホテルよっては紙は流さない方が良い場合も。)
新幹線は大丈夫です。
日本のように、流して下さい。

Img_0135


これは、高雄の左営駅。
広くて大きな駅です。
2008年4月からは、こちらから、高雄のMRTに乗り換え可能です。

参考

写真:2007年4月頃、2008年1月頃 台湾新幹線車内、高雄 左営駅にて

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.05

台湾雑記 高鐵(台湾新幹線) その2 改札~乗車まで

切符を買ったら、次にすることは・・・。
やはりお弁当ですよね!

台湾の新幹線では、車内販売はありますが、
飲み物やお土産(新幹線グッズ)やお菓子くらいしか販売されていません。
※現在は、車内販売のお弁当の案内があるそうです!!
  座席前ポケットのご確認をお忘れ無く。
  Qing Zui様、情報有難うございました!!

また、改札内やホームでは、飲食物は売られていません。
必ず、改札をくぐる前に、ご用意下さい。

Img_0072

新幹線のパッケージ、高鐵便當(台湾でもベントウと発音しますよ~)、60元。


Img_0073

中身は排骨飯。ご飯の上に、煮卵と骨付き豚肉と湯葉を煮含めたもの。
相変わらず、見事に茶色オンリーです(笑)。

Img_0070

この案内↑に従って、改札を探して下さい。


Img_0071


列車案内表示が出てますので、こちらで乗車号数を確認し、乗り場を確認して下さい。
“月台”とは、何番ホームと言う意味です。
ちなみに、どれだけ早く行っても、ホームには降りられません。
改札が通れても、改札内の待ち合わせにて、待機します。
乗車20分くらい前に、係員の案内の元、ホームに降り立ちます(2007年当時)。

Img_0137

改札です。(これは高雄“左営”駅にて)
ここで、ちょっと注意しないといけないのが、切符の通し方。

Img_0127

普通↑が上で入れると思いますが、
“裏返し”て、磁気が入っているほうを上にして、差し入れる方向の矢印が印刷してありますので、
自動改札機に通して下さい。


Img_0122

オレンジ色も鮮やかな新幹線の車両が停車し、出発を待っています。

参考

写真:2007年4月頃、2008年1月頃 台湾 台北駅、高雄 左営駅にて

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.03.04

台湾雑記 高鐵(台湾新幹線) その1 切符の買い方

先週は久しぶり~に免許の更新へ。
待っている間暇なので、誕生日が近い幼なじみと一緒に更新。
(ナオヤ様、証明写真及び、運転手にしてホント、ごめんね~。有難うございました!!)
優良運転者なのですが、午前中から行って、結局午後2時頃までかかりました。
平日にもかかわらず、結構時間がかかるものです。


さて、“台湾大好き~”と日頃友人達に話しておりましたら、
春の連休やGWに台湾への旅行計画を立てている友人が多数(笑)。
一番の問い合わせに、台湾新幹線のことが多かったので、
台湾新幹線乗車指南をアップしたいと思います。
ですが、これは私が乗車した2007~2008年のこと。
現在は少々変わっているかもしれませんが、ご参考の一助に。

台湾高速鉄道(高鐵)は、2007年2月1日より正規運行開始しました。
700T系の車両には、指定席車とグリーン車があります(当時)。
切符はもちろん窓口でも買えます。
台北駅の窓口には、日本語が話せるスタッフもいますが、
ここでは、自分でも買える自動販売機にての切符の買い方を。
払い戻しや、乗車時間の変更などの場合は、必ず窓口にてお手続き下さい。


Img_0018

まずは、台北駅にて、このような切符の自動販売機を探して下さい。
ただし、当日券は確か地下1階の自動販売機での購入しか出来ません(2008年当時)。


Img_0011


購入画面はタッチパネルです。
まずは、画面に指を触れて下さい。


Img_0012

単程票:片道、去回票:往復。
どちらかを選んで下さい。

Img_0013

行き先の駅を選んで下さい。

Img_0014


乗車人数を選んで下さい。


Img_0015


乗車日程を選んで下さい。


Img_0016

画面の様に、発車時刻が表示されます。
時刻表に従って、時刻を選んで下さい。
(高鐵HP:http://www.thsrc.com.tw/jp/index.html)
既に満席で買えない場合は、画面は反転して、タッチ出来なくなっています。

ここでもう一枚、席の種類を選ぶ画像があったのですが・・・。
ごめんなさい、見つけられませんでした。
「標準」:普通席(指定席)、「商務」:グリーン車です。

Img_0017

最後に、全ての照会画面と金額の表示された画面がでます。
ここで、支払いをカードか現金か選ぶのですが、
カードは台湾発行のカードのみ可なので、現金で支払います。
気を付けないといけないのは、何故か、大きい金額の紙幣で払うと、
おつりが全部、硬貨で出てきます(笑)。
出来るだけ、くずしてから支払いした方がいいようです。


Img_0059

これが、切符です。


参考

写真:2007年4月頃、2008年1月頃 台湾 台北駅にて

高鐵HP:http://www.thsrc.com.tw/jp/index.html(日本語ページ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.01

吟の実とからすみ

吟の実とからすみ
英勲が出した、吟醸+林檎のリキュール。爽やかフルーティです。
台湾朋友が送ってくれた天然からすみと共に。
季節のかぶらスライスを添えて。
台湾と日本のコラボ!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »