« 4周年過ぎてました・・・。 | トップページ | 東寺(教王護国寺)弘法市 »

2009.02.19

當る丑年吉例顔見世興行 おまけ

南座は、元和年間(1615~1623年)京都四條河原町に公認された劇場です。
現存する桃山風の劇場建築は1929年に竣工、1991年に外観を残しつつ最新設備を備えた劇場として改装されたもので、登録有形文化財でもあります。


混雑を心配していた御手洗いも、それほど混雑もせず、

お土産コーナーも1階、2階と箇所あり、財布の紐がゆるむゆるむ(笑)。

Dscf6634_2

二階のお土産コーナー、奥には役者さんのブロマイドが。

Dscf6670


お土産いっぱい買ってしまいました(笑)。
□の隈取りのは、南座歌舞伎チョコです。限定品。
役者さんの名前入り豆法被に、奥の富士山の表紙は番付です。

Dscf6629_2


一階のロビーでは、花街の皆様や贔屓筋の皆様からの、各俳優さんへの竹馬が。
この「竹馬」は、京都南座独自の風習だそうです。
この名前の後の“丈”というのは、~氏という意味です。歌舞伎独特の敬称ですね。

Dscf6636_3

Dscf6652


南座には“まねき”が上がっています。
「勘亭流」と呼ばれる太く丸みを帯びた独特の書体で書かれたまねき看板は、
長さ180センチ、幅33センチの白木の大きな看板です。

Dscf6639


Dscf6641


着物で出掛けた、記念の顔見世。
吉右衛門様の屋号が「播磨屋」で定紋が「揚羽蝶」なので、こっそりファンアピール(照)。
彫銀平打ちの揚羽蝶根付けと、足袋にちょっと揚羽蝶を飛ばせました。

Dscf6647

参考

着物:ピンク色に白花枝柄、付下げ小紋(叔母より)
帯:総柄袋帯(母より)
黒絵羽織:(母より)

お店

かざりや 鐐(りょう):根付け

京都市中京区押小路通麩屋町西入
TEL:050-3765-7642

|

« 4周年過ぎてました・・・。 | トップページ | 東寺(教王護国寺)弘法市 »

コメント

こういうところのお土産は好きですね~!
観光土産ってどうも昔から買う気がしないんで、写真と記憶しか残っていません。
でも、限定場所でしか手に入らない物はたくさんあります。~地域限定とかにはよわいんですね~・・・笑
代々伝わる着物もいいですね。うちは男子(だんご・・笑)三兄弟なので、嫁連中が形見分けするのかな~?・・・

投稿: きさとぱぱ | 2009.02.19 16:21

おはようございます、きさとぱぱ様

確かに(笑)!!
私も限定品に弱いんです~。
それに、南座へ入ることも観劇の機会がないと無いので、ついつい財布の紐がゆるんじゃって・・・。わはは。

家は女ばっかりにもかかわらず、誰も着物を着ないので、もったいないなぁ~という大阪人根性から(笑)、始めた着物生活でした。
今では、帯(祖母)+着物(母)+本体(孫)という、女三代仕様です~。

投稿: いけこ | 2009.02.20 10:25

こっそり根付や足袋でファンアピールしているいけこさん粋やわぁ♪(^◇^)

ステキな後姿にため息でますえ(*^_^*)

投稿: Milk | 2009.02.21 10:47

こんばんは、Milk様

きゃー!!有難うございますぅ!!
あんまりはっきり見えて、あざといのも恥ずかしいなぁと思いまして。
初めてですし・・・(照)。
でもでもっ!こういうこと考えるのもお芝居の醍醐味なんですよね~。

投稿: いけこ | 2009.02.21 22:34

こんにちは、お久しぶりです
遅くなりましたが4周年おめでとうございます
お邪魔して二年目の春が来ました。
これからもよろしくお願いいたします
すっかり春らしくなりましたね
数日前瀬戸内海の小島にある小さな芝居小屋の調査?(見学)に
江戸時代の頃、藩領地では制限されていましたが島では数多く
あったらしく昭和三十年代まで年二回程上演されてたそうです
娯楽の少ない島民の最大の楽しみだったそうです
今回のは昭和の初めに改築されたものですが次回は江戸時代の
かなり大きな廻り舞台のある小屋らしいので楽しみです
京都の花見は早目は無理で10日頃になります
また情報よろしく

投稿: kame | 2009.03.15 08:30

おはようございます、kame様

お祝い有難うございます。
お陰様で、ゆっくり更新ですが、ここまで続けてこられました。
kame様とは九重桜が結んで下さったご縁、桜が咲く度に思い出されます。

今年の御上洛は、4月中旬ですね。
遅手か里桜、京都も北部あたりでしょうか。
おたふく桜もございますね。
今年も桜速報始めました。
しばらくトップに据えておきますので、どうぞkame様の桜巡りのご参考に。

投稿: いけこ | 2009.03.19 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/43893524

この記事へのトラックバック一覧です: 當る丑年吉例顔見世興行 おまけ:

« 4周年過ぎてました・・・。 | トップページ | 東寺(教王護国寺)弘法市 »