« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008.11.30

京都紅葉便り2008 仮り上げ その4

Dscf6400


Dscf6417


Dscf6430


Dscf6433


京都府立植物園

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.11.29

京都紅葉便り2008 仮り上げ3 

Dscf6311


Dscf6313


Dscf6325


Dscf6327


北野天満宮 御土居跡

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.28

台湾雑記 瑞豊夜市(高雄)

京都徒然は流石にまだまだ紅葉特集ですが、ココでちょっと一休み。

私の台湾のお姉様、「つれづれなるままに台湾暮らし」のけんこう様ご一家が、何と台湾南部の高雄へお引っ越し。
高雄は私の台湾朋友達の実家、ちょいと私の方が、詳しいかもしれません~(笑)。ふふふ。

高雄でご飯を食べるときは、誰か朋友のお家でお母さんやおばあちゃんが作ってくれるか、
外帯(お持ち帰り)がほとんど。

台湾は夜市が有名ですが、高雄でも有名なのが、「六合夜市」。
ですが、最近は観光夜市化してて、ちょっと高い。
なので、朋友達は最近の人気、「瑞豊夜市」へ連れて行ってくれました。
場所は左営区の裕誠路と南屏路の交差点沿い。
最近出来たばかりのMRT紅線「巨蛋」駅から徒歩6分くらいだそうです。
新幹線「左営」駅からも近いです。
(私が行った当時はMRTの開通がまだで、バイクで行きました。)

士林や六合夜市のように、通り沿いに有るのではなく、駐車場?の様な空き地に、
お店がひしめき合っているという形状です。
しかし、もの凄い人でした。
食品の屋台、衣料品、雑貨、靴や、ゲーム関係。
向かいの道にも、お店が沢山あり、明るく楽しい雰囲気です。

Img_0068


夜市の入口。

Img_0070

お馴染み食品屋台、写真右側には火鍋のお店や、椅子テーブル席があります。
御手洗いもそちら側。


Img_0069

パンも屋台売り。


反対側は、ゲーム関係や、洋服・雑貨・靴などがかなり安く売られています。


Img_0071

輪投げゲームも巨大です。


Img_0072


懐かしのストラックアウト。

Img_0065_2

帰りに、ちらりと蓮池潭へ。ライトアップの龍虎塔。


参考

「瑞豊夜市」:裕誠路と南屏路の交差点沿い
        毎週 火、木、土、日 の週四日営業?
        MRT紅線「巨蛋」駅から徒歩6分くらい
        新幹線「左営」駅からバイクで8分くらい。
        スリがいるので、鞄を大事に持つようにと注意を受けました。

写真:2008年1月12日か、13日だったかと・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.11.27

京都紅葉便り2008 閑話休題

紅葉は樹にある時も、美しいのですが、散りの様も愛しいのです。
今年は特に、水と紅葉の取り合わせに心が惹かれました。


Dscf6019

Dscf6063


水親しみて、朽ち葉の眠り、閑寂。

Dscf6066

紅葉狩りには、紅葉を踏みしだく足にも、アクセントをと。

Dscf5809

まだ、青紅葉を少し恨めし。

参考

写真:2008年11月23日 上から、愛宕念仏寺・祇王寺

着物:羽織・ポイント足袋、共に撫松庵、自身購入。
    草履、伊と忠(履きやすいです!!履きすぎて、さきつぼ切れそうでした)
                 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008.11.26

京都紅葉便り2008 その11 嵯峨鳥居元・愛宕念仏寺

Dscf6039

Dscf5993


Dscf5995


鳥居と同じ朱に染まるよう、思い染め。


Dscf6009


Dscf6014


紅葉手合わせ祈るは、千々の願い。


Dscf5998


静寂に染まる、山寺の秋。


参考

写真:2008年11月22日 鳥居元・愛宕念仏寺にて

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.11.25

京都紅葉便り2008 その10 厭離庵・化野念仏寺

Dscf5945

落ちてぞなお、目を楽します奥ゆかしさ。


Dscf5947


厭うこと無きお庭、紅葉燦々。


Dscf5967

境内を覆う紅葉、仏の慰み。


Dscf5987


ひとときの彩り極み、化野の露と消ゆとも。

参考

写真:2008年11月22日 厭離庵・化野念仏寺にて

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.11.23

京都紅葉便り2008 仮上げ その2

Dscf6137

泉涌寺

Dscf6184


北野天満宮 御土居跡

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.11.22

京都紅葉便り2008 仮り上げ 

Dscf5939


厭離庵

Dscf5963


化野念仏寺

Dscf5989


鳥居元

Dscf6027


愛宕念仏寺

Dscf6059

祇王寺


Dscf6091


曼殊院

Dscf6106


圓光寺

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.11.21

京都紅葉便り2008 その9 鷹峯しょうざん

Dscf5676_2


北山杉に、秋色織り上げ、着せ掛けたるは紅葉友禅。

Dscf5668


はらり、ひとひら、萌葱色に紅葉刺繍。


Dscf5677


黄昏の光明、紅葉煌めき。


参考

写真:2008年11月15日 鷹峯しょうざんにて

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008.11.19

京都紅葉便り2008 その8 天授庵ライトアップ

ライトアップの醍醐味は、昼間とは違う顔を見せてくれることです。

Dscf5883


Dscf5889


Dscf5893_2

Dscf5904


Dscf5913


寒さ更なり、艶麗なる紅葉。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.18

京都紅葉便り2008 その7 鷹峯光悦寺 その2

Dscf5585


秋晴れの高き空、紅き招き手、一斉に挙げ。


Dscf5587


ふかり、苔の褥、寂々たる眠り。


Dscf5601


光悦垣、紅葉の小袖、揃いぶみ。


参考

写真:2008年11月15日 鷹峯光悦寺にて

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.11.17

京都紅葉便り2008 その6 南禅寺塔頭 天授庵

早朝訪れた紅葉も、青空と相まって素敵でしたが、どうしても、夕日に照り映う紅葉も見たく、
二日連続で、時間を違えて拝観致しました。

さて、桜もそうですが、紅葉も気候によって、たった1日で紅葉が進む場合があります。
今回は丁度、翌日の午前中まで雨でしたので、散りの紅葉も瑞々しく、楽しむことが出来ました。

Dscf5526

迎え花の如く、紅葉煌めく。

Dscf5536

Dscf5553


流るる緩流白波、押し寄せる紅の立浪。


Dscf5542


水面覆う、紅葉の錦、すり流し。

Dscf5850


黄昏照り映い、熾るがごとく、紅葉最盛。


Dscf5855


秋雨恵み、いよよ色勝り。


Dscf5862


己を似せた、紅葉岸より泳ぎ出す。


Dscf5866


水底に落葉の眠り、静謐。

参考

写真:2008年11月15日(早朝) 上から4つまで 南禅寺塔頭 天授庵
    2008年11月16日(夕方) 残りすべて 南禅寺塔頭 天授庵   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.11.16

京都紅葉便り2008 その5 泉涌寺

こちらへは、毎年参拝させてもらっているのですが、
今年の紅葉は本当に最高です。
雪見灯籠脇の紅葉の発色が良く、また、その脇の紅葉も緑~黄~橙のグラデーションでとても素敵。
まさに、見頃旬、時間を忘れて見入ってしまいました。
丹精されたお庭と菊花展も開催され、境内は秋の彩り真っ盛りです。


Dscf5789


紅のみ一色身に纏い、雪見灯籠守人のごと。
なれど、天皇様のお庭、立ち居姿のたおやかさ。


Dscf5776


紅の唐衣に緑、黄、橙の衣襲仕立て、秋雨の靄を裳裾に纏い。


Dscf5780

感銘の綾錦、閑雅。

Dscf5779


天皇様の独り占め、雅紅葉見。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.11.15

京都紅葉便り2008 その4 高雄神護寺ライトアップ

高雄の神護寺のライトアップがあると聞き、行ってきました。
神護寺の山内には入れませんが、山門までの参道の階段を灯りがずっと彩っています。
流石に、京都市内から車で30分くらいと交通便、また、山門までの階段などの問題もあり、
人出もまばらです。

Dscf5712

Dscf5717


Dscf5718


Dscf5750

Dscf5728


Dscf5740


灯に導かれ、ひたすらに階段を上り、出会うは光留む紅葉。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.11.11

京都紅葉便り2008 その3 大徳寺高桐院

ぐっと冷え込みましたね。
紅葉も進み、この週末よりは紅葉巡りとなりそうです。
11月15日(土)より、トップに紅葉速報をアップしていく予定です。
皆様のご参考の一助になれば、幸いです。

Dscf5495

樹先より一雨ごと、しとりしとりと朱を染めつつ。


Dscf5508

開け放つ庭の襖絵、秋の気配刻々と。


Dscf5511

秋空高し、大紅もみじ傘の中。


参考

写真:2008年11月5日 大徳寺高桐院にて

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.11.10

京都紅葉便り2008 その2 光悦寺

Dscf5472

光よ降れ、もみじ葉照らせ、足らずの紅を心待ち。


Dscf5476


紅き紅葉、シノブの借宿、色勝り。


Dscf5477


紅葉の京友禅袖掛け、光悦垣。


Dscf5481

垣根までも染めるか、今、庭一番の樹。


参考

写真:2008年11月5日 鷹峯光悦寺にて

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.11.07

京都紅葉便り2008 その1 大徳寺高桐院

Dscf5508

冬木成 春去来者 不喧有之 鳥毛来鳴奴 不開有之 花毛佐家礼杼 
山乎茂 入而毛不取 草深 執手母不見 
秋山乃 木葉乎見而者 黄葉乎婆 取而曾思努布 
青乎者 置而曾歎久 曾許之恨之 
秋山吾者

冬ごもり 春さり来れば 鳴かざりし 鳥も来鳴きぬ 咲かざりし 花も咲けれど
山をしみ 入りても取らず 草深み 取りても見ず
秋山の 木の葉を見ては 黄葉をば 取りてぞしのぶ 
青きをば 置きてぞ嘆く そこし恨めし 
秋山ぞ吾は

『万葉集』 巻第1 第16歌 額田王

錦秋の京都の始まりです。
錦の彩、秋の雅。


参考

写真:2008年11月5日 大徳寺高桐院にて

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »