« 祇園祭2008 祇園囃子 | トップページ | 祇園祭2008 宵々々山 新町通り »

2008.07.22

立本寺 蓮

台風の声も何処へやら、京都は油照りの暑い夏です。
余りの暑さに遠出する気力も無く、ご近所へ目の涼を求めつつ、立本寺へ。
こちらのお寺さんは、本堂前に蓮鉢を置いて下さり、この時期の境内を彩っております。
しかし、もの凄い日差し、コンデジでは写真を撮っても、色が飛んでしまいます。

Dscf4449


燦々と降り注ぐ太陽を受けて、大輪の掌広げ。


Dscf4465


Dscf4476


太陽の勢いに負けじと、本堂への花々灯明。

Dscf4478

「夜目遠目傘の内」、45°、まだまだ修行が足りません~。

参考

写真:2008年7月13日 立本寺にて

|

« 祇園祭2008 祇園囃子 | トップページ | 祇園祭2008 宵々々山 新町通り »

コメント

こんにちは、こちらは雨も暫く降らず34~5度の毎日でしたが
連休の京都は一段と凄かったですね
今回の売りは、ウエストサイドと季節感溢れる京料理でした
夕刻宿の近くでしたので久しぶりに三十三間堂によりました
ここは以前から好きな場所です。行く度にいいなーと思います
夕食後は折角の祇園さん八坂神社とお旅所の神輿を参拝しました
21日はいけこさんのお薦めにしたがって河井記念館、作品は見る機会も
多いのでその延長ぐらいに思ってましたが・・
本当に楽しめました、登り窯も残ってるなんてお薦めいただき感謝です
また神光院京都らしくないと言えばごへいがあるが田舎の寺の行事
住職一族がお世話をし近隣の方がお参りにと言った微笑ましい
素朴な感じでこれまた楽しかった。きゅうりで体中を撫でました
欲張りすぎてご利益無いかも、十人程度が十五分毎に祈祷されてました
逆にこんな日常が京都そのものかなとも思います
ぼちぼち涼しくここまではよかったがこの時期弘法市は無謀だった
うだるような三時過ぎ市を見るどころではなく早々に講堂に逃げ込み
仏像にご対面です。しかし国宝の多いことすごさを感じます。
それなりに楽しめた盛夏の京都でした。

投稿: kame | 2008.07.22 13:30

今日も36度くらいなんでしょう?
こちらも少し銀行へ行くだけで息苦しいくらい暑いですA^^;
立本寺さんの蓮は見に行こうと思いながらまだ、かなわないままになってます。

この暑さじゃもう来年まわしかなぁ。。ヾ(^^;)

投稿: Milk | 2008.07.22 13:32

蓮の花びらの色で、ほっと暑さから一息です。

暑いさなかに出掛けた中華街にて、錦針菜をみつけました!
(ゆりの花;漢字違っていたらごめんなさい)
花びらを蒸して干したものとそのまま干したものが
あるそうです。
後者の方が、お値段3倍ほどですが、
乾物でもオレンジ色が残るのでこちらにしました。

投稿: きくみ | 2008.07.22 14:27

こんにちは、kame様

やはり、この週末のお天気は殺人的でしたもの。
弘法さんはさぞやお暑かったことと思います。
照り返しも凄いですものね~、立っているだけでぐったりですわ。
東寺の立体曼荼羅、宇宙を感じてしまいます。

三十三間堂は、私も好きなお寺さんです。
しかし、大学時代はいつでも行けると思い、結局一度も拝観せず卒業(笑)。
去年やっと拝観致しました。
河井記念館は、学生時代、間に休講があったときなどよく出掛けました。
登り窯は圧巻でしょう!!
きっとkame様もお好きと勝手に思っておりましたの。
オススメして良かったです。

きゅうり封じは、地元密着のお祭り、こういう風にずっと続いているといいなと思う和やかな行事だと思います。
京都へ来て下さったのですもの、大丈夫です、きっとしっかり御利益を下さいますよ~。

投稿: いけこ | 2008.07.22 18:21

こんにちは、Milk様

毎日うだるような暑さですね~。
立本寺、私が拝観したときは、随分花托が残っており、蕾はピーク過ぎの様子でした。
今週は難しいかもしれません。
本日の京都新聞に、府立植物園の蓮が載っておりました。
珍しいセンノウと併せて、こちらは如何ですか?

投稿: いけこ | 2008.07.22 18:23

こんにちは、きくみ様

おおお!!金針菜有りましたか~。
台湾では花蓮が生産地なのですよ。
現地では、干したものだけでなく、旬で生のもあるんですよ~。
もっとシャキシャキらしいです。
色も蕾の緑色。
いつか食べてみたいのです~。

投稿: いけこ | 2008.07.22 18:25

いけこ様、こんばんは!

立本寺はサクラもキレイとのことですが、
ハスもたくさんあるんですね。知らなかった。

花弁の脈がはっきりと。
それくらい日差しが強いんですね。

夏の着物は透け感が目に涼しげでいいですね^^。
(絽とか紗とか、よく分からないんですけど…)
それは和傘? 着物にはピッタリですね。
バッチリきまってますよ〜♪

投稿: @くみ | 2008.07.22 21:44

こんばんは。
夏の花ですねぇ・・・蓮の大輪!
昨年、三室戸寺の蓮を観に行きました。
お寺の本堂の前に、またよく似合う似合う!
暑い夏からの贈り物ですね。
それと、くみさんもおっしゃっておられるように、いけこさんの着物姿はさすがですねえ。
なんか、毎日着物姿で過ごされてるような
雰囲気をかもしだされてますよ~。

投稿: 一休 | 2008.07.23 01:05

おはようございます
蓮は以前三室戸寺、法金剛院、天龍寺等廻ってましたが
頭にいつのまにか、蓮=暑い~のイメージが・・
今回は河井寛次郎さんときゅうり封じは大ヒットです
素焼きの窯で喜んだぐらいですので登り窯には感動さえ覚えました
ただ朝一にお伺いしたのですがこのうだる様な暑さ又いい季節に
ゆっくりと・・楽しみが出来ました。
ただ折角涼みがてらということで博物館の隣に宿をとりながら
展示物のこともあり残念ながらパスをしてしまいました。
二日で鮎を何匹頂いたのでしょう。夢に出そう

投稿: kame | 2008.07.23 10:32

いけこさんこんにちは。ほんと、うだるようなな暑さが続きます。
蓮で思いつくのは「乞食鶏」(また食べ物・・笑)調味した鶏を蓮の葉に包み、土で覆って焼き上げる料理。おいしいよ~!
team45°の練習?絽の着物の裾から石畳が透けているのが夏らしいですね。
また後姿だけ・・・

投稿: きさとぱぱ | 2008.07.23 11:03

こんにちは、@くみ様

お仕事お忙しいご様子ですが、如何ですか?
どうぞご無理なさらないで下さいませね。

実は桜の頃はまだ一度も行ったことが無いのですが、この暑い中、かなりの大きな木が樹影を広げ、日差しを遮ってくれておりました。

着物は夏大島の単衣なのです。
一時ものの絽や紗にも心ひかれるのですが、何せ着る期間が少ないですので・・・。
単衣で着回しです~。
和傘は宝鏡寺の前に有る和傘屋さんで手に入れました。
和傘の日傘も良い物でしょう?

投稿: いけこ | 2008.07.23 15:00

こんにちは、一休様

この暑い時期に咲いてくれる原始の花が、目に涼を運んでくれますよね。
やはり仏様のお花、お寺さんに似合いのお花ですよね~。

暑い時にいかに涼しく見せるかが、着物には重要なのだなぁと本当に感じます。
普段はジーンズにTシャツでばたばた本を運んでおりますのですが(笑)。
一休様にお褒め頂けるならば、暑い中、着た甲斐があります!!

投稿: いけこ | 2008.07.23 15:08

こんにちは、kame様

確かに、蓮=暑い!!ですね~。
早朝ならば、少しは違ってくるかとは思うのですが・・・。
蓮も京都だけでなく、滋賀の烏丸半島や水生植物園なども有名ですよ。
次回は滋賀まで足を伸ばされては?

河井寛次郎記念館は秋にいらっしゃると良いかと思います。
中庭で突き抜けるほどの高い秋空を眺めるのも素敵です。

鮎を沢山召し上がられたのですね~。
季節の鱧おとしなどもご賞味されたのでは?

投稿: いけこ | 2008.07.23 15:17

こんにちは、きさとぱぱ様

「乞食鶏」?
食べたことがないです~。
名前を見ると中国料理?でしょうか。
お魚の蓮蒸しはタイで食べたことがあるのですが。
蓮は蓮の実も美味しいですよね~。
あ、ついつい食い気に(笑)。

夏着物の透け感は少しでもの涼、チーム45°はまだまだ精進せねば!!
面は出せません(笑)!!お目汚しですぅ。
今度お会いする機会がございましたら、その時に・・・。

投稿: いけこ | 2008.07.23 15:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/41829440

この記事へのトラックバック一覧です: 立本寺 蓮:

« 祇園祭2008 祇園囃子 | トップページ | 祇園祭2008 宵々々山 新町通り »